独学で、フランス語を学ぶ人へ、役立つフランス語を提供するニュースサイト

友達の出産見舞いに行く

フランスは20世紀の間に、ヨーロッパ、アフリカ、アジアからの移民を多く受け入れてきましたから、様々な人種が存在します。

その中で、出身が違う国の人達が結婚し、子供が生まれる事は珍しいことではありません。このレッスンでは、ある日仏カップルが子供を産む、そういったシチュエーションを少し覗いてみましょう。

会話

Claireは、日本人男性である健二と結婚したCaroleの出産見舞いに来ました。

Claire : Félicitations !

Carole : Merci Claire!

Claire : Ça va? Ça s’est bien passé?

Carole : Oui. L’accouchement s’est très bien passé. Regarde mon bébé !

Claire : Ouah ! Il est grand ! Il ressemble à Kenji. Il fait plus asiatique que européen, non ?

Carole : Oui, il a les mêmes yeux que Kenji. Il ressemble plus à Kenji en fait.

Claire : Pour le moment, oui. Mais ça peut changer. Moi, quand j’étais petite, j’avais des cheveux bruns comme ceux de mon père, mais maintenant ils sont blonds comme ceux de ma mère.

Carole : Ah oui? C’est marrant ça !

Claire : Donc on ne sait jamais! Peut-être qu’à 20 ans il te ressemblera…

Carole : Qui sait…

Claire : Alors, comment s’appelle ce beau bébé ?

Carole : Il s’appelle Cosmo.

Claire : Cosmo! C’est beau et très original!

Carole : Oui, c’est Kenji qui a choisit ce prénom. Ça me plaît beaucoup aussi!

Claire : Tiens, un cadeau pour Cosmo !

Carole : Ouah, merci pour ce joli bonnet. Ça lui va bien !

96131和訳

クレール : おめでとう!

キャロル : ありがとう、クレール!

クレール : 元気?大丈夫だった?

キャロル : ええ、出産はうまくいったわ。見て、私の赤ちゃん!

クレール : まあ、大きいわね!健二に似てるわね。ヨーロッパ系というようりもアジア系の顔じゃない?

キャロル : そうね、健二と同じ目をしてるわ。実際、私より健二に似てるわ。

クレール : 今のところわね。でも、変わるわよ。私だって、小さい時は父のように茶色の髪だったけど、今は母のように金色だし。

キャロル : あら、そう?それはおもしろいわね!

クレール : だから、どうなるか分からないわ!彼が20歳になる頃にはあなたに似てるかもよ…。

キャロル : そうかもね…。

クレール : ところで、赤ちゃんの名前は?

キャロル : コスモっていうの。

クレール : コスモ!いいわね!個性的な名前だし!

キャロル : そうなの、 健二がつけたの。私もすごく気に入ってるわ!

クレール : はい、コスモへのプレゼント!

キャロル : まあ、ありがとう!素敵なニット帽ね!彼によく似合うわ!

今週のポイント

48Félicitations ! : おめでとう!

félicitationsは「賛辞」という意味を含んでいますが、日常会話ではFélicitaions!「おめでとう!」と間投詞で使います。

Marine : Mon fils a réussi le concours d’entrée!

Yvonne : Ah oui? Félicitations!

Marine : Merci!

Marine : 息子が入学試験に受かったの!

Yvonne : あら、そう?おめでとう!

Marine : ありがとう!

04Ça se passe bien : うまくいく

se passerは「起こる」、「行われる」という意味を含んでいますが、日常会話ではça se passe bien「うまくいく」といった形でよく使います。

Romain : Ça s’est bien passé ton entretien?

Loïc : Oui, j’étais un peu tendu, mais je pense que ça s’est bien passé. Je vais recevoir la réponse dans une semaine.

Romain : D’accord. J’espère que tu seras choisi!

Loïc : Oui, merci!

Romain : 面接はうまくいった?

Loïc : ああ、少し緊張したけど、うまくいったと思うよ。一週間後に返事をもらうんだ。

Romain : そう。採用される事を祈ってるよ!

Loïc : そうだね、ありがとう!

shutterstock_146887127Faire (adjectif) : (形容詞)のように見える

faireは「する」という意味ですが、他の単語と組み合わせて、様々な意味で使われます。ここで紹介するfaire (adjectif)は、「(形容詞)のように見える」となります。

(En regardant la TV)

Adrien : Dis, tu sais quel âge il a, ce présentateur?

Delphine : Je pense qu’il a 52 ans.

Adrien : 52 ans! Il fait très jeune pour son âge!

Delphine : Oui, c’est vrai!

(テレビを観ながら)

Adrien : ねえ、この司会者、いくつかわかる?

Delphine : 52歳だと思うわ。

Adrien : 52歳!年の割にすごく若く見えるよ!

Delphine : そうね、本当ね!

shutterstock_192735575Marrant : おもしろい、おかしい

「おもしろい」を表す形容詞としてintéressantがあり、「おかしい」を表す形容詞としてdrôleがあり、どちらもよく使いますが、日常会話ではmarrant「おもしろい」、「おかしい」も使います。

René : Comment est ton nouveau professeur?

Thérèse : Il n’est pas marrant du tout!

René : 新しい先生はどう?

Thérèse : ちっともおもしろくないわ!

548On ne sait jamais : どうなるかわからない

savoirは、「知っている」という意味ですから、on ne sait jamaisを文字通りに訳すと、「一度も知ることがない」となり、転じて「どうなるかわからない」となります。

また、「万一のこともある」といったニュアンスも含んでいます。

Serge : On n’a pas besoin de fermer la clé, non? On revient dans 10 minutes.

Fabienne : Si, on ne sait jamais!

Serge : 鍵かける必要ないよね?10分で戻ってくるんだし。

Fabienne : いいえ、鍵かけて。万一のこともあるから!

shutterstock_130332260(quelque chose) aller bien à (quelqu’un) : (何か)が(誰か)に似合う

allerは本来「行く」という意味ですが、似合う物を主語に置いて(quelque chose) aller bien à (quelqu’un)「(何か)が(誰か)に似合う」と形でも使います。

bienは必ずしも伴う必要はありませんが、肯定形では伴う場合が多く、否定形では伴わない場合もしばしば見られます。

Josiane : Cette robe te va très bien!

Séverine : Merci! Ma mère me l’a offerte pour mon&color(,palegreen);anniversaire!

Josiane : そのワンピース、あなたにとてもよく似合うわ!

Séverine : ありがとう!母が誕生日にプレゼントしてくれたの!

このように、何十年もの間、様々な国からの人達を受け入れてきたフランスでは、ハーフの子供が生まれることは珍しいことではありません。

特に近年では日仏カップルも非常に多く見られます。国際色豊かなフランスの一面ですね。

関連記事