フランス人のコロナウイルス対策

    1. フランス語会話・勉強

    フランス人はどのように新型コロナウイルス対策をしているのでしょうか。

    今回はフランス政府の提唱する4つの対策を見てみましょう。

    コロナウイルス対策

    フランスでは民間レベルのコロナウイルス対策として、下記の4つの事をするよう、政府がテレビなどで推奨しています。

    ①Lavez-vous très régulièrement les mains ou utilisez une solution hydro-alcoolique

    ②Toussez ou éternuez dans son coude

    ③Utiliser un mouchoir à usage unique puis jetez-les

    ④SI VOUS ÊTES MALADE
    Restez chez vous et porter un masque chirurgical en présence  d’autres personnes

    手洗いについて

    では1つ目の対策をみてましょう。

    Lavez-vous très régulièrement les mains ou utilisez une solution hydro-alcoolique

    頻繁に手を洗う、もしくは消毒液などで消毒しましょう。

    lavez-vous les mains」は「se lever les mains 手を洗う」の命令形、「très régulièrement」は「とても定期的に」つまりは「頻繁に」です。

    utilisez」は「使う」の命令形、「solution hydro-alcoolique」は「水性アルコール溶液」ですが、つまりは除菌用の消毒液やジェルの事ですね。

    フランスで首の痛みを抱えて手を握る女性。

    咳やくしゃみについて

    次の対策は咳やくしゃみについてです。

    Toussez ou éternuez dans son coude

    肘で覆って咳やくしゃみをしましょう

    toussez」は「tousser  咳をする」、「éternuez」は「éternuer くしゃみをする」の命令形です。

    coude」は「ひじ」なので、「dans son coude」は「肘の中で」つまり「肘で口を覆って」の意味。

    咳やくしゃみをするときに肘で口を覆うように指示されるのは、あまり日本では見かけませんよね。

    ところが咳やくしゃみは、*手より肘で口元を覆うようにするのが正しい方法なんだとか。

    確かに手で受けてしまうと、菌の付いた状態であちこち触ってしまう危険が高いので、理にかなっていますね。

    日本ならハンカチやティッシュ、もしくはマスクをしておく方が多いと思いますが、とっさで間に合わない時には、フランスを見習って肘で口をカバーするようにしましょう。

    *参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html

    ティッシュについて

    3つめの対策はティッシュの使い方についてです。

    Utilisez des mouchoirs à usage unique puis jetez-les

    ティッシュを使い、それからそれを捨てましょう

    utilisez」は「utiliser 使う」、「jetez」は「 jeter 捨てる」の命令形です。

    mouchoirs à usage unique 」はそれぞれ「mouchoir ハンカチ/ティッシュ」 「usage 使用」「unique 唯一の」。

    mouchoir」はハンカチとティッシュのどちらも意味するので 「à usage unique」と限定し「ティッシュ」であることを明確にしています。

    そのあとに「 puis jetez-les」と「それから使ったティッシュを捨てましょう」とも指示されていますね。

    それはフランス人は鼻をかむのにハンカチを使う人も多く、鼻をかんだらポケットなどに仕舞ってしまうから。

    ポケットティッシュも紙ナフキンとして使えるほど分厚く、これも一度使って捨てるのではなく、何度も使うのが普通です。

    そのため、フランス政府は鼻をかむのに「ティッシュを使い、それを捨てるように」指示をする必要があるのですね。

    フランスでマスクをかぶってテディベアを抱く少女。

    病気の場合は

    4つ目は病気になった場合はどうすればいいかについてです。

    SI VOUS ÊTES MALADE

    もしあなたが病気なら

    Restez chez vous et porter un masque chirurgical en présence d’autres personnes

    家に留まり、他の人がいるときはサージカルマスクをしましょう

    病院へは行かない

    まず「Restez chez vous 家に留まり」と外出しないように指示しています。

    もしコロナウイルスに感染している恐れがあるなら、病院へ行かずに「SAMU 緊急医療サービス」へ電話をするようにとのこと。

    病気などで体の弱っている人への感染を防ぐためのようです。

    マスクをする

    そしてマスクについて「porter un masque chirurgical en présence d’autres personnes」と述べられます。

    porter」は「身に着ける」、「masque chirurgical」は「サージカルマスク」、「en présence d’autres personnes」は「他の人が居るときは」の意味。

    つまり「病気の時、病気の人が、他の人が居るときにマスクを着ければいい」といっているのですね。

    そしてフランス政府は、予防のために一般の人がマスクを着ける事を推奨しておらず、むしろ「*inutile 役に立たない」との立場です。

    あくまでマスクは既に感染している人や、感染の恐れがある人が、周りにウイルスをまき散らさないように使うもの、だそうですよ。

    *参照:https://www.gouvernement.fr/info-coronavirus

    まとめ

    フランス政府が推奨しているコロナウイルス対策についてご紹介しました。

    他にも、挨拶のビズや握手を控えている、という声もよく耳にします。

    ビズや握手をするのはフランス人にとってとても自然なことなので、これが実は簡単なようで一番難しいかもしれませんね。

    ※2020年3月7日の情報です

    フランス語が話せるようになりたい!
    たった1回の無料体験でフランス語がグンと上達できる

    まずは、無料体験

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスのエッフェル塔の前の手すりに座る若い女性。

    パリの9月の気温

    女心と秋の空と言われるほど、秋の気候は変わりやすいものですが、日本だけでなくパリでも秋のお天気は変わりやすいものです。今回はそんなパリの9月の気温の変化について覗いて…