フランス語(チョコレート屋で買い物)

  1. フランス語会話・勉強

フランスには有名チョコレート屋が多く、せっかくだからフランス土産に好みのチョコレートを買って帰りたいと思う人も多いですよね。

今回はそんな人に向けて、フランスのチョコレート屋でスマートに買い物をする方法を見てみましょう 

チョコレートを1箱ください

今日の花子さんはプレゼント用のチョコレートを買いに、チョコレート屋さんに来ているようです。

会話

Vendeur : Bonjour, je peux vous aider ?

販売員:こんにちは、お手伝いしましょうか?

Hanako: Bonjour, oui, s’il vous plaît. 

こんにちは、はい、お願いします。

Je voudrais une boîte de chocolats pour offrir. 

プレゼント用にチョコレート1箱欲しいんです。

Vendeur : Ici, il y a des assortiments de ballotins. 

こちらにチョコレートを詰め合わせた箱があります。

DIx, vingt-cinq, cinquante euros.

10,25,50ユーロです。

Hanako : Je préfère choisir des chocolats. Il est un peu difficile pour le goût. 

チョコレートを自分で選びたいです。彼はちょっと味の好みにうるさくて。

Vendeur : Sans problème. Avez-vous une idée de la taille de la boîte?

もちろんです。箱のサイズはもう決めていらっしゃいますか?

Nous avons 250g,500g et 1kg.

250g、500g、1㎏の箱があります。

Hanako : 500g , s’il vous plaît.

500gのをお願いします。

Vendeur : Entendu. Alors, de ce côté, il y a des chocolats pralinés, de ce côté-là, des chocolats au coulis de fruits, et de ce côté, il y a des truffes.

わかりました。さて、こちらにはプラリネのチョコレート、こちらには果物のピュレ入りチョコレート、こちらにはトリュフがあります。

Hanako : Vous mettez seulement du chocolat noir. Et plus de chocolats au coulis et truffes avec alcool, et un peu de chocolats pralinés, s’il vous plaît.

ブラックチョコレートだけ入れてください。そして、ピュレ入りとアルコール入りのトリュフを多めに、プラリネのチョコレートは少しだけでお願いします。

Vendeur : (en montrant des chocolats choisies) Comme ca?

 (選んだチョコレートを見せながら)いかがでしょうか?

Hanako : C’est très bien, merci. Je voudrais aussi un petit sachet de chocolats pour moi.

これで良いです。ありがとう。自分用に小さな袋入りのチョコレートも欲しいです。

Vendeur : Quel est votre préféré? Voulez-vous le goûter?

あなたのお好みはどれですか?そのチョコレートを味見しますか?

Hanako : Je veux bien ! 

お願いします!

フランスをイメージした女性が、カゴにチョコレートを丁寧に入れています。

ポイント

une boîte de chocolats 「チョコレート1箱」

une boîte de chocolats」は「チョコレート1箱」の意味。1箱の中にいくつものチョコレートが入っているので「chocolats」と複数形になります。 

assortiment「つり合い、一そろい、盛り合わせ料理」

assortiment」は「つり合い、一そろい、盛り合わせ料理」などの意味がありますが、ここでは「チョコレートの詰め合わせ」の意味です。

 ballotin「組み立て式の紙の箱」

ballotin」はチョコレートやお菓子などを入れる「組み立て式の紙の箱」のこと。薄めの厚紙でできたもので、中仕切りがありません。

しっかりした厚紙でできているチョコレート用の箱は、普通に「boîte 箱」や「coffret 小箱」と呼ぶことが多いようです。

praliné「ナッツ類のペースト」

praliné」はチョコレートに関する場合は「ナッツ類にキャラメル状の砂糖を加えてペースト状にしたもの」です。

チョコレート以外だと、ペースト状になっていない「ナッツのキャラメル掛け」のお菓子を意味します。

chocolat noir「ブラックチョコレート」

noir」は「黒」。「chocolat noir」は「ブラックチョコレート」のことです。

他のチョコレートは「chocolat au lait ミルクチョコレート」「chocolat blanc ホワイトチョコレート」と呼びます。

フランスのパン屋でチョコレートの陳列を眺める女性。

フランスで好みのチョコレートを買う方法

好みのチョコレートを選ぶ

フランスの「chocolatier チョコレート屋」に行くと、ずらっと並んだチョコレートに目を奪われます。せっかくだから、既に箱に詰められたものでなく、自分好みのチョコレートを選んでみたくなりますよね。

そんな時は「je voudrais choisir des chocolats チョコレートを選びたいです」と伝えましょう。トレーとトングを持った販売員が、チョコレートの種類の紹介をしてくれます。

1つずつ好みのチョコレートを選んでも良いですし、花子さんのように大まかな好みを伝えても良いでしょう。

箱や袋を選ぶ

大まかな好みで詰めてもらう場合は、最初にチョコレートの量を指定しておくと良いですね。「ballotin」の場合は個数ではなく重さ、しっかりした箱の場合は個数で指定することが多いです。

そのお店がどのタイプかわからなくても大丈夫。「environ 〇g /〇€ 大体〇グラム/〇ユーロ」と伝えれば、希望に近いものを提示してもらえます。

箱ではなく少量買いたいなら「Vous avez un sachet ? 小袋はありますか?」というと出してくれます。

sachet」や「ballotin」は無料のことが多いですが、しっかりした蓋付きの箱の場合は箱代が必要です。

箱入りのチョコレートを見て高い!と思っても「sachet」や「ballotin」に入れてもらうとそれほどでもないこともあるので、値段チェックしてみてくださいね。

味見をする

たくさん買ってくれそうな客の場合は 「Qu’est- ce que vous voulez goûter? どれを味見しますか?」と好みのチョコレートを聞いて、一粒丸ごと味見させてくれることも!

好みを聞いてくれない場合でも、いくつかのチョコレートが乗ったトレイを差し出されることもあります。

どちらにしてもフランス語が分からないと、日本で数百円もするチョコレートを一粒丸ごと味見させてもらえるとは思わず、えっ?いいの?別料金?と戸惑ってしまいそうですね。

まとめ

フランスのチョコレート屋さんで好みのチョコレートを買う方法をご紹介しました。

フランス語に不安があると、無難に「assortiment」に手を伸ばしがちですが、いくつか単語を覚えておけば、好きなチョコレートを好きな量だけ買うことができますよ。

使えるフランス語をカフェで習得
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

フランスの優雅さをイメージした女性が花屋で花を生けています。

フランスで花束を購入

フランスでは花を贈る機会がたくさんあります。ディナーに招待された場合や、カップルや家族の記念日、はたまた喧嘩した恋人へ仲直りの花束など…今回はそんなフランスで、…