フランスの家庭料理レシピ

家庭で作れる、フランス料理のレシピを紹介しています。

春・夏におすすめのオードブル

季節別、美味しいおすすめのオードブルを紹介します。

トマトファルシ

まずはトマトを使って、パーティーにもおすすめの「トマトファルシ」を。

材料

トマト…小4個

じゃがいも…1個

きゅうり…1/2個

海老…4尾

ホタテ…2個

イカ…適量

干しぶどう…少々

カレー粉…小さじ1

マヨネーズ…大さじ2

枝豆…少々

ピンクペッパー…少々

バルサミコ酢…大さじ1

マヨネーズ…大さじ1

作り方

1.トマトは湯むきします。

2.じゃがいもは角切りにし茹で、きゅうりも角切りに、魚介類は茹でた後氷水に取って水気を切り、1cm角に切ります。

3.カレー粉を少量の水で溶き、マヨネーズと合わせます。

4.3に2、戻した干しぶどうを入れ、塩こしょうで混ぜます。

5.トマトは上下を切り、中をくり抜き4を詰めます。

6.バルサミコ酢とマヨネーズを合わせ皿に流し、茹でた枝豆とピンクペッパーを飾り、中央に5を盛ったら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

そら豆のボンボン

続いては、そら豆を使って作ります。ボンボンと言って、フランス語で“小さなお菓子”という意味があります。

ホタテや鶏肉を使って、お菓子に見立てた料理を作りましょう。

材料

鶏ミンチ…300g

玉ねぎ…80g

にんじん…40g

卵…1個

パン粉…30g

ホタテ…3個

そら豆…30粒~

小麦粉…適量

卵…適量

サラダ油…適量

作り方

1.玉ねぎ、にんじんをみじん切りにし、オイルでソテーします。

2.ホタテは粗いみじん切りにし、鶏に1と一緒に合わせ、卵、パン粉、塩こしょうで練ります。

3.そら豆はさやから出し、ボイルし氷水に取ります。

4.薄皮をむきみじん切りにます。

5.2を丸め、小麦粉、卵、そら豆の順につけ、170度の油で揚げます。

6.トマトは湯むきし、種を取って1cm角に、白ワインビネガーとオリーブオイルを入れ塩こしょうで調味します。

7.皿に6を敷き、その上に5をのせたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

海老帆立お菓子仕立て 3色ののビネグレットソース

続いて紹介するオードブルは、見た目が鮮やかで可愛い“お菓子仕立て”の料理です。パーティーの席にもおすすめ。

材料

ビネグレットソース…適量

白ワインビネガー…40cc

オリーブオイル…120cc

フレンチマスタード…小さじ1

塩…小さじ1/2

こしょう…少々

ホタテ…2個

海老…2尾

卵…1個

ピクルス…少々

パセリ…少々

生クリーム…40cc

マヨネーズ…小さじ1

レモン…少々

プチトマト…2個

きゅうり…少々

レタス…少々

トマトケチャップ…適量

しょう油…適量

作り方

1.フレンチマスタード、塩、こしょうをボウルに入れ混ぜ、白ワインビネガーを少しずつ加え、半分のところでオリーブオイルを少しずつ加え混ぜます。

2.残りの白ワインビネガーを入れ混ぜたら、ソースの完成です。

3.ホタテと海老を下処理します。

4.湯を沸かし、塩、野菜を入れ、魚介類を入れ1分茹でたら、火を止め1分置き、取り出して冷まします。

5.生クリームを泡立てマヨネーズを入れ、レモン汁、塩、こしょうで調味します。

6.具材を細かく刻み、5に入れ和えます。

7.セルクルに2色のソースを流し、野菜をカットし皿に盛ったら、その上にのせます。

8.型から取って飾りつけをしたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

スモークサーモンの詰め物

最後は、スモークサーモンを使った贅沢なサラダです。特別な席におすすめ。グレープフルーツの酸味が相性抜群です。

材料

スモークサーモン…16枚

むき海老…10尾

ホタテ…2個

メークイン…1個

いんげん…8本

パセリ…適量

マヨネーズ…適量

グレープフルーツ…1個

トマト…1個

はちみつ…20cc

白ワインビネガー…20cc

オリーブオイル…80cc

パセリ…適量

セルフイユ…適量

作り方

1.海老とホタテはボイルしそれぞれカットします。

2.メークインは皮をむいてカットし、水から茹で水気を切ります。

3.いんげんは熱湯で茹で、氷水に取って切ります。

4.海老、ホタテ、メークイン、いんげん、パセリのみじん切り、マヨネーズをボウルに入れ、塩こしょうします、

5.グレープフルーツは皮をむき、房から1つずつ実を取ります。

6.はちみつ、白ワインビネガー、塩、こしょうを混ぜ、ソースに。

7.ラップを広げスモークサーモンを丸く広げ、中心に4を置き、茶巾状に丸めます。

8.湯むきトマトをくし切りにし、果肉を取ってひし形に。

9.皿にトマトを盛り、7を添えたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

秋・冬におすすめのオードブル

続いては、秋冬におすすめのオードブルのレシピを紹介します。

きのこのテリーヌ

まずは、きのこを使ってテリーヌに。

材料

しいたけ、しめじ、舞茸、えりんぎ…300g

鶏むね肉…200g

全卵…1個

卵白…1個

コンソメスープ…50cc

生クリーム…80g

パセリ(みじん切り)…少々

玉ねぎ、にんじん、セロリ…合わせて100g

バター…少々

にんにく…少々

白ワイン…少々

オリーブオイル…少々

作り方

1.鶏は切って塩こしょう、白ワイン、オリーブオイルをまぶします。

2.玉ねぎとにんじん、セロリは千切りにし、ザッとボイルし水気を切ります。

3.きのこ類をカットし、フライパンでオリーブオイル、バターで強火で炒め、最後ににんにくを入れます。

4.1をフードプロセッサーにかけ、卵を入れ滑らかにし、コンソメ→滑らかに、生クリームの順に撹拌します。

5.ボウルに移し、野菜、きのこ類を混ぜ、バターを薄く塗った型に流し入れます。

6.アルミ箔で蓋をし、180度オーブンで湯煎し、40~50分焼きます。

7.冷まして型から外し、カットし皿に盛ったら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

ホタテとしめじのフラン

続いては、まるでプリン?!ホタテとしめじを使ったフランのレシピを紹介します。

材料

牛乳…50cc

生クリーム…50cc

卵…1個

ホタテ…3個

あさつき…適量

しめじ…1パック

しいたけ…6個

トマト…1個

にんにく…少々

生クリーム…240cc

パセリ…少々

イタリアンパセリ…少々

作り方

1.しめじは飾り用をカットし、残りは粗く刻みます。

2.にんにくのみじん切りと1をバターで炒め、水分がなくなったら塩こしょうします。

3.ホタテは水気を切り、卵、牛乳、生クリーム、塩、こしょうを合わせミキサーへ。

4.ボウルに移し、小口切りのあさつきを入れ混ぜます。

5.バターを塗ったカップに流し入れ、湯を入れた鍋で蒸します。

6.にんにくとバターで炒めたトマト、生クリーム、パセリを塩こしょうで調味したら、皿に盛って5をのせて完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

焼き松茸のサラダ仕立て

続いては、たっぷりの野菜を使ったサラダのレシピを紹介します。松茸を使うので、まさに秋ならではの料理です。

材料

松茸…1本

赤・黄パプリカ…各大さじ1

トマト(角切り)…大さじ1

エシャロット…小さじ1

白ワインビネガー…10cc

オリーブオイル…30cc

しょう油…10cc

トレヴィス、アンディーブ、サラダ菜、サニーレタス…適量

メークイン、セルフィーユ…適量

作り方

1.白ワインビネガー、オリーブオイル、しょう油、塩、こしょうをボウルに入れ混ぜ、パプリカ、トマト、エシャロットを入れ混ぜます。

2.メークインは千切りし、水で洗いキッチンペーパーで水気を拭き、180度の油で揚げて塩を振ります。

3.葉っぱ類は手で千切り塩こしょう、1で和えます。

4.松茸は網で直火で炙り、皿にすべての具材を盛って完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

スモークサーモンのコルネ

最後に紹介するレシピは、コルネ状のスモークサーモンの中に具を詰める料理です。見た目がオシャレなので、パーティーにおすすめ。

材料

ヨーグルト…大さじ2

トマトピューレ…大さじ2

レモン汁…少々

塩、こしょう…適量

海老…4尾

しいたけ、しめじ、舞茸…適量

パセリ…少々

フレンチドレッシング…少々

スモークサーモン…6枚

サラダ菜…適量

作り方

1.きのこ類は切ってサッと茹で、氷水に取ります。

2.海老は殻のまま茹で、氷水に取ります。

3.パセリはみじん切りに、海老は殻をむき5mm幅に、きのこ類は水気を拭きます。

4.海老、きのこ類に塩こしょうし、パセリ、ドレッシングで和えます。

5.Aでソースを作ります。

6.スモークサーモンをコルネ状にし、具を詰め、ソースをかけて完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

スープのレシピ 

続いては、フランスのスープ料理のれしいを紹介します。たくさんの野菜を使うので、栄養も満点。ホームパーティーにもぜひどうぞ。

かぼちゃ

ではまず、かぼちゃを使ったスープのレシピを紹介しましょう。

材料

かぼちゃ(皮をむく)…300g

玉ねぎ…200g

バター…大さじ2

チキンブイヨン…300cc

牛乳…200cc

作り方

1.かぼちゃは皮をむきスライスします。

2.玉ねぎもスライスしバターで炒め、しんなりしたらかぼちゃを加え炒めます。

3.かぼちゃが崩れてきたら、チキンブイヨンを入れ7~8分煮ます。

4.ミキサーにかけ、裏ごしし鍋に移し、牛乳を入れ火にかけ、塩こしょうします。

5.器に盛ったら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

*飾りにパルメザンチーズやかぼちゃ、ベーコンなどを添えてもOK。

そら豆

続いては、そら豆を使ったスープのレシピを紹介します。トマトも使っているので、ほどよい酸味が癖になる一品です。

材料

完熟トマト…2個

板ゼラチン…1枚

生クリーム…50cc

そら豆…10本

チキンブイヨン…200cc

牛乳…150cc

生イースト…適量

作り方

1.トマトは湯むきし、種を取って塩を振り、ミキサーにかけてボウルに移します。

2.ふやかしたゼラチンを鍋で弱火で溶かし、1に少しずつ加え冷まします。

3.泡立てた生クリームと合わせ、さっくり混ぜたら器に入れ、冷蔵庫で固めます。

4.そら豆はさやから出し2分塩湯でし、氷水に取ります。

5.皮をむき150gを鍋に入れ、20gは置いておきます。

6.150gのそら豆の鍋にチキンブイヨンを入れ、豆が柔らかくなるまで煮たら、牛乳を入れひと煮立ちさせます。

7.ミキサーにかけ裏ごしし冷やしたら、生クリームを混ぜ3に注ぎ完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

