現地生活・注意点

フランスの車の制限速度

フランスと日本では交通ルールが違うため、当然制限速度も違います。ではフランスの制限速度は車の場合、いったいどの位なのでしょうか?

時速は何キロ?

今日の花子さんとマリーさんは車でお出かけ。マリーさんの運転で田舎道を走っているようです。

会話

Hanako : Tu roules trop vite… Il vaut mieux rouler un peu moins vite ?

車の速度、早すぎるわよ…もう少しゆっくり走ったほうが良くない?

Marie : Ah bon ? D’ailleurs, je ne dépasse pas la vitesse autorisée.

そう?でも制限速度を超えていないのよ。

Hanako : Oui, je sais. Tu respectes toujours la vitesse.

ええ、わかってるわ。あなたはいつも速度を守っているもの。

Mais comme la route est étroite et avec beaucoup de courbes, j’ai un peu peur…

でも道は狭いしカーブも沢山あるから、ちょっと怖いわ…

Marie : Ne t’inquiète pas. Je roule même à 80 kilomètre par heure.

心配しないで。だって時速80キロで走ってるのよ。

Elle n’est pas rapide, n’est-ce pas ?

早くないでしょ?

ポイント

rouler

rouler」は「転がる」「巻く」などの意味でよく使われますが、「(車が)(人が車で)走る」の意味でもよく使われます。

車以外でも、バイクや自転車など車輪のついている乗り物にも使えますが、人が自分の足で走るときには使えない点に気を付けてくださいね。

dépasser

dépasser」は「追い越す・(限度を)超える」の意味です。

会話中では「la vitesse autorisée 許可された速度=制限速度」について使われていますね。他にも車関係なら「dépasser une voiture (前の)車を追い越す」 というようにも使われます。

courbe

courbe」は「曲線」という意味。会話中では道路のことを話しているので道路の「カーブ」を意味します。

車の制限速度

高速道路

フランスにおける車の制限速度は日本と比べ、大きく上回っていることがほとんどです。高速道路の制限速度は時速130kmですし、それ以外の車専用道路では時速110kmとなっています。

日本の高速道路の制限速度は時速100Kmですから、フランスでは時速10~30Kmも早いことになりますね。

郊外~田舎の道路

車専用道路以外でかつ市街地以外の道路の制限速度は、時速90kmが基本でした。

両側を畑に囲まれ、中央分離帯のないような田舎道でも時速90km…。日本人の感覚では、こんな田舎道でそんなスピードを出して大丈夫なのかと心配になるスピード感です。

そのためか、なんでこんなところで?と思ってしまうようなところで死亡事故が起きることも多く、問題視されていました。

【時速90kmから80kmへ】

交通事故を減らすため2018年7月から、片道1車線で中央分離帯のない道路は時速90kmから80kmに制限される法律が施行されています。

同じ道路でもコロコロ制限時速が変わる場合もあり、そのつもりがなくても時速10kmオーバーで違反切符を切られることもあるようです。

市街地の道路

市街地の道路については時速50kmと、日本の時速60Kmよりもゆっくりになっています。

時速制限以外にも横断歩道に「dos d’âne」という起伏が作ってあることも多く、横断歩道の手前でブレーキを踏ませるようになっています。

ちなみに「dos d’âne」とは「ロバの背中」の意味。横断歩道の起伏の他、状態が悪くボコボコの道なども意味します。

他にも住宅街では、植え込みなどでまっすぐに作れる道をわざとジグザグにしたりなど、スピードが出せないような工夫がされています。

スピード違反に注意

フランスではスピード違反は厳しく取り締まられており、その基準は日本より厳しいようです。

時速10kmオーバーくらいなら大丈夫そうと思いがちですが、10kmもオーバーしているとレーダーに引っかかってしまいますよ。

とはいえ、実際には制限速度よりスピードをだしている車が多いのもフランスの実態です。

流れに乗って運転していると、気が付けばかなりのスピードが出ていた、なんてことになるのでフランスで運転される際は十分に注意をしてくださいね。

※2018年7月の情報です

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP