フランスのCM事情

    1. フランス語会話・勉強

    国が違えば好まれるCMも違い、外国のCMを見て違いを発見するのも楽しいものですよね。おしゃれなイメージなフランスのCMは、やはりおしゃれなのでしょうか?

    今回はそんなフランスのCMについて覗いてみましょう。

    CMのあの人

    今日の花子さんとマリーさんは街をお散歩中。マリーさんは街で見かけた男性が気になるようですが…?

    会話

    Marie: Regarde, l’homme qui est là-bas, je crois l’avoir déjà vu dans une publicité à la télé.

    見て、あそこにいる男性、テレビのCMで見たことがある気がする。

    Hanako: Où ça? … Je ne sais pas… Je ne regarde pas beaucoup la télé.

    どこ?…さぁ…テレビをあまり見ないから分からないわ。

    En plus, il n’y a quasiment personne de connu dans les publicités françaises.

    それに、フランスのCMって有名人がほとんどいないでしょ。

    Marie: C’est vrai. À part quelques pubs comme les parfums, ils sont inconnus.

    そうね。香水みたいないくつかのCMを除いたら、無名よね。

    Hanako: N’est-ce pas? Au japon, on choisit souvent des acteurs et des chanteurs connus pour les publicités de marques.

    そうでしょ。日本だと、ブランドのCMには有名な俳優や歌手を起用するのよ。

    On aime bien aussi des athlètes médaillés. 

    メダルを取ったスポーツ選手も好きね。

    Marie: Des athlètes, il y en a de temps en temps en France aussi, comme des judoka, ou des rugbyman.

    スポーツ選手はフランスでも出るわね。柔道やラグビーの選手とか。

    Hanako: Des nageurs aussi. Vous aimez les personnes plutôt musclées…?

    水泳選手なんかも出るわね。フランス人って筋肉質な人が好きなのかしら…?

    Ah, il y a aussi des autres différences entre le Japon et la France.

    ああ、日本とフランスのCMの間には、他にも違いがあるわ。

    Marie: Comme quoi?

    例えば?

    Hanako: Elles sont souvent avec des images sexy, et aussi c’est très ouvert aux problèmes quotidiens des femmes!     

    セクシーなイメージのものが多いわよね。それに、女性の悩み事にもとてもオープンだわ。

    フランスにある女性が映る古いテレビ。

    ポイント

    publicité

    publicité」は「宣伝・広告」の意味。「テレビのコマーシャル」は「publicité à la télevision」です。

    日常会話では「pub」と短縮されることも多いです。

    marque

    marque」は「印」や「ブランド・メーカー」を意味します。

    服飾関係の有名な高級ブランドも、スーパーに並ぶお菓子や洗剤のメーカーも、フランス語では「marque」と一括りに…。分かりにくいので、高級ブランドは「grande marque」と呼ばれ区別されています。

    スーパーなどで「marque」という場合は、その製品の代表的なメーカーを指すことが一般的です。そのスーパーのプライベートブランドなどの安めの類似品では無い物、という感じですね。

    会話中では「ブランド」と訳していますが、その業界における代表的なメーカーというニュアンスです。

    フランスで映画の拍子木を持った女性。

    フランスのCMの特徴

    日本とは違うフランスのCMの特徴を見てみましょう。

    有名芸能人が出演しない

    日本のCMには芸能人がたくさん出演しています。CMを見るだけで、その時に誰が人気なのかが分かるくらいですよね。

    ところがフランスのCMには有名な芸能人ほとんど登場しません。「grande marque」の香水のCMには、世界的に有名な俳優が起用されることも多いですが、それ以外はほぼ無名の人ばかりです。

    スポーツ選手が起用されることは日本と同様に多いですが、見かけるのは 「judoka 柔道の選手」や「rugbyman ラクビーの選手」「nageur 水泳選手」など。サッカー選手やテニスの選手も人気があるようです。

    セクシーなCMが多い

    フランスのCMは、とにかくセクシーなものが多いのも特徴です。

    キスシーンはもちろん、男女のベッドシーンを想像させるものなど、日本人の感覚では子供に見せていいの…?と思ってしまう物が多々あります。

    アイスクリームのCMでも、子供向けでない高級路線ものもはセクシー路線。朝食のシリアルのCMなのに、男女が一夜を過ごした翌朝をイメージさせるCMなども!

    セクシーなわけではないですが、ボディソープやボディ用クリームのCMでは、裸のイメージもよく目にします。もちろん局部は隠れていますが、CMでこんなに露出してOKなんだ、とカルチャーショックを受けてしまいます。

    女性の悩みにオープン

    生理用品や局部のかゆみ、更年期の体調不良や尿漏れなど…女性特有の悩みは日本もフランスも同じでしょう。

    違いはフランスのCMは女性の悩みにオープンであること。そして、年齢を重ねた女性向け商品のCMであっても、セクシーな女性が登場することです。

    快適に過ごせますよというだけではなく、その商品を使うことで女性らしくセクシーなままでいられるということをアピールしています。

    爽やかさや健康的なイメージをアピールする日本とは、女性が求めるものも違うのがうかがわれますね。

    まとめ

    フランスと日本のCMの違いをご紹介しました。他にもフランスのCMにはイメージの美しさを重視したものが多いなど、日本のCMとは違った良さもあります。

    フランスでテレビを見る時は、CMの違いから文化の違いを感じ取ってみてくださいね。

    ※2020年11月の情報です。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスの雰囲気を感じさせる、夜の駐車場にある誰もいない看板。

    フランスの野外映画祭

    フランスは映画が盛んな国です。カンヌ映画祭は日本でも有名ですが、毎年大小の映画際が各地で開催されています。また、パリでは夏に野外映画祭も開かれ、毎年多くの人が集います…