新ごぼう

続いては、ちょっと珍しい?!新ごぼうを使ったスープのレシピを紹介します。

材料

玉ねぎ…200g

新ごぼう…300g

里芋…150g

メークイン…150g

チキンブイヨン…500cc

牛乳…適量

里芋…1~2個

ワケギ…適量

揚げ油

作り方

1.里芋、メークインは皮をむき切って水にさらします。

2.ワケギは小口切りにします。

3.ごぼうは下処理し、玉ねぎは切ってオイルで炒めます。

4.水を切ったごぼうを入れ炒め、1も入れます。

5.チキンブイヨンを入れ、塩こしょうをし30分くらい煮たら、ミキサーにかけ裏ごしします。

6.里芋はスライスし水気を切って揚げます。

7.5を牛乳で伸ばし整え、器に注いで6とワケギを添えたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

*仕上げにバターや生クリームをプラスするとまろやかに。

とうもろこし

続いては、とうもろこしを使ったスープのレシピを紹介します。皆さんもご存知コーンスープを、フランス風に。

材料

玉ねぎ…2個

バター…大さじ1

小麦粉…大さじ1

コーン(クリーム状)…1/2缶

牛乳…200cc

チキンブイヨン…200cc

生クリーム…適量

あさつき…少々

作り方

1.玉ねぎは繊維と直角に1cm幅にスライスし、鍋にバターを入れて炒めます。

2.小麦粉を入れ鍋底からしっかり混ぜます。

3.混ぜながらチキンブイヨン、牛乳、コーン缶を入れ沸かし、アクを取って塩こしょうし弱火で15~20分煮ます。

4.ミキサーにかけ、滑らかになったら裏ごしします。

5.氷水に当て冷やし、牛乳、生クリームで調整し、塩こしょうし、器に盛ったら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

*生クリームとあさつきで飾りつけしましょう。

夏野菜

最後は、夏野菜を使ったスープのレシピを紹介します。ヘルシーで栄養満点、夏バテ解消にもおすすめです。

材料

玉ねぎ、赤ピーマン、茄子、ズッキーニ、マッシュルーム…各30g

にんにく…2片

豚ミンチ…90g

チキンブイヨン…800cc

トマト(角切り)…30g

長いも・・・30g

オクラ…5~6本

あさつき

作り方

1.玉ねぎ、赤ピーマン、茄子、ズッキーニ、マッシュルームを1cm角に切り、オイルで炒め塩こしょうします。

2.にんにくを包丁で叩き、荒いみじん切りにします。

3.にんにくをオイルで炒め、色づいたらミンチを炒め塩こしょうします。

4.1と3を鍋に移し、チキンブイヨンを入れ火にかけ、沸いたらアクを取って15~20分煮込みます。

5.トマトの角切りを入れ煮、塩こしょうで調味します。

6.オクラは塩ずりし熱湯でサッとくぐらせ、氷水に上げ、長いもと一緒に輪切りにし、炒めます。

7.4を注いだら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

魚介類を使ったフランス料理

続いては、魚介類を使ったフランス料理の紹介です。

サザエと帆立のパセリとガーリック風味オーブン焼き

まずは、“サザエ”を使った料理のご紹介。

材料

サザエ…4個

ホタテ…2個

エスカルゴバター…適量

生パン粉…適量

ズッキーニ、茄子、オウチトマト…各適量

バケット…適量

作り方

1.サザエは表面の汚れを落とし茹で、沸騰後引き上げ実を取り出します。

2.ワタを取り1cm角に切り、ホタテ、しいたけも同じように切ってしいたけはバター炒めに。

3.2に塩こしょうし、サザエの殻に詰め、エスカルゴバターをのせます。

4.野菜類はオーブンで焼き皿に盛ります。

5.3にパン粉をのせ、220度のオーブンで10分焼きます。

6.皿に盛ったら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

*バケットをカットし、のせて食べると絶品です。

アワビのステーキ

続いては、アワビを使って作ります。簡単なソテーで、アワビのプリッとした食感を楽しめます。

材料

アワビ…4個

玉ねぎ、にんじん、セロリ、しめじ…各20g

白ワインビネガー…20cc

白ワイン…20cc

水…80cc

レモン…少々

生クリーム…10cc

無塩バター…50g

パセリ…少々

作り方

1.野菜類ときのこは5mm角に切り、しめじ以外を白ワインとビネガー、レモン、水で弱火で煮ます。

2.煮汁が出たら漉します。(煮汁は残しておく)

3.アワビは表面を洗い、沸騰した湯で塩湯でします。

4.3~4分後引き上げ、内臓を身から外します。

5.内臓から肝を外し裏ごしし、アワビの固いところを切り、フライパンでオイル、バターで焼きます。

6.煮汁をひと煮立ちさせ、生クリームを入れ沸かし、弱火で冷たいバターを少しずつ撹拌しながら加えます。

7.塩こしょうで調味したらソースの完成です。

8.7の1/3を別鍋に移し、肝をまぜ肝ソースに。

9.アワビを切り、8を流した皿に盛り、7を注いだら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

スズキのじゃがいも包み焼き

最後は、スズキを使った料理のレシピを紹介します。

フランスでは、スズキは頻繁に使われる魚です。

材料

スズキ…2切れ

じゃがいも(メークイン)…2個

トマト…1個

にんにく…1個

オリーブオイル…適量

バター…適量

イタリアンパセリ…適量

作り方

1.スズキは皮をひき、塩こしょうし、小麦粉を薄くつけます。

2.じゃがいもは千切りし、軽く塩を振り、しんなりしたら水気を絞ります。

3.テフロンのフライパンを熱し、オイルとバターを入れ、2をスズキより大きい形に入れ、スズキをのせさらにじゃがいもをのせます。

4.じゃがいもをこんがり焼いて反対にし、両面中火で焼いたら完成です。

5.鍋にオリーブオイル、にんにくのみじん切りを入れ熱し、トマトを入れソテーし、塩こしょうで調味します。

6.皿に5を盛り、スズキをのせたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

肉を使ったフランス料理

続いては、肉を使った料理を紹介します。

仔羊となす、バジルとにんにく風味のソース

まずは、「子羊」家庭ではなかなか使う機会はないと思いますが、子羊の肉が手に入ったら作ってみて下さい。

材料

子羊…適量

茄子…1本

にんにく…2片

サラダ油…適量

コンソメ…200cc

バジル…適量

トマト(角切り)…大さじ2

にんにく…少々

オリーブオイル…少々

作り方

1.にんにくは皮つきで、茄子は皮をむき縦半分に切って油で揚げます。

2.鍋にコンソメを沸かし、1を煮ます。

3.茄子、にんにくを取り出し、煮汁を半分まで煮詰め、刻んだバジルとオリーブオイル少量、塩こしょうで調味します。

4.子羊に塩こしょうし、フライパンで両面焼き、ミディアムにします。

5.にんにくのみじん切りをオリーブオイルで炒め、トマトも炒め塩こしょうします。

6.皿に茄子を盛り、トマトをのせ、子羊を盛ります。

7.3をかけたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

チキンのマスタードとパン粉焼き

続いては、鶏肉を使った料理を紹介します。鶏肉なら、皆さんの家庭でも簡単に作れますね!

材料

チキン(股肉)…240g

白ワイン…40cc

チキンブイヨン…60cc

生クリーム…60cc

無塩バター…20g

レモン…少々

チキンブイヨン…適量

フレンチマスタード…少々

パセリ…少々

生パン粉…少々

タイム…少々

にんじん、じゃがいも、ブロッコリー…各適量

チキンブイヨン、バター、グラニュー糖…各適量

作り方

1.にんじんは皮をむき縦に切り面取り切り、バター、グラニュー糖で炒め、塩こしょうします。

2.ツヤが出たらチキンブイヨンをひたひたに入れ煮ます。

3.じゃがいもにんじんと同じように煮、湯切りし、ブロッコリーは塩茹でし、上げます。

4.鶏は余分な脂、軟骨、筋を取り除き切り、塩こしょうしオイルとバターで皮から焼きます。

5.こんがり焼いたら反対も焼き、白ワインを入れ軽く煮詰めます。

6.グラタン皿に移し、チキンブイヨンを入れフレンチマスタードを塗ります。

7.生パン粉、パセリのみじん切り、タイムの葉を混ぜ、チキンに振りかけます。

8.炒めた野菜を皿に盛り、7を200度オーブンで10分焼き、添えたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

春夏秋冬フランススイーツ

最後に、フランスのスイーツのレシピを紹介しましょう。

いちごのロゼシャンパンのジュレ

いろんなレシピがありますが、紹介するのはいちごを使ったジュレです。いちごそのものの味がとってもジューシー。

材料

ロゼシャンパン…100cc

水…100cc

グラニュー糖…30g

板ゼラチン…10g

レモン…1/4個

クレームドカシス…少々

いちご…適量

生クリーム…30cc

グラニュー糖…3g

カスタードソース、ドライフルーツ、白ワイン、ミント…各適量

作り方

1.ロゼ50ccを鍋に入れ、グラニュー糖、水、レモンを入れ沸騰させます。

2.沸騰後火から外し、戻した板ゼラチンを入れます。

3.キッチンペーパーで漉し、氷水に当て冷やします。

4.残りのロゼを入れ、クレームドカシスも入れます。

5.ゼリーが固まってきたら混ぜ、気泡を含ませセルクル型の1/3まで流します。

6.いちごを敷き詰め、残りのゼリー液を流し、冷蔵庫で固めたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

*白ワインと潰したドライフルーツと一緒に皿に盛ったらOKです。

マンゴーのムースとフルーツのコンポート

続いては、マンゴーを使ってムースにしましょう。

材料

マンゴー…1個

牛乳…60cc

グラニュー糖…60g

板ゼラチン…15g

生クリーム…180cc

キルシュ…少々

水…150cc

グラニュー糖…50g

レモン…1/4個

キウイ、パイナップル、グレープフルーツルビー、マンゴー…適量

ココナッツ

作り方

1.マンゴーは皮をむき300gを2cm幅に切り、残りはくし形にします。

2.牛乳、グラニュー糖を鍋に入れ温め、戻したゼラチンを入れ溶かします。

3.1と2をミキサーで撹拌し、裏ごししボウルに移し、氷水に当て冷やします。

4.生クリームを泡立て、3とさっくり混ぜ、キルシュを加えます。

5.プリンカップに流し、冷蔵庫で冷やします。

6.鍋にグラニュー糖、レモンを入れ沸騰させ、冷めたら果物を入れ、冷蔵庫で冷やします。

7.皿に5を盛り、果物を添え、ココナッツをのせたら完成です。

(参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

関連記事

  1. 料理にまつわるフランスの名言

    美食の国フランスは、料理に関する格言・名言の宝庫。今回はフランス文化のエッセンス「料理」の奥深い世界…

  2. フランス語のお菓子(ケーキ)の名前

    フランス語のお菓子の名前が魅力的に感じられるのはなぜでしょう?フランス語の響きの美しさには、スイ…

  3. お酒を飲む

    フランス産のワインは世界で有名で、日本でもボジョレ・ヌーボーが解禁されるとすぐ売れるなど、日本でも人…

  4. フランスのお菓子レシピ

    フランスの有名なお菓子を始め、家庭で作れるお菓子などレシピを紹介しています。果物を使ったスイーツ…

  5. フランス料理のオードブル&サラダのレシピ

    家庭で、フランスのオードブルやサラダを作ってみましょう。春夏秋冬、旬の食材を使った料理ばかりなので、…

  6. エピファニーのレシピ

    エピファニーに必ず登場するのがアーモンド・クリームをたっぷり詰めたパイのお菓子です。フランスでは…

  7. 4月の魚

    Bonjour, chers amis ! こんにちは、みなさん。Comment allez-vou…

  8. フランスのデザートレシピ

    高級感漂うフランス料理。しかしフランスには、家庭的な料理もたくさんあり、温かく親しみやすい料理があり…

PAGE TOP