フランス語で日本文化を紹介

日本の食べ物について話す

フランスでは近年、日本食が流行っています。

日本の食材が買える専門店も存在しますが、最近では、スーパーでも日本の食材コーナーを設けているところもあります。 

このレッスンでは、フランス人と日本の食べ物について話す、そういったシチュエーションを見てみましょう。

健司はメラニーの家に遊びに行きます。


会話

Kenji : Salut Mélanie!

Mélanie : Salut Kenji! Dis, je suis allé dans le quartier d’Opéra samedi dernier. J’ai vu qu’il yavait plein de magasins japonais.

Kenji : Oui, je fais des courses souvent là-bas. Grâce à ces magasins, les nourritures japonaises ne me manquent jamais!”

Mélanie : C’est bien! Dis, j’ai acheté ça par curiosité.

Kenji : Ah, miso!

Mélanie : Ça, c’est pour faire la soupe miso, non? Mais je sais pas comment faire avec ça.

Kenji : Tu le mets dans l’eau chaude comme bouillon. Mais avant il faut mettre le dashi.

Mélanie : Je pense que je l’ai acheté. J’ai acheté des tofu aussi.

Kenji : C’est bien!”

Mélanie : On peut les manger comme ça ou bien il faut les cuire?

Kenji : Non, tu peux les manger comme ça avec la sauce soja. 

Mélanie : Ah, d’accord.

Kenji : Mais, tu peux les mettre dans la soupe miso, aussi.

Mélanie : Oui, je sais, j’avais gouté quand je suis allé dans un restaurant japonais. C’était trop bon! C’est pour ça que je veux essayer de faire ça moi-même.

Kenji : Je t’aiderai si tu veux!

Mélanie : Merci!

和訳 

健司 : やあメラニー!

メラニー : こんにちは健司!ねえ、先週土曜日にオペラ界隈に行ったの。日本のお店がたくさんあったわ。

健司 : ああ、僕はよくそこで買い物をするよ。そのお店のおかげで、日本食が恋しくならないよ!

メラニー : いいわね!ねえ、好奇心でこれを買っちゃったの。

健司 : ああ、味噌だね!

メラニー : これは味噌汁を作るためのものよね?でも、どうやって使うのかわからないの。

健司 : ブイヨンのようにお湯に入れるんだよ。でも、その前にだしを入れなきゃ。

メラニー : それなら買ったわ。豆腐も買ったのよ。

健司 : いいね!

メラニー : このまま食べられるの?それとも火を通さなきゃいけない?

健司 : いや、醤油と一緒にそのまま食べられるよ。

メラニー : わかったわ。

健司 : でも、味噌汁に入れてもいいよ。

メラニー : ええ、知ってるわ。日本レストランに行った時に食べたの。すごくおいしかったわ!だから、自分でやってみたいの。

健司 : 良かったら手伝うよ!

メラニー : ありがとう!

ワンポイント

 

shutterstock_221704471Faire des courses : 買い物をする

“course”には「走ること」や「レース」といった意味がありますが、”faire des courses”で「買い物をする」という意味で日常的によく使います。

この場合の買い物は、食用品や日用品などの普段の買い物を指しています。

(au téléphone)

Louis : T’es où? Je viens de terminer le travail. Je vais rentrer.

Fanny : Je suis en train de faires des courses. J’arriverai à la maison dans un quart d’heure.

Louis : Ok! A tout à l’heure!”

(電話で)

Louis : どこにいるの?仕事が終わったよ。今から帰るよ。

Fanny : 買い物をしてるところなの。15分後には家に着くわ。

Louis : わかった!またね!

Grâce à ~ : 〜のおかげで

“grâce”は「恩恵」を意味する名詞ですが、”grâce à”で「〜のおかげで」という意味で副詞的に使います。

また、ここでは”grâce”の前に定冠詞”la”がつかないことに注意しましょう。

Quentin : Merci de m’avoir prêté ton parapluie, grâce à toi, j’ai pu rentrer à la maison tranquillement.

Justine : De rien!

Quentin : 傘を貸してくれてありがとう。君のおかげで、問題なく帰れたよ。

Justine : どういたしまして!

shutterstock_189045062Par curiosité : 好奇心から

“curiosité”は「好奇心」を示す名詞です。

“par curiosité”で「好奇心から」という意味になります。

また、ここでは、”curiosité”の前に定冠詞”la”がつかないことに注意しましょう。

Hugo : Dis, tu es déjà allée en Angleterre, non?

Morgane : Oui.

Hugo : Juste par curiosité, combien ça coûte pour y aller?

Morgane : Pardon, je ne me rappelle plus…

Hugo : ねえ、イギリスに行ったことあるよね?

Morgane : ええ。

Hugo : ただ知りたいだけなんだけど、行くのにいくらかかるのかな?

Morgane : ごめん、もう覚えてないわ…。

shutterstock_255249280Comme ça : このまま

“comme + (定冠詞 + 名詞)”で、「(名詞)のように」という意味ですが、文脈によっては、”comme ça”で「このまま」という意味で使う場合もあります。

Alexandre : Manon, il faut qu’on parte.

Manon : Attends, je ne suis pas encore maquillée.

Alexandre : Tu es jolie comme ça!

Manon : Ah non. Je ne sors jamais sans maquillage.

Alexandre : マノン、行かなきゃ。

Manon : まって、まだ化粧してないの。

Alexandre : そのままできれいだよ!

Manon : いいえ。私は化粧しないで外に出ないの。

shutterstock_271843103Cuire : 火を通す

“cuire”は「火を通す」という意味で、焼く、煮る、ゆでる、いためるなどの加熱調理を示すために使います。

また、”cuire”の過去分詞の形を取る形容詞”cuit,e”は「焼けた」という意味を持ち、生のものの対義語として使われることも覚えておきましょう。

Arthur : J’ai acheté un radis blanc hier. 

Mélissa : C’est bien! Moi, j’aime beaucoup ça!

Arthur : On peut manger comme ça sans cuire? 

Mélissa : Oui, tu le coupes en petits morceaux et les mettre dans la salade.

Arthur : 昨日、大根を買ったんだ。

Mélissa : いいわね!私は大好きよ!

Arthur : 火を通さずにこのまま食べられるのかな?

Mélissa : ええ、小さく切って、サラダに入れてもいいわよ。

フランスでは日本食が流行っており、健康的なものとして幅広く受け入れられています。

パーティーでも日本の食べ物が好きで、のり、わさび、わかめなど日本の食材に詳しいフランス人にも会うことでしょう。 

そういったシチュエーションに出会った場合は、日本の食べ物をどんどん紹介してみてください。

 

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP