フランス語で学ぶ!仕事に必要な資料の探し方

    1. フランス語会話・勉強

    トマは仕事に使う資料を探しています。クレールによれば、会社に資料室があるみたいですが、トマはどこにあるのか知りません。

    このレッスンでは、仕事に使う資料を探す、そういったシチュエーションを見てみましょう。

    トマとクレールは仕事に使う資料について話しています。

    フランスから来た 2 人のビジネスマンがオフィスのテーブルで話しています。

    フランス語会話

    Thomas : Claire, tu es occupée? On peut parler 5 minutes? 

    Claire : Oui, bien sûr. Je viens de rentrer du rendez-vous avec mon client.

    Thomas : Ça s’est bien passé? 

    Claire : Oui. Je travaille pour lui depuis longtemps.

    Thomas : Cool. Moi, je cherche des références pour le développement d’un nouveau produit. Mais je ne sais pas où je peux les trouver. 

    Claire : Tu sais, il y a une salle de documentation.

    Thomas : Ah bon? Je ne savais pas. 

    Claire : Elle est au cinquième étage. Moi, j’y vais souvent. Tu pourras sûrement trouver des documents utiles. Il y a des ordinateurs là-bas. Tu peux consulter le catalogue.

    Thomas : Merci. Je vais y aller maintenant. 

    Claire : Tu veux que je vienne avec toi?

    Thomas : Non, ce n’est pas la peine. Merci!

    和訳

    トマ : クレール、忙しい?5分ぐらい話してもいい?

    クレール : ええ、もちろん。クライエントとの打ち合わせから戻ってきたところなの。

    トマ : うまくいった?

    クレール : ええ。前から一緒に仕事してるからね。

    トマ : 良かったね。僕は、新製品の開発に参考資料を探してるんだけど、どこを探したらいいかわからないんだ。

    クレール : 資料室があるわよ。

    トマ : そうなんだ?知らなかったよ。

    クレール : 資料室は5階よ。私は良く使うわ。きっと役立つ資料が見つかるわよ。パソコンもあって、カタログが見られるの。

    トマ : ありがとう、今すぐ行ってみるよ。

    クレール : 一緒に行こうか?

    トマ : いや、大丈夫だよ。ありがとう!

    今週のポイント

    という言葉が書かれた紙がフランスでそれを実現します。

    Se passer : 起こる、行われる

    passer には「通る」、「過ぎる」といった意味が含まれますが、

    se passer は、物事が「起こる」、「行われる」という意味で使います。

    Rémi : Salut Lucie! Ça va? 

    Lucie : Oui, ça va. Et toi?

    Rémi : Ça va bien, merci. Ton entretien s’est bien passé? 

    Lucie : Oui, j’étais très tendue, mais ça a été.

    Rémi : Cool!

    Rémi : やあルシー!元気?

    Lucie : ええ、元気よ。あなたは?

    Rémi : 元気だよ、ありがとう。面接はうまくいった?

    Lucie : ええ、緊張したけどうまくいったわ。

    Rémi : そいつは良かった!

    昔、こんな文字が書かれたフランスのタイプライター。

    Depuis longtemps : ずっと前から

    longtemps は「長い間」を意味する副詞で、depuis longtemps で「ずっと前から」という意味で使います。

    Romain : J’ai vu Maxime hier.

    Julie : Il va bien?

    Romain : Oui, je suis content de l’avoir vu. On se connaît depuis longtemps.

    Julie : Cool!

    Romain : 昨日、マキシムに会ったんだ。

    Julie : 元気だった?

    Romain : ああ、会えてよかったよ。昔からの知り合いだからね。

    Julie : 良かったね!

    フランスブルーの壁と黄色の家具を備えたリビング ルーム。

    Salle de ~ : 〜室

    salle は「部屋」という意味を含む名詞で、本文にもある salle de documentation「資料室」のように、

    salle de ~”で「〜室」という意味で使います。

    Corentin : Fanny, il y aura une réunion aujourd’hui.

    Fanny : D’accord. À quelle heure?

    Corentin : Tu viendras à la salle de réunion à 10h? 

    Fanny : D’accord.

    Corentin : ファニー、今日会議があるよ。

    Fanny : わかった。何時?

    Corentin : 10時に会議室に来てくれる?

    Fanny : わかったわ。

    フランスでエスカレーターを歩く二人。

    Étage : 階

    étage は、「階」を意味します。日本と違い、「1階」は rez-de-chaussée となり、

    première étage は「2階」となることに注意しましょう。

    Quentin : Tu vas faire quoi ce weekend? 

    Sarah : Je vais déménager.

    Quentin : Tu vas déménager où?

    Sarah : J’ai trouvé un joli appartement dans le 15e arrondissement.

    Quentin : Cool! 

    Sarah : Oui, mais mon appartement est au cinquième étage, pas d’ascenseur…

    Quentin : 今週末、何するの?

    Sarah : 引っ越しするの。

    Quentin : どこに引っ越すの?

    Sarah : 15区に素敵なアパートを見つけたのよ。

    Quentin : いいね!

    Sarah : ええ、でもアパートは6階にあってエレベーターがないの…。

    フランスから来た、OKサインを出す白いシャツを着た男性。

    Ce n’est pas la peine. : それにはおよばない。

    peine は、「苦しみ」、「悲しみ」を含む名詞で、ce n’est pas la peine で、「それにはおよばない」という意味で使います。

    ce n’est pas la peine de ~ または ce n’est pas la peine que ~ と、動詞または節を伴って使うことができます。

    Louis : Tu as l’air très occupée. Tu as besoin d’aide? 

    Audrey : Non, ce n’est pas la peine. Je vais bientôt terminer. Merci.

    Louis : Bon courage!

    Louis : 忙しそうだね。手伝おうか?

    Audrey : いいえ、大丈夫よ。もうすぐ終わるから。ありがとう。

    Louis : がんばって!

    勉強や仕事においても参考資料を集めることは一つのメソッドとして重要な位置を占めています。

    インターネットももちろん大事なリソースですが、時には図書館や資料室などに足を運ぶのも重要ですね。

    フランス語が話せるようになりたい!
    たった1回の無料体験でフランス語がグンと上達できる

    まずは、無料体験

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます