フランスの求人に応募する

    1. フランス語会話・勉強

    求人に応募する

    *シチュエーション◎ 求人に応募する

      Bonjour, chers amis! こんにちは、みなさん。Comment allez-vous?ご機嫌いかがですか?

      以前にこのメルマガで求人広告を扱いましたが、いざ気になるポストが見つかったら詳細を問い合わせて応募しなくてはなりません。今回はそういうシチュエーションを見てみましょう。

    Taro:J’ai vu votre annonce dans le journal et je suis intéressé par ce poste. Puis-je poser quelques questions?
    Homme:Bien sûr. Allez-y.
    Taro:C’est une poste temporaire ou à durée indéterminée?
    Homme:Temporaire.
    Tato:De combien est le salaire?
    Homme:10 Euros de l’heure.
    Taro:Est-ce que j’aurai des frais de déplacements?
    Homme:Non, ils sont inclus dans salaire.
    Taro:Quand voulez-vous que je commence?
    Homme:Dès que possible. Quand pouvez-vous commencer?
    Taro:N’importe quand.
    Homme:Envoyez votre CV. Vous avez le permis de travail?

    Vocabulaire(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)
    annonce (f) 知らせ、通知、広告
    journal(m) 新聞、定期刊行物
    poste (f) 職、地位、ポスト
    poser   置く、提出する
    temporaire 臨時の、一時的な
    durée(f)  持続期間
    indéterminé 不確定の、不明確な
    salaire (m) 給与、賃金、サラリー
    frais (m、複数扱い) 費用、経費
    déplacement (m) 出張、通勤、旅行
    inclus<inclureの過去分詞  含まれた
    dès ~から
    envoyer 送る
    CV (m)=curriculun vitae   履歴書
    permis (m) 許可証

    **和訳

    ”太郎:”新聞で広告を拝見して、このポストに興味を持っています。いくつか質問してよろしいですか?
    ”男性:”もちろんです、どうぞ。
    ”太郎:”これは常勤のポストですか、非常勤ですか?
    ”男性:”非常勤になります。
    ”太郎:”給与はおいくらですか
    ”男性:”時給10ユーロです。
    ”太郎:”交通費は支給されますか?
    ”男性:”交通費は給与に込みです。
    ”太郎:”いつからの勤務をご希望ですか?
    ”男性:”なるべくはやい方がありがたいです。いつから始められますか?
    ”太郎:”いつでも大丈夫です。
    ”男性:”ではまず履歴書をお送りください。労働許可はお持ちですか?

    **今週のポイント

    -Allez-y:「どうぞ!」

      間投詞的に使って、「さあ、おやりなさい!」のように促す、強く勧める語感です。

    -à durée indéterminée?:「常勤の」

      英語でいうpermanentと同じです。temporaireと並んで前のune posteを修飾している句です。

    -de l’heure:「時給」

      実は、私の手持ちの辞書にはà l’heureとして見出しがある(そしてde l’heureの見出しはない)のですが、インターネットなどで実際の用例を見ると、de l’heure の方が普通に用いられているようです。

    -ils sont inclus dans salaire.:「それは給与に込みになっている」

      ilsは前の行のdes frais de déplacementsですね。平たく言えば、別に交通費は出ない、ということで、Il sont à votre charge.「それはあなたのご負担です」という言い方も出来ます。

    -Dès que possible:「なるべく早く」

      英語のas soon as possibleですね。
    ”Ex.” Je vous contacte dès que possible. 「なるべく早くご連絡します」

    -N’importe quand.:「いつでも」

      N’importe +疑問詞で、英語のany ~のような意味になることをは以前にもご紹介していますが、その用法です。
    ”Ex.” J’irai n’importe où. 「私はどこにでも行きます」

    **今週のお役立ち!:求職で使いそうなその他の表現

    -Avez-vous de l’expérience dans ce domaine? 「この分野でご経験はおありですか」
    -Votre ancien salaire était de combien?      「前職の給与はいかほどでしたか」
    -Il y a une période d’essai de trois mois       「3か月間の試用期間があります」

      欧米の履歴書、CVは日本のようにある程度決まったフォーマットがあるわけではなく、好きなように書けばよく、逆にその職にアピールするように書かなくてはなりません。求職者にとっては最初の難関ですが、自分とポストをよく考えるにはよいステップのように思います。会社によってはun formulaire de candidatureと呼ばれる、一種のエントリーシートのようなものがある場合もあります。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    ピンクの背景にベレー帽をかぶった女性。

    フランス語での依頼

    セリーヌは仕事でしばらく家を空けるため、ソフィーに植物の世話をお願いします。世話が比較的難しくない植物もありますが、あまり水をあげすぎるのも良くないなど、いくつか注意…