文化・習慣

フランス式クリスマスツリーの処分は新年に!

毎年生のモミの木を購入することの多いフランス式クリスマスツリーですが、時期の過ぎたモミの木は大きな邪魔物になってしまいますよね。

今回はそんなモミの木がどのように処分されているのかを覗いて見ましょう。

年を越したクリスマスツリー

マリーさんの自宅でお茶を楽しんでる花子さん、居間の片隅のモミの木が気になっているようです。

会話

Hanako : Ecoute Marie, on est déjà début janvier 2018…

ちょっと、マリー、もう今は2018年1月の初めよ。

Tu ne débarrasses pas encore ton sapin de Noël ?

クリスマスツリーをまだ片付けないの?

Marie : Si si, je compte le faire prochainement.

そんなこと無いわ、近々やるつもりだったわ。

De toute façon, je ne peux pas l’amener jusqu’au point de collecte toute seule.

どの道、1人じゃ収集場所まで持っていけないしね。

Hanako : Ah, je me rappelle, ton mari est en voyage d’affaire.

ああ、そういえば旦那さんは出張中だったわね。

Si tu veux, je peux t’aider pour aller le jeter.

よかったら、捨てに行くのを手伝うわよ。

Marie : C’est vrai ?

本当?

Hanako : Oui, bien sûr. J’ai vu un point de collecte juste à coté de chez toi.

もちろんよ。あなたの家のすぐ近くに収集場所があるのを見たわ。

Marie : Merci Hanako. A vrai dire, je commence d’en avoir assez des épines qui tombent !

ありがとう、花子。本当のところ、葉が落ちるのにうんざりしていたのよ!

ポイント

de toute façon

façon」は「仕方・やり方」などを意味しますが、「de toute façon」だと「ともかく・いずれにせよ」の意味になります。

文中のマリーさんは、クリスマスツリーを処分する気はあるが「de toute façon いずれにせよ」夫が出張中の今は1人で処分が出来ない、と言いたいわけですね。

à vrai dire

à vrai dire」は「本当の事を言えば・実を言うと」という意味。本心や真実を打ち明ける表現の前につけて使ってみましょう。

他にも「pour dire vrai」「à dire vrai」という表現も使えますよ。

フランス式クリスマスツリーの処分

処分するのは1月

クリスマスが終わり新年を迎えたフランス人がする事といえば、クリスマス飾りの片付けです。

1月に入ってからクリスマスの片付けなんて、日本人には違和感を感じてしまいますよね。

ところがフランスではクリスマスが終わってからも、クリスマスムードはそのままに、新年もクリスマスツリーと共に過ごすのが一般的だからです。

ほとんどの人は1月上旬にはクリスマス関係のものを片付けますが、人によっては夏になっても出しっぱなしなんてことも!

特に家の外に飾られた(吊るされた)サンタクロースの人形は、忘れられているのか、夏になってもそのままだったりもするんですよ。

処分方法

フランスのクリスマスツリーは伐採された生のモミの木が主流です。当然枯れてしまうので、毎年処分をしなくてはいけませんよね。

でも生の木なんて、どうやって処分すればいいの?と悩んでしまいそうですが、フランスでは誰でも簡単に処分することが出来るのです。

家の近所で処分

家の近所で手軽に処分したいなら「point de collecte des sapins モミの木の収集場所」が便利。

フランスではクリスマスが終わった街なかに、柵で区切られたモミの木専用の収集コーナーが登場します。

パリでは164箇所に設置されており、設置期間中ならいつでも捨てにいけるのが気軽でいいですね。

ただ柵が高く、1人では重いモミの木を中に入れるのが難しい場合があるのが難点です。

お店で処分

販売店によっては、クリスマス時期が過ぎて不要になったモミの木を持って行くと、代わりにお店の商品券と交換してくれることもあります。

もちろん購入時のレシートは必要ですが、ちょっとした一手間で商品券がもらえるのは嬉しいですよね。

回収されたツリーの行方

回収されたモミの木は、細かく砕かれて公園の植え込みなどのマルチングにリサイクルされているようです。

パリで見かける街路樹の足元のマルチングも、もしかしたらクリスマスツリーの変身した姿かも知れませんよ。

*2018年1月の情報です。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP