フランスにおける義理の家族の呼び方

  1. フランス語会話・勉強

配偶者の家族のことを「義理」の家族と言いますが、フランス語ではいったいなんと表すのでしょうか?

家族の集まり

花子さんと会っていたマリーさんですが、週末に備えて今からスーパーにお買い物へ行くようです。

会話

Marie : Oh, il est déjà cette heure-là.

あら、もうこんな時間。

Désolée, mais je dois y aller, il faut aller au supermarché pour ce week-end.  

ごめんね、行かなくっちゃ。週末のためにスーパーマーケットに行かなければならないの。

Hanako : Tu as quelque chose de prévu ce week-end ?

週末に予定があるの?

Marie : Oui, ma belle famille vient nous voir et rester une nuit.

ええ、義理の家族が会いに来て、一晩泊まっていくのよ。

Hanako : Ils sont nombreux ?

人数は多いの?

Marie : Ses parents, son frère et sa sœur, leurs conjoints,  et ses enfants.

両親と兄弟、その配偶者と子供たちね。

Pas mal, non ?

けっこう居るでしょ。

Hanako : En effet. Je te souhaite bon courage.

そうね。がんばってね。

Marie : Merci, Ça ira. Ils sont tous très gentils.

ありがとう、大丈夫よ。彼らはとってもいい人たちだもの。

On partage de très bon moment ensemble.

一緒にとても良い時間を過ごせるわ。

C’est juste un peu fatigant de préparer les repas pour tout le monde… 

ただみんなの食事を作るのが、少し疲れるけどね…

ポイント

quelque chose de prévu

quelque chose」は「何か」、「prévu」は「予定された」という形容詞で 「何かの予定」という意味になります。

文中の様に相手の予定を聞くだけでなく、質問の答えとして「ちょっと予定があるの」などにも使えます。

A : On va au cinéma ce soir ?

今晩、映画を見に行かない?

B : J’aimerais bien, mais j’ai quelque chose de prévu pour ce soir.

行きたいけど、今晩は予定があるんだ。

A : Tant pis, à la prochaine fois.

残念だけど、また今度ね。

ça ira

ira」は「aller」の単純未来ですね。つまり「ça ira」は「ça va 大丈夫」の未来を現す表現です。

近い未来を現して「大丈夫だ」という表現の「ça va aller」と同じような使い方をされます。

A : Il fait nuit, tu ne veux pas vraiment que je t’accompagne ?

(外は)暗いよ。本当に送っていかなくて良いの?

B : Ne t’inquiètes pas, ça ira. Mon appartement n’est qu’à quelques pas de chez toi.

心配しないで、大丈夫よ。私のアパートはあなたの家から直ぐじゃない。

義理の家族の呼び方

義理の~

フランス語で「義理」の家族は「beau/belle」を付けて現します。

  • belle famille 義理の家族
  • beaux parents 義理の両親
  • beau père 義理の父
  • belle mère  義理の母
  • beau frère 義理の兄弟
  • belle sœur 義理の姉妹

甥や姪は義理かどうかは関係なく「neveu 甥」「nièce」と呼ぶことが多いようです。

自分の甥・姪をとはっきり区別したいときは、「un neveu de mon mari 夫の甥」と表現すればOKです。

呼びかけ方

では実際に義理の家族に呼びかけるときは、どういった表現をするのでしょうか?

日本語だと普通に「お父さん・お母さん」、子供が居れば「おじいちゃん・おばあちゃん」などでしょうか。

兄弟なら「~さん」と名前に敬称をつけて呼びますよね。

【フランス式は名前呼び】

フランスで義理の家族に呼びかけるときは、一般的に「名前をそのまま」呼ぶことが多いようです。

歳が近いであろう兄弟はともかく、義理の両親を呼び捨てにするのは、日本人にはなんとも抵抗のある習慣ですね。

家族内でのあだ名があればそちらで呼ぶことも多いようですが、義理の両親を「papamaman」とは呼ばないのが一般的なんですよ。

義理の両親にはtu?vous?

名前に敬称を付けないからといって、話し方まで砕けるとは限りません。

ですので、「tu」か「vous」のどちらを使って話すかは、義理の両親との関係次第です。

最初は「vous」で、そして時の経過と共に砕けて「tu」になる場合や、結婚後何年経っても「vous」で話している人も。

どちらにしても義理の家族とはいえ、気軽にお付き合いをする家族が多いようですよ。

無料体験実施中!フランス語なら、マンツーマンレッスン

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なフランス語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(フランス語勉強)

F10フランス語教室de勉強

フランス語での面接

フランスで仕事を探す場合、共通の知り合いが居るとうまく話が進む場合があります。面接官の学生時代の恩師が、自分の担当教官でもあったなんてケースもありえますよね。このレッ…

365日毎週届く無料のフランス語メルマガ
開く(購読無料)