独学で、フランス語を学ぶ人へ、役立つフランス語を提供するニュースサイト

アルルの名所

フランスを旅行中のやよいさんとひろ子さん。2人ともフランス語は初心者です。

南仏プロバンス地方の街アヴィニョンで、風に飛ばされた帽子を拾ってくれた、アルル在住の男性と立ち話の続きです。

アルルの名所

会話

男性Il y a beaucoup de patrimoines mondiales à Arles.

アルルには、世界遺産がたくさんありますよ。

ひろ子Par exemple ?

例えば?

男性 L’Amphithéâtre, Cathédrale Saint-Trophime, le Cryptoportique, et cetera, et cetera.

円形闘技場とか、サン・トロフィーム教会、地下回廊、などなど。

ひろ子L’amphithéâtre? Le Crypto…. ?

アンフィテアトル?クリプト...?

(やよいさんに)Tu comprends, Yayoi ?

わかる、やよいさん?

男性C’est un peu difficile à expliquer. Venez les voir à Arles !

説明するのはちょっと難しいですね。アルルへ見にいらっしゃい!

やよいComment peut-on y aller ?

ここからだと、どうやって行くのですか?

男性Vous venez avec moi ?

一緒に来ますか?

Vocabulaires

(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

exemple (f) 例

par exemple 例えば

amphithéâtre (m) (古代ローマの)円形闘技場

église (f) 教会

cryptoportique (m) 地下回廊

et cetra 等々

comprendre 理解する、分かる

un peu 少し

y そこへ、そこに、そこで

aller 行く

avec ~と一緒に

今週のポイント

beaucoup de ~

たくさんの~

beaucoupMerci beaucoup. などの表現ですでに出てきましたが、この例のようにdeを伴って、「たくさんの~」という意味でもよく使われます。

beaucoup de gens

たくさんの人

これに対し、「少しの~」は、4行後の男性のせりふにあるun peu を使って、

un peu de sucre 

少しの砂糖(不可算名詞の場合)

可算名詞の場合はquelqueを使って、以下のようになります。

quelques enfants

数人の子ども

par exemple

例えば

英語のfor example と同じですが、書く場合には、exempleのつづりが違うことに注意してください。

Tu comprends ?

分かる?

英語では、相手が王様であろうが自分の子供であろうが2人称はyouですが、フランス語では相手との親しさによって、vous(あなた)、tu(君、お前)という2つの表現を使い分けます。

動詞の形も、それによって変わってきます。なお、tuの相手が複数集まった場合はvous(君たち、お前ら)になります。

Comprendreの活用

je comprends

tu comprends

il/elle comprend

nous comprenons

vous comprenez

ils/elles comprennent

C’est difficile à ~

~するのは難しい

英語のIt is difficult to~. に当たる表現です。動詞の原形の前にàを置く点に注意してください。

なお、反対に「~するのは簡単だ」はC’est facileà ~.となります。

C’est facile à dire.

言うはやすし。

venez les voir

それらを見に来なさい

まず、venir+動詞の原形で、「~しに来る」の意味になります。

Venez prendre le livre.

その本を取りに来なさい。

よって、Venez voirで、「見に来なさい」の意味になります。

les はここでは複数名詞に付く定冠詞ではなく、l’amphithéâtre, le cryptoportiqueの代わりに、直接目的語(日本語の「~を」)として使われています。

名詞を代名詞にする場合、もとの名詞の数・性に合わせて、男性単数名詞の場合にはle、女性単数名詞の場合にはla、複数名詞の場合はlesとします。

また、フランス語の代名詞は、命令文以外の場合、動詞の前に置きます。

Comment peut-on y aller ?

どのようにしてそこへ行けますか?

文のなりたちを、平叙文から考えてみましょう。On peut aller à Arles.で、「(人は)アルルへ行くことが出来る」。

onは一般の人を表します。peutpouvoirで、「~できる」の意味の助動詞、allerは「行く」の意味の動詞です。

次に、à Arlesの部分を「そこへ」とするために、yという代名詞を使っています。これはやはり、代名詞ですので、命令形の場合以外は動詞の前に置かれます。これで、On peut y aller.となりました。

最後に、これをcommentという疑問詞を使った疑問文の形にします。疑問詞なので、commentを文頭に、その後主語と助動詞を倒置させて出来たのが、この文です。

allerの活用(非常に不規則ですが、重要な動詞なので、頑張ってください)

Je vais 

Tu vas

Il/Elle va

nous allons

vous allez

ils/Elles vont

avec moi

私と一緒に

avecは「~と一緒に」の意味の前置詞ですが、前置詞の後ろに人称代名詞が来る場合、強勢形といって、主語に使うのとは別の形になります。

avecを例に見ておきましょう。

avec moi(私と一緒に) 

avec toi(君と一緒に) 

avec lui/elle(彼/彼女と一緒に)

avec nous(わたしたちと一緒に)

avec vous(あなた(方)と一緒に)

avec eux/elles(彼ら/彼女らと一緒に)

今週のお役立ち!

強勢形について

moi, toiなどの強勢形が出てきましたので、既出のものを中心に、強勢形の主な用法を見ておきましょう。

【主語・補語の強調】

Je ne sais pas, moi. 

私は知らないよ

【前置詞の後ろに置くとき】

Venez avec moi.

私と一緒にいらっしゃい

C’est, Ce sont(C’estの複数表現)に続くとき】

C’est moi. 

それは私です

【他の名詞、人称代名詞と並置されるとき】

Ils ont invité Pierre et moi.

彼らはピエールと私を招待してくれた

ont invitéは複合過去)

その他、比較の構文や、特定の副詞とともに使う場合などがありますが、これはおいおい出てきたときに説明しましょう。

関連記事