フランス語で会話

フランス語で友達と子供の話

日本もそうですが、フランスでは子供を持つ人達の間では、子供の話は頻繁に耳にする話題の一つです。

また、情報交換の場でもありますから、自分の子供に役立つ情報も入手することができます。このレッスンではそういったシチュエーションを見てみましょう。

フランス語で友達と子供の話

ジュリエットとオドレイは子供について語り合っています。

Juliette : Audrey, tu as fait quoi aujourd’hui ?

オドレイ、今日は何をしたの?

Audrey : Ma fille a joué au piano dans le concert organisé par son école. Je suis allé la voir.

娘が学校主催のコンサートでピアノを弾いたから、それを観に行ったの。

Juliette : C’est chouette ! Alors, c’était bien ?

素敵ね。で、良かった?

Audrey : Elle était tendue au début, mais au bout de 15 minutes, ça a été.

娘は最初は緊張してたけど、15分もしたら良くなったわ。

Juliette : C’est bien. D’ailleurs, elle a quel âge maintenant ?

良かったわね。ところで、今彼女はいくつだっけ?

Audrey : 16 ans bientôt.

もうすぐ16歳よ。

Juliette : 16 ans ! Le temps passe vite !

16歳!時が経つのは早いわね。

Audrey : Oui. Et quel âge a ton fils?

ええ、あなたの子供はいくつ?

Juliette : 18 ans. Il va passer son bac.

18歳よ。バカロレアを受けるの。

Audrey : Ah oui ? Qu’est-ce qu’il va faire après ?

そうなの?その後どうするの?

Juliette : Il va étudier la littérature à la fac. Il aime bien lire depuis qu’il est petit.

大学で文学を勉強するの。小さい頃から本を読むのが好きだったから。

Audrey : Ah, c’est bien ! Il te ressemble, alors. Toi aussi, tu lisais beaucoup quand on était au lycée !

それはいいわね!じゃあ、あなたに似ているわね。高校の時、あなたもよく本を読んでいたから。

Juliette : Toi aussi, tu joues au piano depuis que tu es petite !

あなたも小さい頃からピアノを弾いてるじゃない!

今週のポイント

être tendu

緊張した

動詞 tendre は「張る」という意味ですが、そこから派生した形容詞 tendu は「緊張した」「張りつめた」という意味で使います。

Laetitia : Ça va, Dylan ? Tu as l’air tendu.

大丈夫、ディラン?緊張してるようだけど。

Dylan : Oui, je suis un peu tendu mais ça va. Je passe un entretien pour le travail demain.

ああ、ちょっと緊張してるけど、大丈夫だよ。明日仕事の面接があるんだ。

Laetitia : J’espère que ton entretien va bien se passer !

うまくいくことを願ってるわ!

Dylan : Merci !

ありがとう!

Au bout de ~

〜後に

bout は「端」という意味を持っていますが、au bout de ~ で「〜後に」「(時間が)経ったら」という意味で日常会話でよく使います。

(A la piscine プールで)

Julie : L’eau est froide ! Je ne peux pas rester dans l’eau !

水が冷たいわ!水の中にずっといられないわ!

Guillaume : Au bout de 15 minutes, ça va aller !

15分もすれば、大丈夫だよ!

D’ailleurs

ところで

ailleurs は「他のところ」という意味を含んでいますが、d’ailleurs で「ところで」と話題を変える際に使います。

Bastien : On a bien marché ! Ça va ? T n’es pas trop fatiguée ?

たくさん歩いたね!大丈夫?疲れてない?

Ophélie : Non, pas du tout ! Ça me fait du bien !

いいえ、全然!気持ちがいいわ!

Bastien : D’ailleurs, Benoît est où ?

ところで、ブノワはどこ?

Ophélie : Mince. Il est peut-être perdu…

どうしよう。彼は多分道に迷ったんだわ…。

Le temps passe vite

時間が経つのが早い

temps は「時間」、passer は「過ぎる」を意味し、Le temps passe vite で「時間が経つのが早い」となります。

Fabien : Tu connais Olivier depuis combien longtemps ?

ずいぶん前からオリヴィエと知り合いなの?

Louis : On était dans le même collège. Donc, ça fait 20 ans qu’on se connaît.

同じ中学校にいたから、知り合って20年だよ。

Olivier : Ça fait déjà 20 ans ! Le temps passe vite !

もう20年か!時間が経つのは早いなあ。

Passer

受ける

passer は「(時間が)過ぎる」という意味でよく使われますが、試験や面接などに対して「受ける」という意味でも使います。

Ophélie : Salut Alexandra ! Tu ne veux pas aller au cinéma ce soir ?

こんにちは、アレクサンドラ!今晩映画を観に行かない?

Alexandra : Désolé, mais je ne peux pas. Je passe un concours pour mon violon demain.

ごめん、行けないわ。明日ヴァイオリンのコンクールがあるの。

Ophélie : Ah OK. J’espère que ça se passe bien !

そう、わかった。うまくいくことを願ってるわ!

Alexandra : Merci, Ophélie !

ありがとう、オフェリー!

Bac/baccalauréat

バカロレア

フランスは、基本的に大学入試というものがありませんが、baccalauréat と呼ばれる高校卒業時に受ける試験があります。

この試験に受かると、études secondaires と呼ばれる中等教育終了資格、大学入学資格が与えられます。

日常会話では、しばしば bac と略されて使われます。

Arnaud : Tu as un petit boulot en ce moment ?

最近、バイトやってる?

Thibault : Non, j’ai arrêté. Je passe mon bac. Il faut que je travaille.

いや、やめたんだ。バカロレアを受けるから。勉強しなくちゃ。

Arnaud : Ah OK. Bon courage !

そっか。がんばってね!

Thibault : Merci !

ありがとう!

ジュリエットとオドレイは、子供の話をすることによって、時の早さを実感しています。

フランスは子供とよく会話する親も多く、町では一緒に買い物をする親子もよく見かけます。

しかし、親が決して子供の取る行動に細かく指示を出すわけではなく、暖かく見守る、子供の意志を尊重している面があるからこそ、親子の絆は強いのかもしれません。

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP