シチュエーション~フランスのインテリア

    1. フランス語会話・勉強

    フランス人はよくカップルで買い物をしますが、時には買いたい物をめぐって、もめることもあります。

    女性はなかなか強気です。このレッスンでは、そういったシチュエーションを少し覗いてみましょう。

    インテリアの買い物

    ClaudineFranckは新しく引っ越したアパートのために、家具を買いにインテリアショップに来ています。

    Claudine : Regarde. Il est joli, ce canapé !

    見て、このソファ、すごくかわいい!

    Franck : Oui, mais je pense qu’il est trop petit.

    うん、でも、ちょっと小さいと思うよ。

    Si on veut pouvoir inviter des amis, il nous faut au moins un canapé 3 places…

    友達を招きたかったら、3人掛けのソファは必要だと思うな。

    Claudine : Ah… Et, qu’est-ce que tu penses de celui-là ?

    そう、じゃあ、このソファはどう思う?

    Franck : Euh, il fait un peu snob, non ?

    うーん、ちょっと上流階級気取りな感じがしない?

    Claudine : Ah, celui-là, il est parfait ! Il est joli et il est de la bonne taille.

    あ、これは完璧だわ!かわいいし、サイズも丁度いいわ。

    Franck : Mmm… Ouai… Il est un peu cher, non ?…

    うーん、そうだね…。ちょっと高くない?

    Claudine : Tu n’as pas eu une promotion au travail ? Tu es plus payé maintenant, non ?

    でも、あなた昇進したじゃない?給料も上がったでしょ?

    Franck : Oui, j’ai eu une promotion mais en fait je ne trouve pas ce canapé incroyable…

    うん、そうだけど、このソファはすごくかわいいとは思わないんだ…。

    Claudine : Pfff ! Tu es toujours aussi critique !

    もう!いつも批判ばかりなんだから!

    Franck : Heu…

    だって…。

    Claudine : Bon, moi il me plaît, je le prends, je le paye.

    もういい、これ気に入ったから買うわ。私が払うから。

    Franck : Claudine ne le prend pas comme ça. Si ce canapé te plait vraiment, on l’achète ensemble.

    クローディーヌ、悪い風に取らないでよ。本当にこのソファが気に入ったんだったら、一緒に買おうよ。

    C’est ce qu’on avait dit au début.

    最初からそう決めてたんだから。

    Claudine : Tu es sûr ?

    本当に?

    Franck : Oui oui !

    ああ、もちろん!

    Claudine embrasse Franck クローディーヌはフランクにキスをして

    Claudine : Merci mon chéri ! Ce canapé me plaît beaucoup !

    ありがとう、私の愛しい人!このソファがすごく気に入ったの!

    Franck sourit et prend Claudine dans ses bras フランクは微笑んでクローディーヌを抱きしめて

    Franck : Si ce canapé te plaît à ce point-là, je serais très content de te l’offrir. Tu es d’accord ?

    そんなにこのソファが気に入ったんだったら喜んでプレゼントするよ。いいかい?

    Claudine : Vraiment ? Merci beaucoup !

    本当?ありがとう!

    今週のポイント

    Snob 上流階級気取り

    フランスでタバコを吸うスーツ姿の男性 2 人。

    snobは、紳士気取りの人を指しますが、物や行動を形容する際にも否定的なニュアンスで使います。

    Hervé : En ce moment, j’aime bien jouer au golf.

    最近、ゴルフにハマってるんだ。

    Odette : Ah non, je n’aime pas ça ! Ça fait snob !

    やだ、わたしは嫌い!上流階級気取りみたいだもの。

    Etre payé 給料をもらう

    payerは、主に「支払う」という意味を含んでいますが、salaire「給料」などの目的語を伴わずとも、être payéで「給料をもらう」となります。

    また、「給料がいい(悪い)仕事」は、travail bien(mal) payéとなります。

    Sylvain : Marine, tu as trouvé un travail ?

    マリーヌ、仕事見つかった?

    Marine : Oui ! J’ai commencé à travailler depuis la semaine dernière.

    ええ!先週から働き始めたの。

    Ce n’est pas bien payé, mais je suis content d’avoir trouvé un travail !

    給料はあまり良くないんだけど、仕事が見つかってよかったわ。

    Sylvain : Cool ! Bon courage !

    良かった!がんばってね!

    Toujours aussi critique 批判ばかりしている

    critiqueは「批判的な(形容詞)」、「批判(名詞)」という意味があります。

    日常会話では、toujours aussiを伴って、toujours aussi critique「批判ばかりしている」と否定的なニュアンスでも使います。

    Martine : Dis, ça te dit d’aller voir ce film ?

    ねえ、この映画、観に行かない?

    Christophe : Non, je ne trouve pas ce réalisateur incroyable.

    いや、この監督は大したことないと思うよ。

    Martine : Tu es toujours aussi critique ! Tu n’es jamais d’accord avec moi !

    あなたいつも批判ばかりなんだから!一度も私と意見が合ったことがないわ!

    Christophe : Non, mais…

    いや、でも…。

    quelque chose/quelqu’un plaire à quelqu’un  (誰か)が(誰か/何か)を気に入る

    フランス人のウェイターが人々のグループに飲み物を提供します。

    plaire「気に入る」は、気に入った物や人を主語において使います。

    また、「私はこの車が気に入った。」Cette voiture me plaît. など、日本語では過去形でも、気に入っている状態が現在でも続いていれば、現在形で使います。

    (au café カフェで)

    Fabienne : T’as vu ce serveur ? Il est beau, non ?

    あのウェイター、見た?格好良くない?

    Élodie : Ah bon ? Moi, je ne le trouve pas.

    そう?私はそう思わないわ。

    Fabienne : Ah oui? Moi, il me plaît beaucoup !

    Ce qu’on avait dit 決めていた事柄

    direは「言う」という意味ですから、ce qu’on avait ditを文字通りに訳すと、「私達が言っていた事柄」となります。

    そこから転じて、「決めていた事柄」となります。

    Colette : Tu fumes encore ! Tu arrêtes de fumer. C’est ce qu’on avait dit hier, non ?

    またタバコ吸ってる!タバコやめるって、昨日そう決めたわよね?

    Georges : Ah, pardon… J’arrête…

    あ、ごめん…。やめるよ…。

    À ce point-là それほどまでに

    pointは「ポイント」、「点」という意味ですが、「程度」という意味も含んでおり、à ce point-làで「その程度まで」、転じて「それほどまでに」と副詞的に使います。

    Stéphane : Pourquoi tu travailles à ce point-là ?

    どうしてそんなに働くんだい?

    Thierry : Parce que je veux acheter une nouvelle voiture !

    新しい車が欲しいからだよ!

    このようにお店でカップルがちょっともめている光景は、フランスではあまり珍しくありません。

    男性がいつも優勢かといえば決してそんな事はありません。Claudineのように男性に対して強気な女性もいます。

    フランス人女性の魅力の一つと言ってもいいでしょう。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます