独学で、フランス語を学ぶ人へ、役立つフランス語を提供するニュースサイト

地元の祭りについて話す

観光立国フランスには、伝統的なものから近代的なものまで、さまざまなお祭りがあります。ここでは、南仏の街アルルでローマ時代の遺跡を見学している2人の日本女性が、現地の男性とお互いの祭りについて話す、そんなシチュエーションを見てみましょう。

男性 :Ces monnuments sont utilisés aussi pour les fêtes. Il y a beaucoup de fêtes à Arles.
やよい:Par exemple?
男性:La Fête de Gardians, Feux de Saint Jean, et quoi qu’on dise, la Fete d’Arles. Vous savez la Fête du Coutume ?
ひろ子:Non.
男性:Les jeune filles s’habillent au coutume provençal et par courent la ville.
やよい:Ce serait spectaculaire!
男性:Quelle sorte de fêtes est ce qu’il y a au Japon ?
ひろ子:Il y en a beaucoup. En été et automne, les gens par courent avec Mikoshi, le sanctuaire portatif shintô. On célébre la fête de sétoiles au 7 du juillet..

Vocabulaire(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)
monnuments ~から
utilisés<utiliser 利用する
fête 祭り
gardian 番人、守護者
feux<feu 火
quoi qu’on dise なんと言っても
coutume 衣装
jeune 若い
fille 娘
s’habiller 着る
provençal プロヴァンスの
parcourent<parcourir 練り歩く
spectaculaire 華々しい
été 夏
automne 秋
sanctuaire 聖堂
portatif 携帯用の
célébrer 祝う
étoile 星
juillet 7月

 

★和訳★

男性:これらの遺跡は、祭りにも使われます。アルルにはたくさん祭りがあるんですよ。
やよい:たとえば?
男性:牧童まつりとか、聖ヨハネの火祭り、そしてなんと言ってもアルル祭ですね。衣装まつりはご存知ですか?
ひろ子:知りません。
男性:娘さんたちがプロヴァンスの衣装を着て、街を練り歩くんです。
やよい:華やかでしょうね。
男性:日本にはどんなお祭りがありますか。
ひろ子:いろいろありますよ。夏と秋には人々がみこし、つまり携帯できる神社を担いで練り歩きます。7月7日には七夕を祝います。

 

★今週のポイント★

Ces monnuments sont utilisés:「これらの遺跡は使われています」

受動態の表現です。英語と同じように、be動詞に当たるêtre+過去分詞で受身になります。英語と違うのはここからで、過去分詞の性と数を主語に合わせなくてはなりません。女性なら語尾にeを付け、複数ならsを付けます。もちろんêtreは主語に合わせて活用します。この文では示されていませんが、動作主「~によって」は、par ~で表されます。

s’habillent :「着る」

動詞の前にse(原形の場合。後ろに母音・無音のhが来るとs’となります)が付いているものがあり、代名動詞と呼ばれています。1つの動詞と考えればよいのですが、seの部分が主語に合わせて、je の場合はme、 tuの場合はte,、il の場合はse、nous の場合はnous、vousの場合はvous、ils の場合はseと変化します。辞書を引くときには、seをはずした見出しで引くと、後ろの方に載っています。
疑問文の場合、否定文の場合、複合過去形の場合は、ちょっと複雑に見えますが、例文を暗記してしまった方が早いでしょう。
疑問文:Comment vous habillez vous? 「どんな服装をしますか?」
否定文:Je ne m’habille pas comme ça. 「私はこんな格好はしない」
複合過去:Tu t’es habillée en japonaise. 「君はきものを着たね」(tuが女性の場合)
意味としては、①再帰的用法(このs’habillerの場合のように、seが英語のoneselfの役割をするもの。habillerは「着せる」で、s’habillerは「自分に着せる→着る」となるわけです)、②相互的用法(主語が複数で、seが「お互いに」の意味になるもの)、③受動的用法(主語がものの場合)、④本質的用法(seが付いた形の、1つの独立した単語と考えたほうがよいもの)があります。また出てきた時に具体的に見ましょう。

Ce serait spectaculaire:「華やかでしょうね」

動詞seraitに注目してください。これはêtreの、条件法という時制です。英語にはない時制ですが、ここでは、そういうものがあるんだな、くらいに思っていてください。条件法にもいくつかの用法がありますが、ここでは「推測」を表しています。

Il y en a beaucoup.:「いろいろあります」

enに注目してください。beaucoup はde~を伴って、「たくさんの~」の意味になるのでした。ここでは、Il y a beaucoup de fêteと言いたいのですが、fêteを繰り返さないために、de+名詞の部分をenという単語で代用しています。代名詞の一種です。

En été:「夏に」

季節を表す表現を整理しておきましょう。
「春に」au printemps
「夏に」en été
「秋に」en automne
「冬に」en hiver

au 7 du juillet :「7月の7日に」

日付を表す表現です。le のあと日付、月、年の順に並べます。曜日を入れる場合にはle の直後です。なお、一日だけは、序数(unではなくpremier)を使います。
ex. ledimanche17juillet「7月17日日曜日」
なお、最初がauになっているのは、「~に」のàと日付を表すleが縮約されたからです。

 

★今週のお役立ち!◎ 月の名前★

juilletが出てきましたので、ついでにフランス語の月の名前をまとめておきましょう。
わりと英語と似ているので気が楽です。
1月 janvier
2月 février
3月 mars
4月 avril
5月 mai
6月 juin
7月 juillet
8月 août
9月 septembre
10月 octobre
11月 novembre
12月 décembre

日本でもフランスでも、各地に郷土色豊かな、さまざまなお祭りがありますね。ひな祭りや端午の節句などの全国的なものをはじめ、自分の住んでいる地方のお祭りや季節のイベントについて説明できるようにしておくと、話題の幅が広がりますよ。辞書を片手に、頑張ってみてください。

 

関連記事