フランス語講座

フランス語の「予約」の使い分け

近年ではインターネットで予約が取れることもありますが、電話や受付で予約を取る必要があることも多いですよね。

今回は、フランス語での予約表現の使い分けについてを見てみましょう。

今週の予定は?

日本から美味しいお菓子を送ってもらった花子さん、いつもお世話になっているマリーさんにおすそ分けをしようと電話をかけました。

会話

Hanako : Dis, est-ce que l’on peut se voir prochainement ?

ねえ、近々会えるかしら?

On m’a envoyé une boîte de gâteaux japonais que tu as appréciés.

あなたの好きな日本のお菓子を送って来たの。

Je peux t’en donner quelques-uns.

いくつかあげるわよ。

Marie : C’est gentil, merci beaucoup !

まあ、ありがとう!

Hanako : Moi, je peux, soit mardi, soit mercredi.

 私は火曜日か水曜日が大丈夫よ。

Marie : Désolée, je ne peux pas les deux.

ごめんなさい、どちらも無理だわ。

Pour mardi, j’ai un rendez-vous avec le médecin, et mercredi,  j’ai réservé une séance de massage.

火曜日は医者の予約があって、水曜日はマッサージの予約をしたのよ。

Hanako : Zut, ce gâteau ne se garde pas longtemps.

あらまあ、このお菓子は長持ちしないのよ。

Il sera périmé ce dimanche…

日曜日には賞味期限が切れちゃうの…

Marie : Sinon demain, tu es chez toi ? Je peux passer vers dix-neuf heures.

じゃあ、明日は家にいる?19時頃なら寄れるのだけど。

Hanako : Oui, sans problème. Dans ce cas, tu restes au dîner aussi ?

ええ、問題ないわ。それなら、夕ご飯も食べていったら?

Marie : J’aimerais bien, mais j’ai déjà réservé une table au restaurant pour l’anniversaire de mon mari.

そうしたいけど、夫の誕生日のためにレストランを予約しているのよ。

ポイント

On m’a envoyé

この「On」は不特定の人を示す不定代名詞ですね。文中の花子さんの台詞「On m’a envoyé une boîte de gâteaux」では「誰か・ある人が」という意味です。

ここでは 日本のお菓子があることが重要で、送り主が誰であるかは重要ではありません。そのため「On」を使っているわけです。

花子さんはもう1つ「on」を使い「on peut se voir」を言っていますが、こちらは1人称複数の「nous 私たち」の意味です。

話し言葉では「nous」よりも「on」の方が頻繁に登場するので、主語が誰であるかの判断に気を付けてください。

rendez-vousとréserverの違い

日本語の「予約」に該当するフランス語はいくつかありますが、よく使うのが「rendez-vous」と「réserver」です。

rendez-vous

rendez-vous」は「ランデブー」と、日本でもおなじみの単語で「デート」を意味する単語として知られていますね。 

ところが文中でマリーさんは「j’ai un rendez-vous avec le médecin」と言っています。「médecin 医者」とデートをするのでしょうか?

フランス語の「rendez-vous」は「会合・会う約束」の意味で、日本で認識されているような「デート」だけを意味するわけではありません。

人と会う約束であれば、友人も恋人も、はたまた医者・弁護士とだって「rendez-vous」を使います。

つまりマリーさんの火曜日の予定の「j’ai un rendez-vous avec le médecin」は「医者と会う約束をしている=医者の予約がある」という意味になるわけですね。

réserver

réserver 予約する」は、レストランのテーブルや飛行機の席など「場所」に関する予約、もしくは「物」の予約など「人と会う約束以外」に関する予約に使います。

ではマリーさんの木曜日の予定「j’ai réservé une séance de massage」はどうでしょうか?

この場合の予約の対象は「une séance de massage 1回のマッサージ」ですね。

マッサージ師さんは居ますが、予約したのは「une séance」であり、マッサージ師さん自体ではありません。そのため「réserver」を使って表現します。

【注意ポイント】

同じ事を「rendez-vous」を使って表現する場合は「j’ai un rendez-vous avec le masseur マッサージ師の予約がある」と予約の対象が「masseur マッサージ師」へと変わるので要注意です。

もう1つ間違いやすいのが「j’ai un rendez-vous chez le masseur マッサージ屋に予約がある」など「chez」を使う場合です。

chez le masseur マッサージ屋」は人でなく場所だから「rendez-vous」を使うのでは?と疑問に思いませんか?

この場合は「rendez-vous」の後ろの「avec le masseur」が省略された形です。そのため「réserver」でなく「rendez-vous」を使っているわけなんですね。

予約の取り方

rendez-vous

医者や銀行など、日本では必要なくてもフランスでは予約必須なケースが多々あります。日常生活に必須な1文ですから、しっかり覚えておきましょう。

Je voudrais prendre un rendez-vous avec ~, s’il vous plaît.

~との予約を取りたいのですが

「~」には人の名前やその人の役職名などを入れて予約しましょう。美容院の初めての予約などで、誰と予約を取ったら良いか分からないなら「avec ~」は省略OKです。

réserver

美味しいレストランに行きたい!旅行に行きたい!そんな場合に役立つ予約の表現です。

Je voudrais réserver ~,s’il vous plaît.

~を予約したいのですが

「~」には、レストランの場合なら「une table pour deux personnes 2人用のテーブル」、

ホテルなら「une chambre avec un lit double/ un lit simple ダブル/シングルの部屋」など予約したい物を入れてくださいね。

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP