フランス語でお買い物

妻の洋服をプレゼント

Bonjours à tous! 皆さん、こんにちは。Comment ça va? お元気でお過ごしですか?

今回のテーマは「妻の洋服を買う」。

フランスといえば、言わずと知れたファッション大国。旅行の記念に、シック chic な洋服を買って帰りたいという方も多いのではないでしょうか。

shutterstock_59652940会話

今回は、フランスに出張した男性がブティック boutique を訪れて妻へのお土産に洋服を選ぶ、そういったシチエーションを見てみましょう。

Kazuhiro:Je voudrais une robe pour ma femme. Voulez-vous m’aider?

売り子:妻に贈るワンピースが欲しいのですが。手伝ってもらえますか?

Vendeuse:Bien sûr, Monsieur. Est-ce qu’il y a quelque chose qui vous plaît?

もちろんです、お客様。どれかお気に入りの服はございますか?

Kazuhiro:Je trouve ceci très chic.

これがとても洒落ていると思うのですが。

Vendeuse: Oui, elle est à la mode. Vous savez sa taille?

ええ、流行の型ですわ。奥様のサイズはご存知ですか?

Kazuhiro:Pas exactement, mais elle est un peu moins grande que vous. Comme ça. Elle n’est ni grosse ni maigre..

正確にはわかりませんが、あなたより少し背が低いです。これくらい。太ってもやせてもいません。

Vendeuse :Alors, je vous conseille la taille au-dessous..

では、ワンサイズ下をお勧めします。

shutterstock_196210322Vocabulaire

(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

  • robe (f) ワンピース、ドレス
  • pour ~のために
  • femme (f) 妻 
  • plaîtplaire  気に入る
  • trouvetrouver 見つける、~と思う
  • chic しゃれた、すてきな
  • à la mode 流行の、流行している
  • taille (f) サイズ、身長 
  • exactement  正確に
  • moins より少なく(劣等比較を作る)
  • conseilleconseiller 勧める
  • au-dessous 下に、下で

shutterstock_284496374今週のポイント

quelque chose qui vous plaît

何か気に入ったもの

関係詞の構文です。quelque chose「何か」が先行詞で、それを主格の関係代名詞 qui が受けている形です。

qui は疑問詞としては「誰(が、を)」の意味ですが、関係代名詞としては、先行詞が人であってもものであっても、主格の関係代名詞は qui です。

la femme qui porte la robe verte

緑のドレスを着た婦人

le livre qui est sur la table

テーブルの上の本

さて、plaît は、s’il vous plaît という表現の中ですでにおなじみになっていると思います。

もともとは plaire「(主語)が(目的語)に気に入る」という動詞のilに対する形(直説法三人称現在)です。

ここでは、qui (=先行詞 quelque chose)が vous に気に入る、という意味です。

目的語が動詞の前に入る上に、ものが主語・人が目的語になっているので、語順がややこしく感じるかも知れませんが、慣れれば大丈夫です。少し練習してみましょう。

La France me plaît beaucoup.

フランスは私にはとても気に入っている=私はフランスが大好きだ

Cet homme ne me plaît pas.

この男は気に入らない

plaire の直説法現在の活用をまとめておきます。

  • je plais 
  • tu plais
  • il plaît
  • nous plaisons
  • vous plaisez
  • ils plaisent

Je trouve ceci très chic.

私はこれがとても洒落ていると思う

trouver は「見つける、~と思う」の意味です。英語の find 同様、「~を…と思う,気づく」という構文を作れます。

Il a trouvé son fils très fatigué.

彼は息子がとても疲れているのに気付いた

sa taille

彼女のサイズ

sa son の女性形で、「彼の」「彼女の」「その」の意味です。ここで女性形になっているのは「彼女」が女性だからではなく、taille が女性名詞だからです。

elle est un peu moins grande que vous.

彼女はあなたより少し背が低い

以前出てきた劣等比較の構文です。moins ~ que…で「…ほど~ではない」の意味になるのでしたね。

Cette robe est moins chère que celle là.

このドレスはあれほど高くない

Ce pays est moins populeux que Japon.

この国は日本ほど人口が多くない

比較表現の積み残しになっている同等比較と最上級について、「今週のお役立ち!」にまとめてありますので、そちらも合わせてご覧ください。

Elle n’est ni grosse ni maigre.

彼女は太ってもやせてもいない

ne …ni~ni…で、「~も…もない」の意味になります。

 Je n’ai ni frères ni soeurs.

私には兄弟も姉妹もいない

Il est ni riche ni pauvre.

彼は金持ちでも貧乏でもない

逆に「1つ大きいサイズ」の場合には au-dessus となります。

shutterstock_164503736今週のお役立ち!

比較の表現(同等比較と最上級)

以前優等比較と劣等比較について説明しましたが、フランス語にも当然同等比較と最上級の表現があります。

同等比較

aussi ~ que…:…と同じくらい~だ

Il est aussi grand que vous.

彼はあなたと同じくらい背が高い

Jeanne est aussi belle que Mireille.

ジャンヌはミレイユと同じくらい美しい

最上級

le(もしくはla、les) plus ~ de…:…で一番~だ

Il est le plus intelligent de la classe.

彼はクラスで一番賢い

Elle court le plus vite de la classe.

彼女はクラスで一番走るのが速い

Ça va le mieux du monde.

世界で一番うまく行っている→最高に上手く行っている

上の例のように、特殊な形になる比較級(ここでは mieuxbien の比較級)でも lelales の定冠詞を前に置くことで最上級になります。

洋服を贈るのって、好みやサイズの問題があって難しいですよね。事前のリサーチが肝心かも。

センスに自信のある方、Bon courage !(がんばって!)

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP