フランス料理レシピ

家庭でも食べられる、庶民的なフランス料理のレシピを紹介しています。意外にも簡単に作れる料理もありますから、ぜひ作ってみて下さいね。

前菜編

フランス料理と言えば上品で繊細なイメージがありますが、家庭でも意外と簡単に作ることができるんですよ。

というのも、フランス料理にもさまざまな種類があり、地方で食べられるフランス料理は、家庭的で庶民的な料理が多いから。

また、個性豊かな料理が多いのも、フランス料理ならではです。そんなフランス料理のレシピを紹介します。まずは、前菜編から。

ファルストマト

材料

フルーツトマト…4個

ホタテ…6~7個

カニ肉…4本

きゅうり…1/3本

ミントの葉(ファルス用)…適量

ミントの葉(飾り用)…葉先4つ

マヨネーズ…スプーン2杯

オリーブオイル…スプーン2杯

塩、こしょう…適量

砂糖…適量

作り方

1.トマトは湯むきし中をくり抜き、ミキサーで撹拌します。

2.きゅうり、ミント、ホタテ、カニ肉を調理し、マヨネーズと和え、塩こしょうします。

3.1に2を詰めます。

4.撹拌したトマトの汁にオリーブオイル、砂糖を入れ、塩こしょうします。

5.皿に3を盛り、まわりに4を流し、ミントを飾ったら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

サーモンのルーラード

続いて紹介する前菜は、フレッシュサーモンとスモークサーモンを使って作ります。

見た目もとてもオシャレで、味もやさしく上品です。

材料

スモークサーモン…200g

フレッシュサーモン…200g

ディル(飾り用)…1枝

エキストラバージンオリーブオイル…80cc

エシャロット…2片

レモン…1/2個

トマト…1/2個

生クリーム…50cc

作り方

1.生サーモンはキューブ状に小さく切り、スモークサーモンは薄い削ぎ切りにします。

2.エシャロットはみじん切りにし、生サーモンと合わせ、オリーブオイル、塩こしょう、レモン汁、すりろしたレモンの皮を振りかけ混ぜます。

3.ラップを敷き、スモークサーモンを四角形に並べ、2を置き、包んで手まりにように形を作り冷蔵庫で冷やします。

4.生クリームに数滴のレモン汁を入れ、塩こしょうをし、3を置きます。

5.表面にオリーブオイルをハケで塗り、ディルを飾ったら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

ベーコンとチーズのスフレ

最後は、ベーコンとチーズを使ったフワフワスフレを作ってみましょう。お子さんにもおすすめ。

材料

バター…30g

小麦粉…30g

牛乳…200g

ベーコン…100g

チーズ…80g

卵黄…150g

卵白…適量

塩、こしょう…適量

ナツメグ…適量

作り方

1.鍋にバターを入れ火にかけ、焦げないよう溶かします。

2.篩った小麦粉を入れ混ぜ、火が通ったら牛乳を入れ混ぜます。

3.もったりとしたら卵黄を入れ、ナツメグを振って塩こしょうします。

4.カットしたベーコンをバターで炒め、チーズはおろします。

5.3に4を加え混ぜ、卵白はメレンゲに。

6.器にバターを塗り、小麦粉を振って粉をはたきます。

7.メレンゲ1/3を混ぜ合わせ、残りの2/3を入れさっくり混ぜます。

8.すべて合わせたら6に入れ、縁に溝をつけ、180~200度オーブンで15分焼いたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

メイン編

続いては、フランス料理のメイン料理を作ってみましょう。

パリパリフリット

まずは、ワインのおつまみにもおすすめの、フリット。海老を使うので、プリプリとした食感もGOOD。

材料

海老…大型8匹

白ワイン…適量

塩、こしょう…適量

カダイフ…100g

揚げ油…適量

串…8本

作り方

1.海老の殻をむき、背ワタを取って3等分にし、白ワインに浸けます。

2.海老の身を串にさし、塩こしょうします。

3.油の入った鍋を180~185度にします。

4.海老にカダイフを巻き、網にのせてそのままサッと揚げます。

5.再度静かに油の中できつね色になるまで揚げたら、塩を振って完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*サクサクパリパリのカダイフが、良い食感を出してくれます。このカダイフとは、トルコの伝統菓子に使われる一種で、小麦粉と水、塩でできています。

オニオングラタンスープ

続いては、アツアツとろ~り美味しいグラタンスープのご紹介。

材料

玉ねぎ…2個

小麦粉…8g

バター…8g

ボルト酒…10g

グリュイエールチーズ…150g

フォン・ド・ヴォライユ…500ml

フランスパン…小8枚

作り方

1.玉ねぎは薄切りにし、炒めます。

2.しんなりしたらボルト酒を加え、水分がなくなる手前まで加熱し、篩った小麦粉を入れ炒めます。

3.フォン・ド・ヴォライユを入れ混ぜながら強火にし、塩こしょうします。

4.器に3を入れ、焼いたフランスパンを浮かべます。

5.おろしたチーズをたっぷりのせ、サラマンダーでチーズを焦がしたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*フランスパンは、両面をサクッと焼くこと。チーズは、グリュイエールチーズを使いましょう。ない場合は、ピザ用チーズなどでもOKだと思います。

若鶏のソテ バスク風

最後は、若鶏を使ったレシピを紹介します。外はカリッがこの料理の条件?

材料

鶏もも肉…400g

生ハム…8枚

パセリ…15g

塩、こしょう…適量

玉ねぎ…1個

ピーマン(赤・緑)…各2個

トマト…4個

にんにく…3片

ブーケ・ガルニ…1個

白ワイン…100cc

フォン・ド・ヴォー…300cc

オリーブオイル…適量

トマトペースト…15g

作り方

1.鶏もも肉は皮を上にし丸めて楊枝で止め、塩をし油をひいたフライパンでカリッと焼きます。(半焼きでOK)

2.網に上げ、楊枝を取って生ハムを巻いて再度楊枝で留めます。

3.平鍋にオリーブオイルを入れ焼き、網に取ります。

4.薄切り玉ねぎを入れ炒め、しんなりしたらみじん切りにんにく、湯むきトマト(粗みじん切り)を入れ混ぜ、ワインをゆっくり入れ煮詰めます。

5.肉を入れ、トマトペースト、フォン・ド・ヴォー、皮むきピーマンをのせ、ブーケ・ガルニを入れます。

6.火にかけ軽く沸騰させ、蓋をし180~200度オーブンで20分加熱、10分で鶏肉を取り出し、Aをかけたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

牛フィレ肉のトュルヌド

牛肉のフィレを使って、アンリ4世風のトュルヌドを作ってみましょう。

材料

牛肉のフィレ…600~700g

塩、こしょう…適量

バター…適量

じゃがいも…4個

サラダ油…適量

クレソン(飾り)…1枝

作り方

1.皮をむいたじゃがいもを丸くくり抜き、水にさらします。

2.1の水気を拭き、フライパンに澄ましバターを入れ、熱す前にじゃがいもを入れ火にかけます。

3.牛肉は筋と脂を取り除いて切り、側面を2本のタコ糸で縛り、丸く整形し、ハケで表面に油を塗ります。

4.塩を振り、肉をグリルで焼き目をつけたら、じゃがいもやソースを添えて完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*ポイントは、肉をしっかり丸く整形すること。焼き目は、網状にすると雰囲気が出てより美味しくいただけますよ。

コロコロのじゃがいもも可愛いです。

ブリオッシュ

続いては、太いソーセージを使って「ブリオッシュ」を作ってみましょう。

材料

ジャンボンド・パリ(直径5cm)…1本

強力粉…250g

砂糖…25g

水…25g

塩…5g

バター…150g

生イースト…8g

卵…2.5個分

作り方

1.イーストはぬるま湯に浸し、よく溶かします。

2.小麦粉は篩い、塩と砂糖を混ぜます。

3.ロゴクープに1、2、溶き卵を入れ混ぜ、ねっとりしたら高速回転で水10gを足してこねます。

4.澄ましバターを入れ低速1分、高速回転させ、粉を薄くひいたボウルに丸く整形して入れ、冷蔵庫で1日寝かせます。

5.台に打ち粉をし、生地を伸ばしたら表面に溶き卵を塗り、ソーセージをのせます。

6.5を包み、バターを塗った型に入れ、常温28度で1時間発酵。

7.表面に溶き卵を塗り、180度オーブンで25分焼いたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

魚を使ったフランス料理

フランス料理には、新鮮な魚介類を使った料理もたくさんあります。

真鯛のポワレ

まずは、真鯛を使った料理のレシピから紹介しましょう。

材料

鯛…1匹

オリーブオイル…適量

塩、こしょう…適量

じゃがいも…2個

牛乳…60g

生クリーム…35g

バター…50g

塩、ナツメグ…適量

作り方

1.じゃがいもは茹で、皮をむいて裏ごしします。

2.鍋に牛乳、生クリーム、バター25gを入れ温め、1を少しずつ入れ残りのバターを加え混ぜます。

3.塩、ナツメグを入れます。

4.魚を3枚おろしにし、皮目に切れ目を入れたら、塩を振ります。

5.フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、4の皮を舌に両面焼きます。

6.皿にソース、3を置き、5を添えたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*とってもシンプルですが、鯛のパリッとした食感が印象的な料理です。

真鯛のボイル

続いても、真鯛を使ったフランス料理のレシピを紹介しましょう。彩りの良い料理なので、パーティーの席にもおすすめ。

材料

鯛のフィレ…1尾分

塩…適量

フヌイユの葉(飾り)…好みで

フュメ・ド・ポワソン…300cc

パスティス(洋酒)…15g

生クリーム…150g

八角…1個

バター…30g

塩、こしょう…適量

作り方

1.鯛を2、3等分し、皮目に切れ目を入れます。

2.バットにバターを塗り、1の皮目を下にし並べ、軽く塩をします。

3.パスティス、八角を入れ、熱いフィメ・ド・ポワソンを3/4の高さまで入れます。

4.バターを塗ったキッチンペーパーをかぶせ、180度オーブンで4~5分加熱。

5.フィレを網にのせラップをし、バッドに残った煮汁を網で漉し、鍋で煮詰めます。

6.生クリームを入れ沸騰直前まで煮詰めます。

7.角切りバターを少しずつ入れ、塩こしょうします。

8.皿にそれぞれを盛ったら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

ホームパーティーにおすすめのフランス料理

ホームパーティーにおすすめの、鮮やかでオシャレなフランス料理のレシピを紹介します。

ブロッコリーのムースとフルーツトマトのジュレ

まずは、ショットグラスに入ったオシャレなこちらの一品からご紹介。

材料

ブロッコリー…1個

生クリーム…30|50cc

板ゼラチン…3g

塩、こしょう…適量

にんじん…1切れ

セロリ…1切れ

きゅうり…1切れ

フルーツトマト…小4個

作り方

1.ブロッコリーは茹で、その後湯切りしピューレ状にします。

2.戻した板ゼラチンを入れ溶かし、生クリームを加え塩こしょうします。

3.器に入れ、冷蔵庫で固まらせます。

4.フルーツトマトを湯むきし、種を取って果肉をミキサーにかけ液体状にしたら、塩こしょうします。

5.きゅうり、セロリ、にんじんをキューブ状にし、ピックに刺したら、ムースの上に散らします。

6.上にフルーツトマトの汁を注ぎ、5をのせたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

オレンジパプリカのムース

オレンジのパプリカを使ったムースに、クラッシュゼリーをのせた料理の紹介です。見た目も鮮やかで綺麗なので、パーティーの席にぴったり。

材料

オレンジパプリカ…3個

バター…15g

水…適量

板ゼラチン…1g

フォン・ド・ヴォライユ…200cc

塩…適量

生クリーム…80cc

板ゼラチン…3g

プチトマト…4個

香草(ディル)…適量

作り方

1.パプリカを直下で表面を焦がし、布巾で取ります。

2.1を細かく切り、小鍋に入れひたひたの水を入れ火にかけたら、バターを入れ溶かします。

3.2をハンドミキサーでピューレ状にし、粗熱を取って冷蔵庫で冷やします。

4.フォン・ド・ヴォライユに戻したゼラチンを加え溶かし、器に入れ冷蔵庫で冷やし固めます。

5.3に1gのゼラチンを入れ混ぜ、7分立ての生クリームを混ぜ、グラスに注いで冷やします。

6.5にクラッシュした4をのせ、泡立てた生クリームとミニトマトのスライス、香草をのせたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

フレッシュサーモンのディル風味

最後は、オレンジが鮮やかなフレッシュサーモンを使った料理の紹介です。香草やグレープフルーツを使うので、華やかでオシャレに仕上げてくれます。

材料

サーモンフィレ…1枚

レモン汁…少々

オリーブオイル…適量

ディル…1枝

エシャロット…2片

ルビーグレープフルーツ…1個

作り方

1.エシャロットは細かく刻み、グレープフルーツは小房に取り切ります。

2.サーモンを斜め薄切りにし、皿に放射状に並べ、塩こしょうします。

3.ピンクグレープフルーツを盛り、オリーブオイルをハケでサーモンの上に薄く塗ります。

4.レモン汁を振りかけ、刻んだエシャロットを上から振ったら、香草を添えて完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*サーモンはなるべく新鮮なものを。皿は冷やしておきましょう。ちなみに、フランス料理では細かく刻むことを“シズレ”と言います。

スープ編

続いては、スープを作ってみましょう。

冷たいフレッシュコーンのヴルーテ

まずは、冷たいフレッシュコーンを使ったアレンジコーンスープのレシピのご紹介。

材料

とうもろこし…2本

バター…20g

玉ねぎ…1/2個

生クリーム…150ml

牛乳…70ml

にんにく…1片

フォン・ド・ヴォライユ…180ml

飾り用ハーブ…適量

カレー粉…30g

オリーブオイル…200g

ピーナッツオイル…200g

ローズマリー…3本

ローリエ…2枚

にんにく…2~3片

オレンジの皮…1個分

八角…3g

クローブ…3つ

作り方

1.とうもろこしの皮をむき10分蒸し、実を取って飾り用に少し置いておきます。

2.鍋にバターを入れ火にかけ、音がしたらみじん切りにんにくを入れ炒め、薄切り玉ねぎを入れ蓋をし、蒸しながら炒めます。

3.1を入れ混ぜ、蓋をし10分炒めます。

4.フォン・ド・ヴォライユを入れ10分煮込み、生クリーム、牛乳を入れ弱火で5分煮込み、蓋をしたまま火を止め10分置きます。

5.ミキサーにかけ網で漉し、粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やします。

6.ボウルにカレーオイルを入れラップをし200Wのレンジで5~7分加熱します。

7.5を皿に盛り、6をかけたらハーブととうもろこしを飾り完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

ポロネギとポテトのポタージュ

続いては、オレンジの皮とグランマニエの香りをプラスしたポタージュのレシピです。

材料

ポロネギ(白い部分)…1本分

じゃがいも…2個

フォン・ド・ヴォライユ…900cc

生クリーム…180cc

バター…35g

塩、こしょう…適量

バジル…4枚

枝付きパセリ…1本

セロリの茎…1本

オレンジの皮…1個分

グランマニエ…15cc

生クリーム…50cc

作り方

1.ポロネギを縦2等分にし、薄切りじゃがいもは皮をむいて小さめの乱切りにします。

2.鍋にバターを入れポロネギを炒めます。

3.しんなりしたらじゃがいもとフォン・ド・ヴォライユを入れ煮、じゃがいもが柔らかくなったら火を止めミキサーで撹拌します。

4.生クリームを入れ混ぜ、塩こしょうします。

5.火を止めパセリとセロリを入れ、3に沈め、蓋をし15分蒸らします。

6.生クリーム50ccを柔らかく立て、すりおろしたオレンジの皮とグランマニエを混ぜます。

7.5に盛り、生クリームをスプーンで浮かべたら完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

ビシソワーズ

最後は、スープの定番「ビシソワーズ」を作ってみましょう。冷たいものが定番ですが、温かいものも美味しいですよ。

材料

じゃがいも(メークイン)…3個

玉ねぎ…1個
生クリーム…200ml

バター…20g

塩、こしょう…適量

フォン・ド・ヴォライユ…500ml

セルフィユ…好みで

作り方

1.玉ねぎは薄切り、じゃがいもは薄切り後水にさらします。

2.深鍋にバターを入れ、玉ねぎを炒めます。

3.ねっとりしたらじゃがいもを加え炒め、冷たいフォン・ド・ヴォライユを入れ強火で煮立たせます。

4.沸騰後弱火で煮、ミキサーで撹拌します。

5.生クリームを入れひと煮立ちさせたら、冷たいバターを入れ溶かし、塩こしょうし調味します。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*冷たいままでいただく場合は、冷蔵庫でしっかり冷やしましょう。

フランスのお菓子

おもてなしにもおやつにも。フランスの美味しいスイーツを作りましょう。

ティラミス

まずは、皆さんご存知「ティラミス」

材料

マスカルポーネ…300g

卵黄…3個分

卵白…3個分

砂糖…110g

コニャック…適量

カカオパウダー…適量

生クリーム…150g

コーヒー液体(キュイエール生地が浸かる程度)

卵黄…4個分

卵白…4個分

砂糖…125g

小麦粉…125g

作り方

1.7分立て卵白に砂糖80gを加えメレンゲにします。

2.別ボウルに卵黄と残りの砂糖を入れ白くなるまで混ぜ、1と合わせたら、篩った小麦粉を入れさっくり混ぜます。

3.絞り袋に入れ、鉄板に絞り出し、170度オーブンで10分加熱します。

4.卵黄3個分に砂糖30gを混ぜ、マスカルポーネを入れ混ぜます。

5.緩めのホイップ150gを入れ、混ぜます。

6.卵白3個分を7分立てにし、砂糖80gでメレンゲに。

7.コニャックを混ぜたら、3にコーヒー液体を浸しグラスに入れ、6と交互に入れ、冷蔵庫で冷やして完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

グラニテ

みかんを使った爽やかで美味しいグラニテを作ってみましょう。お口直しにはもちろんのこと、おやつにもおすすめのデザートです。

材料

温州みかん…5個

水…250g

砂糖…75g

タイム…8~10分

作り方

1.みかんは薄皮と白い筋を取り除きます。

2.小鍋に水と砂糖を入れ火にかけ、砂糖が溶けたら1をほぐして入れ、甘さを確認します。

3.タイムを入れひと煮立ちさせたら、1分煮て火を止めます。

4.タッパーなどに入れ、タイムは除かずそのまま入れておきます。

5.粗熱が取れたら蓋をし、冷凍庫で固め、食べる直前にフォークで崩して完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*とっても簡単に作れるので、おやつの時間にササッと作れるのもGOOD。

*さっぱりみかんをそのままの味を楽しめるので、爽やかな風味が病みつきになります。

クリームブリュレ

フランススイーツの定番、「クリームブリュレ」を作ってみましょう。

材料

卵黄…2個

牛乳…84g

生クリーム…84g

バニラビーンズ…1/2本

砂糖…15g

乾燥ラベンダー…2g

ブラウンシュガー…好みで

作り方

1.ボウルに卵黄と砂糖を入れ、もったりするまで混ぜます。

2.小鍋に生クリーム、牛乳、ラベンダー、バニラビーンズを入れ火にかけ、軽く沸かします。

3.1と2を少しずつ混ぜ合わせていき、網で漉してココット型に流し入れます。

4.150度オーブンで20分湯煎焼きにし、中央がプルプルしてきたらオーブンから出します。

5.冷蔵庫でしっかり冷やしたら、ブラウンシュガーをたっぷりかけ、サラマンダーで炙って、再度例倉庫に入れて完成です。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*サラマンダーがない場合は、魚焼きグリルでもガスバーナーでもOKです。

オレンジュ・ジブレ

見た目もおもしろい、オレンジを使ったジブレというスイーツを作ってみましょう。おもてなしにもおすすめの一品です。

材料

オレンジ…4個

100%オレンジジュース…500ml

砂糖…110g

角砂糖…2個

水…50g

卵白…1/2個分

粉砂糖…適量

ミントの葉…1枝分

作り方

1.ボウルに角砂糖、オレンジジュース、オレンジを絞ったもの、水、卵白、砂糖を入れ混ぜます。

2.アイスマシーンに入れ回し、でき上がったらボウルに入れ冷凍庫へ。

3.オレンジのヘタをカットし、果肉をくり抜き2を入れ、粉砂糖をします。

(参考サイト:フランス料理総合サイト)

*アレンジとして、ホイップした生クリームをのせたり、バニラのアイスクリームを添えても美味しいかも。

*オレンジジュースは必ず100%のものを使って下さいね。

甘酸っぱくて美味しい、食事の後にもおすすめのデザートです。

関連記事

  1. 巻き寿司に挑戦!

    最近初めて寿司を食べたクレールは、自分でも巻き寿司に挑戦しようと決めます。友達のケンジに何が必要か聞…

  2. フランス語で料理を褒める言い方②

    今回はおいしい料理を楽しんだあとに「とてもおいしかった!」という気持ちを伝えるフランス語のいろいろな…

  3. フランスのデザートレシピ

    高級感漂うフランス料理。しかしフランスには、家庭的な料理もたくさんあり、温かく親しみやすい料理があり…

  4. フランスとスイーツ②ショコラの楽しみ

    フランスが愛するスイーツ、ショコラ。世界的ショコラティエが創造性を競うために集うパリ発祥のチョコレー…

  5. フランスの家庭料理レシピ

    家庭で作れる、フランス料理のレシピを紹介しています。春・夏におすすめのオードブル季節別、美味…

  6. フランスの有名グルメ料理特集

    フランス言えば日本では堅苦しい高級なイメージがありますが、本場では庶民的な味の料理もたくさんあり、実…

  7. フランスのスイーツレシピ

    高級イメージの強いフランス。フランスのスイーツも、日本で買うと高いものが多いですね。そんな高級スイー…

  8. フランス語で料理を褒める言い方①

    今回はおいしい料理を味わったときに使いたいフランス語の表現をご紹介します。食事に招待料理上手…

PAGE TOP