コミュニケーション

フランス語で男ゴコロを読み解く!①好きなようにすればいいよ

Bonjour, chers amis! こんにちは、みなさん。Comment allez-vous? ご機嫌いかがですか?

「男性は一般に、女性より口数が少ないものですし、言葉で言っていることと思っていることが違っていることもしばしば。カギとなるフレーズをいくつか分析してみましょう」とあるサイトを発見しました。

男ゴコロの分析

本文

日本人男性に比べればまだ自己表現が上手そうに思われるフランス男性がどんなふうに「分析」されるのか?ちょっと覗いてみましょう。

Contexte : Vous demandez à Jules s’il préfère que vous alliez faire les courses demain soir ou après-demain

状況:あなたはジュール(夫の名)に、買い物をするのは明日の夜がいいか明後日がいいかと尋ねます。

parce qu’il est hors de question que vous portiez tout toute seule encore cette fois.

だってまた今回も自分一人で荷物を運ぶのは問題外だからです。

Il regarde la télévision et vous lance cette tirade : “Comme tu feras, ce sera bien.”

夫はテレビを見ていて、こう言い放ちます。「君の好きにすればいいよ」

Vous pensez : Ok, il me fait confiance.

あなたの思い:OK,彼は私を信頼してくれているのね。

En réalité, il pense : Je m’en fous complètement, quoi qu’il arrive, ça ne changera pas ma vie.

夫の本音:どうでもいいことさ。どっちに転ぼうと僕の人生に関係ないね。

Que faire ?

どうすれば?

Vous acceptez cette réponse même si elle est méprisante.

人を喰った答えでも、あなたはこれを受け入れてください。

Mais vous lui demandez alors de promettre de ne pas revenir sur sa décision avec une phrase du style : “J’ai carte blanche alors ?”

けれど、「じゃ、白紙委任ってことでいいのね」と念押しして、前言撤回しないよう迫りましょう。

Et hop, l’affaire est dans le sac!

これでこの件は一件落着です!

S’il réagit par un “oui, mais”, alors lancez le débat pour éviter les représailles postérieures.

もし彼が「うん、だけど」と言い出したら、後々のトラブルを避けるため、話し合いに入りましょう。

Vocabulaire

(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

  • alliezaller の 接続法現在 vous の形
  • hors ~の外に(の)
  • seule ひとりでに、助けなしで
  • tirade(f) 長い演説、長ぜりふ
  • confiance (f) 信用、信頼
  • m’en fousse foutre 馬鹿にする、無視する
  • méprisant 軽蔑的な、傲慢な
  • promettre 約束する
  • revenir sur 引き返す、立ち戻る
  • carte (f) blanche 白紙委任状
  • hop それっ、さあ
  • réagir ~に反応する、反応を示す
  • débat (m) 論議、討論
  • éviter 避ける
  • représailles (f,pl) 復讐
  • postérieures より後の

shutterstock_179210660今週のポイント

il est hors de question que ~:~は問題外だ

最初の il は英語でいう仮主語で、que 以下が主語の内容になります。また que の節の動詞 portiez は、porter という動詞の接続法という形になります。

Il est hors de question qu’elle sorte si tard.

こんなに遅くに彼女が外出するなんて問題外だ

Je m’en fous:そんなことどうだっていい/知ったことか

この形で成句です。覚えておくと意外と役に立つかも?

quoi qu’il arrive:何が起きようと

quoi que ~ で「何を~しようと」の意味です。que の節の中の動詞は、やはり接続法になります。

Je partirai quoi qu’il arrive.

何が起きようと出発します。

l’affaire est dans le sac :その件は成功間違いなしだ

直訳すると「その件は袋の中にある」ですが、口語的な表現で、上のような意味になります。

今週のお役立ち!:接続法について少し 

「今週のポイント」の、il est hors de question que ~quoi qu’il arrive の項のなかで「接続法」というのが出てきました。これは、

意志・願望・疑惑・感情などを表す動詞・形容詞によって導かれる節

目的・条件・譲歩・仮定・時間的関係などを表す副詞節

などのなかで使われる形で、多くは、直説法現在3人称複数(ilsの形)の語幹+-e, –es, –e, –ions, –iez, –ent の形を取ります(例外的に不規則活用をする動詞もあります)。

例文を見てみましょう。

Je suis heureux qu’il vienne.

彼が来てくれて嬉しい

Je l’aime qu’il soit pauvre.

貧しいけれど私は彼が好きだ

(緑色部分が接続法。soit être の接続法現在の形)

なかなかつかみにくいとは思いますが、自分でその形を使いこなすというよりは、まずは出てくる文章の中の que の節の中で見慣れない形の動詞が出てきたら、あれか?と思っていただける程度でいいです。

それにしても、国や国民性は違っても異性の言葉の真意をつかむのはなかなか難しいんですね。。。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめフランス語レッスン

最近のフランス語レッスン

PAGE TOP