フランス料理のオードブル&サラダのレシピ

    1. フランス食べ物

    家庭で、フランスのオードブルやサラダを作ってみましょう。春夏秋冬、旬の食材を使った料理ばかりなので、栄養もしっかり摂れます。

    フランス料理のオードブル&サラダのレシピ

    魚介類を使ったレシピ

    オードブルやサラダにもいろんな料理があります。ここでは、まず魚介類を使った料理を何ピンか紹介しましょう。

    キスとアスパラガスの温かいサラダ

    材料

    キス…3尾

    アスパラガス…6本

    バター…40g

    白ねぎ、アーモンド…適量

    はちみつ…小さじ1

    バルサミコ酢…15cc

    オリーブオイル…15cc

    塩、黒こしょう…少々

    粒マスタード…小さじ1

    白ワインビネガー…小さじ1

    オリーブオイル…大さじ2

    作り方

    1.はちみつに塩、黒こしょうを入れ、バルサミコ酢を少しずつ混ぜながら入れます。

    2.オリーブオイルも同様に入れます。

    3.トレヴィス、アンディーブ、サニーレタスはひと口大に千切り、トマトの角切りとボウルに入れます。

    4.Bを混ぜ、ドレッシングを。

    5.3に塩こしょうし、4と合わせます。

    6.キスは3枚おろしに、塩こしょう、小麦粉をつけフライパンでオイルとバターで焼きます。

    7.アスパラは下処理し、塩を入れた湯で茹でます。

    8.バターをフライパンできつね色に熱し、アーモンド、パセリを入れ、塩こしょうします。

    9.皿に7、5、キスを盛り、8をかけ、バルサミコソースと白ねぎ、セリフィユを飾ったら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    魚介類のサラダ

    続いては、たっぷりの魚介類を使ったサラダの紹介です。甘酸っぱいいちごのソースがポイント。

    材料

    いちご…50g

    レモン…1/4個

    オリーブオイル…10g

    ヴァージンオリーブオイル…適量

    海老…3尾

    ホタテ…3個

    はまぐり…6個

    レタス、サニーレタス、ラディッシュ、ブロッコリーの芽…適量

    作り方

    1.湯に塩を入れ、海老、ホタテを茹で、はまぐりは白ワインで蒸します。

    2.いちごは裏ごししましょう。

    3.2に塩こしょう、レモン汁、オリーブオイルを入れ混ぜます。

    4.レタス、サニーレタスを千切り、塩こしょう、オリーブオイルを軽く混ぜ、皿に盛ります。

    5.皮をむいた海老、スライスしたホタテ、殻から外したはまぐりに塩こしょうし、オリーブオイルをかけ4に盛ります。

    6.ブロッコリーの芽、ラディッシュを飾り、3をかけたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    はまぐりの3種オーブン焼き

    最後に紹介する魚介類を使った料理は、見た目がとってもオシャレなオーブン焼きです。

    はまぐりにそれぞれいろんな野菜やソースをかけるので、パーティーにもおすすめ。

    材料

    はまぐり…12個

    白ワイン…100cc

    水…100cc

    マヨネーズ…大さじ2

    はまぐりの煮汁…小さじ1

    カレー粉…少々

    トマトソース、エスカルゴバター…適量

    パン粉、粉チーズ…適量

    パプリカ、ズッキーニ、玉ねぎ、ベーコン

    オリーブオイル、塩(盛り付け用)

    作り方

    1.はまぐりと白ワイン、水を鍋に入れ沸騰させ、開いたら取り出し煮汁は漉します。

    2.マヨネーズにカレー粉と煮汁を入れ混ぜます。

    3.はまぐりの殻に3種の野菜を入れ、それぞれにソースをかけます。

    4.200度のオーブンで5~6分焼きます。

    5.皿に塩を敷き、その上に4を盛り付けたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    春・夏におすすめのレシピ

    フランスの公園でヘルシーなサラダを楽しむ女の子と男の子。

    続いては、季節別におすすめのオードブル&サラダのレシピを紹介したいと思います。

    まずは「春」「夏」のオードブル&サラダのレシピから。

    炙りサーモンと竹の子の木の芽風味

    材料

    サーモン(刺身用)…200g

    たけのこ…1個

    糠…少々

    はちみつ…大さじ1

    白ワインビネガー…10cc

    オリーブオイル…30cc

    木の芽(ソース用&飾り用)…適量

    トマト(角切り)…適量

    作り方

    1.たけのこは先を斜めに落とし、糠を入れた湯で20~30分茹でてそのまま冷まします。

    2.ボウルに、はちみつ、塩、こしょう、ワインビネガーを入れ混ぜ、オリーブオイルを少しずつ入れ混ぜます。

    3.サーモンを5~6cm四方の棒状に切り、網で軽く炙ります。

    4.氷水に取り、水気を切って1cmにスライス、皿に盛って軽く塩こしょうします。

    5.1の皮をむき、水で洗いカットしたら、網で炙ります。

    6.4n5を盛り、2に刻み木の芽とトマトの角切りを入れかけ、木の芽を叩いて添えたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    夏野菜たっぷりのスープ

    続いては、夏野菜をたっぷり使ったスープの紹介です。

    いろんな食材が入っているので、栄養も満点ですし、夏バテ解消にもおすすめです。

    材料

    玉ねぎ、赤ピーマン、茄子、ズッキーニ、マッシュルーム…各30g

    にんにく…2片

    豚ミンチ…90g

    チキンブイヨン…800cc

    トマト(角切り)…30g

    長いも…30g

    オクラ…5~6本

    あさつき

    作り方

    1.野菜ときのこを1cm角に切り、オイルで炒め塩こしょうします。

    2.にんにくは包丁で叩き、荒いみじん切りにします。

    3.2をオイルで炒め、色づいたら豚ミンチを炒め、塩こしょうします。

    4.1と3を鍋に入れ、ブイヨンを入れ沸かします。

    5.アクを取り、15~20分煮込んだら、トマトを入れ少し煮、塩こしょうします。

    6.オクラは塩ずりし熱湯で茹で、氷水に。

    7.長いもは1cm角に切り、オイルで炒め、輪切りにした6と皿に盛ります。

    8.5を注ぎ、小口切りあさつきを振ったら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    アスパラガスの冷たいスープ

    最後に紹介する春夏におすすめのオードブル&サラダは、アスパラを使った冷たいスープです。

    ひんやりしていて、さっぱりしているので、まさに春夏向けの一品です。

    材料

    アスパラガス…300g

    玉ねぎ…150g

    チキンブイヨン…300cc

    オリーブオイル…少々

    (スープ100ccに対し)

    生クリーム…大さじ2

    ヨーグルト…大さじ1

    トマトの角切り…少々

    作り方

    1.アスパラはかまを取り1cm幅に切ります。

    2.玉ねぎはスライスしオリーブオイルで炒め、しんなりしたら1を加えさらに炒めます。

    3.ブイヨンを入れ弱火で10分。

    4.ミキサーにかけ滑らかにしたら、網で漉し、冷やします。

    5.生クリーム、ヨーグルトを入れ混ぜ、塩こしょうします。

    6.冷たい器に注ぎ、トマトの角切り、生クリームを飾って完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    秋・冬におすすめのレシピ

    テーブルを囲んで座るフランスからの人々のグループ。

    続いては、秋冬におすすめのオードブル&サラダのレシピを紹介しましょう。

    甘エビと蕪と菜の花のサラダ

    材料

    甘海老…24尾

    菜の花…12本

    トマト…1/2個

    蕪…1個

    白ワインビネガー…大さじ1

    しょう油…大さじ1

    オリーブオイル…大さじ4

    パセリ、オリーブオイル…適量

    作り方

    1.菜の花は塩を入れた熱湯でサッと茹で、氷水に取って水気を切ります。

    2.蕪はくし形にし塩を、トマトは湯むきし角切りにします。

    3.しょう油、ワインビネガー、オリーブオイル、塩こしょうでドレッシングを作ります。

    4.水洗いし絞ったパセリ、オリーブオイルをミキサーで撹拌し、塩こしょうします。

    5.皮をむいた甘海老、1、2に塩こしょうし、パセリのみじん切りと4で和えます。

    6.皿に蕪、甘エビ、菜の花を盛り、残ったトマトと3をかけ、4をかけたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    きのこのテリーヌ

    続いては、きのこを使ってテリーヌにしてみましょう。

    材料

    しいたけ、しめじ、舞茸、エリンギ…300g

    鶏むね肉…200g

    全卵…1個

    卵白…1個

    コンソメスープ…50cc

    生クリーム…80g

    パセリ(みじん切り)…少々

    玉ねぎ、にんじん、セロリ…合わせて100g

    バター、にんにく…少々

    白ワイン、オリーブオイル…少々

    作り方

    1.鶏むね肉は余分な部分を取り、1cm幅に切り塩こしょう、白ワインとオリーブオイルをまぶします。

    2.野菜は千切りにしサッとボイルし、水気を切って冷まします。

    3.きのこ類はカットし、オリーブオイルとバターで強火で炒め、最後ににんにくを入れます。

    4.1をフードプロセッサーにかけ、卵を加え滑らかにしたら、コンソメスープ、生クリームの順にかけます。

    5.ボウルに移し、2、3、パセリのみじん切りを入れ混ぜます。

    6.バターを薄く塗った型に5を入れ、アルミ箔で蓋をし、180度のオーブンで湯煎にし、40~50分焼きます。

    7.6を冷まし、型から外しカットし皿に盛ります。

    8.ソースは泡立てた生クリーム、マヨネーズ1:1、トマトピューレとチキンブイヨン1:1。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    栗のポタージュ

    最後に紹介する秋冬おすすめオードブル&サラダは、栗を使ったポタージュです。栗のやさしい風味がとっても美味しい一品です。

    材料

    栗…500g

    玉ねぎ…100g

    バター…20g

    小麦粉…10g

    チキンブイヨン…700cc

    牛乳、生クリーム

    フランスパン

    栗…40g

    バター…20g

    栗…10個

    作り方

    1.栗は鍋にひたひたの水を入れ、蓋をし中火で蒸します。

    2.柔らかくなったら半分に切り、中をくり抜きます。

    3.玉ねぎはスライスし、鍋でバターと炒め、しんなりしたら小麦粉を入れ炒めます。

    4.ブイヨンを入れ、沸騰後アクを取って弱火で2~3分煮ます。

    5.1の栗を4に入れ、5~6分煮ます。

    6.ミキサーにかけ、裏ごししたら塩こしょうし、生クリームを入れます。

    7.皿に注ぎ、栗のクルトンを添えたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    肉を使ったレシピ

    男性がキッチンでフランス料理を準備しています。

    続いては、肉を使ったオードブルの紹介です。

    オードブルは前菜なので、がっつり肉を使った料理はありませんが、シンプルで美味しい肉料理を作ってみましょう。

    チキンとハムのテリーヌ

    材料

    玉ねぎ、にんじん、しいたけ…30g

    キャベツ…3枚

    ハム…100g

    鶏もも肉…1/2枚

    あさつき…少々

    コンソメスープ(缶詰)…400cc

    板ゼラチン…7g

    レタス、サニーレタス、トマト、きゅうり…適量

    フレンチドレッシング…適量

    マヨネーズ…大さじ3

    生クリーム…大さじ2

    ケチャップ…大さじ1

    生クリーム…小さじ1

    黒こしょう…少々

    作り方

    1.野菜はカットします。

    2.キャベツはコンソメで茹で、ザルにあげます。

    3.2のコンソメで1と鶏を10分煮、鶏を取り出します。

    4.3にしいたけを入れ、ひと煮立ちしたら漉し、コンソメを100ccになるまで煮詰めます。

    5.ハムを切り、茹でサッと茹で、余分な脂を取ってザルにあげます。

    6.すべてをバットに移し、氷に当て冷まし、鶏は切って塩こしょうします。

    7.コンソメにふやかしたゼラチンを入れ、塩こしょうし、キッチンペーパーで漉します。

    8.テリーヌ型にラップをし、キャベツを敷いて、あさつきをまぶした野菜をのせます。

    9.コンソメを流し、キャベツで覆って冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    鴨のローストとりんごの赤ワイン煮のサラダ仕立て

    続いては、鴨肉を使って作ります。

    材料

    鴨むね肉…1枚

    りんご(サンふじ)

    赤ワイン…150cc

    水…100cc

    グラニュー糖…40g

    レモン…1/4個

    塩、こしょう…少々

    はちみつ…大さじ1

    バルサミコ酢…大さじ1

    オリーブオイル…大さじ3

    りんご煮汁…大さじ3

    塩、こしょう

    ピンクペッパー、アーモンドスライス、黒こしょう、塩(天然)

    作り方

    1.赤ワインを沸騰させ、水、グラニュー糖、レモンを入れ、静かに10分煮て冷まします。

    2.鴨肉の余分な部分を除き、切れ目を入れ、塩こしょうします。

    3.フライパンで2を焼き、十分寝かしカットします。

    4.はちみつ、バルサミコ酢、塩、こしょう、オリーブオイル、煮汁をボウルで混ぜます。

    5.バジル、パセリを水洗いし水気を切り、オリーブオイルとミキサーに。

    6.カットした野菜、焼いたアーモンドを盛り、鴨と切ったりんごを交互に盛ります。

    7.ソースをかけ、ピンクペッパー、黒こしょう、塩を振ったら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    さつまいもとベーコンのスープ

    最後に紹介するレシピは、ベーコンと、さつまいもを使ったスープです。さつまいもの程良い甘味が、生クリームなどと良く合います。

    材料

    玉ねぎ…3個

    バター…大さじ2

    ベーコン…120g

    小麦粉…大さじ2

    チキンブイヨン…1000cc

    さつまいも…2本

    牛乳…200cc

    バター…大さじ2

    生クリーム…少々

    パセリ…少々

    作り方

    1.玉ねぎをバターで炒め、しんなりしたらベーコンも炒めます。

    2.小麦粉を入れ炒め、ブイヨンを入れ混ぜながら沸かします。

    3.アクを取りながら7~8分煮たら、さつまいもを入れ5~6分煮ます。

    4.牛乳、バターを入れ、塩こしょうし、器に注ぎます。

    5.生クリームを流し、パセリを振ったら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    ※具材は小さく刻んだほうがGOOD。

    パーティーにおすすめのレシピ

    フランスで食べ物を持ってテーブルの周りに立つ人々のグループ。

    続いては、パーティにおすすめのオードブル&サラダを紹介したいと思います。

    トマトファルシ

    まずは、トマトを1個使った見た目もオシャレな「ファルシ」の紹介です。

    材料

    トマト…小4個

    じゃがいも…1個

    きゅうり…1/2本

    海老…4尾

    ホタテ…2個

    イカ…適量

    干しぶどう…少々

    カレー粉…小さじ1

    マヨネーズ…大さじ2

    枝豆…少々

    ピンクペッパー…少々

    バルサミコ酢…大さじ1

    マヨネーズ…大さじ1

    作り方

    1.トマトは熱湯にくぐらせ、氷水に入れ、皮をむきます。

    2.じゃがいもは切って茹で、きゅうり、魚介類も切ります。(魚介類は茹でて氷水に取って、水気を切ってから切ります)

    3.カレー粉に少量の湯を入れ溶き、マヨネーズと合わせます。

    4.3に戻した干しぶどうを入れ、塩こしょうし混ぜます。

    5.トマトを上下を切り落とし、中をくり抜き4を詰めます。

    6.バルサミコ酢、マヨネーズを合わせ皿に敷き、トマトを中央にのせたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    赤ピーマンのムース

    続いては、赤ピーマンを使い色鮮やかにムースを作りましょう。

    材料

    赤ピーマン…100g

    コンソメスープ(缶詰)…100cc

    ゼラチン…1枚

    生クリーム…100c

    アボカド、オリーブオイル、レモン汁…少量

    カニ(ボイル)、にんじん、きゅうり、マヨネーズ…適量

    マヨネーズ…20g

    トマトピューレ…10g

    タバスコ…微量

    レモン汁…少々

    いくら、イタリアンパセリ

    作り方

    1.ピーマンは切ってコンソメで煮、火からおろしゼラチンを入れます。

    2.ミキサーにかけ、裏ごしし、ボウルに移し氷水を当てます。

    3.生クリームを8分立てにし、2と混ぜ合わせます。

    4.滑らかになったら、カップに入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

    5.アボカドは切って塩こしょうを、オリーブオイルとレモン汁をかけます。

    6.4を熱湯に一瞬つけ、カップから抜いて皿に盛り、5を添えます。

    7.Aを混ぜ、6にかけ、イクラ、パセリを添えたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    スモークサーモンのミルフィーユ仕立て

    最後に紹介するレシピは、見た目も鮮やかなミルフィユです。

    材料

    スモークサーモン

    パイシート

    サワークリーム、生クリーム、レモン汁、パセリ(みじん切り)

    きゅうり、イクラ、ラディッシュ、プチトマト、レモン

    セリフィユ、ディル

    作り方

    1.パイシートを2~3mmに伸ばし、冷蔵庫で寝かします。(フォークで穴を空ける)

    2.サーモンは丸く型を抜き、残ったサーモンは細かく切ります。

    3.サワークリームに塩こしょう、生クリーム、レモン汁を入れ混ぜ、細かく切ったサーモン、パセリも入れます。

    4.1を220度で15~20分焼き、冷めたら2と同じ型抜きで3枚抜きます。

    5.4に3を入れ、パイをのせ、そっと型を外します。

    6.サーモンをのせ、パイシートをのせ、レモンや野菜を添えたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    野菜たっぷりのスープ

    フランスのテーブルの上に果物や野菜がいっぱい入ったかご。

    続いては、オードブルに欠かせないスープの紹介です。いろんなスープがありますが、野菜を使ったスープのレシピを紹介します。

    焼きなすの冷たいスープ

    材料

    茄子…2本

    白ねぎ…1本

    生姜…小さじ1

    ブイヨン…300cc

    海老、オクラ…適量

    作り方

    1.茄子は直火で焼き、表面が黒くなったら皮をむき、切ります。

    2.鍋に生姜、白ねぎを少量のオリーブオイルで炒め、ブイヨン、1を入れ7~8分煮ます。

    3.オクラは熱湯で茹で、氷水で冷やし、海老も茹で、皮をむいて冷やし切ります。

    4.1を撹拌し、網でボウルに漉し、氷水を当てながら塩こしょうし、器に注ぎます。

    5.オクラ、海老を添えたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    ※焼き茄子は1cm幅に切りましょう。

    ※海老とオクラは添えなくてもOKです。(食感を出すにはGOOD)

    ブロッコリーのポタージュ

    続いては、ブロッコリーを使ったポタージュの紹介です。鮮やかなグリーンのポタージュは、栄養も満点でとっても美味しいです。

    材料

    ブロッコリー…1個

    玉ねぎ…1個

    バター…大さじ2

    冷やご飯…大さじ2

    チキンブイヨン…500cc

    パン…適量

    生クリーム…少量

    作り方

    1.ブロッコリーは房を切り、ざく切りにし、茎は薄切りに。

    2.玉ねぎはスライスし、大さじ1のバターで炒め、しんなりさせます。

    3.2に1を入れ、大さじ1のバターを足し炒め、冷やご飯を入れたら、チキンブイヨンを入れ15~20分煮ます。

    4.ミキサーで滑らかにし、裏ごしします。

    5.裏ごししたら冷やし、牛乳で伸ばし塩こしょうします。

    6.フランスパンを切ってオーブンで焼き、器に注いだ5の上に添え、生クリームをかけたら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    見た目が鮮やかなレシピ

    続いては、“見た目が鮮やか”なオードブル&サラダの紹介です。

    うなぎとなすのテリーヌ

    材料

    うなぎ白焼き…1尾

    茄子…2個

    コンソメスープ(缶詰)…100cc

    板ゼラチン…7g

    赤・黄パプリカ、ピクルス、トマト、イタリアンパセリ…適量

    ビネグレットソース…適量

    はちみつ…大さじ1

    バルサミコ酢…大さじ3

    ピンクペッパー、塩、黒こしょう…適量

    作り方

    1.茄子は皮をむきスライスし、油で揚げ、軽く塩こしょうし冷まします。

    2.うなぎはテリーヌ型に合わせ切り、コンソメで煮て取り出し冷まします。

    3.コンソメにしょう油、グラニュー糖を入れ、戻したゼラチンを入れ、キッチンペーパーで漉します。

    4.型にラップをし、茄子、うなぎを交互に入れ、3を流します。

    5.ラップで覆い、冷蔵庫で冷まします。

    6.パプリカ、ピクルスなどを小さく切り、ソースで和えます。

    7.はちみつ、バルサミコ酢を煮詰め冷やします。

    8.5を切り皿に盛り、2種のソースをかけ、ピンクペッパーなどで飾ったら完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    サンマのマリネ

    最後に紹介するレシピは、秋刀魚を使って作りましょう。

    たっぷりの野菜で、とても鮮やかで綺麗な一品に仕上がります。

    材料

    秋刀魚(刺身用)…2尾

    玉ねぎ…1/4個

    酢…20cc

    オリーブオイル…40cc

    しょう油…10cc

    生姜…少々

    にんじん、セロリ、きゅうり…適量

    トマト、大葉…適量

    作り方

    1.にんじん、セロリ、きゅうりは千切りにし、水にさらし水気を切ります。

    2.秋刀魚は3枚おろしに、腹骨を取って中骨を抜きます。

    3.皮をはがし、身に塩こしょうし、冷蔵庫で30分入れます。

    4.玉ねぎをおろし、塩こしょう、酢、オリーブオイル、しょう油を混ぜ入れ、みじん切りにした生姜を加えます。

    5.秋刀魚は厚めの削ぎ切りにし、皿に盛って1を盛ります。

    6.4をかけ、トマト、大葉を飾って完成です。

    (参考サイト:家庭で作るオシャレなフランス料理レシピ集!!)

    オードブル&サラダの盛り付け方

    赤いエプロンを着た女性がフレンチサラダを準備しています。

    最後に、オードブル&サラダの綺麗な盛り付け方を紹介したいと思います。

    サラダ

    使う食材などにもよりますが、メインとなる具材を中央に置き、その他の食材を回りに飾ると、とても綺麗に仕上がります。

    具材も、赤・黄パプリカなどを使うと、色も鮮やかになりGOOD。

    フランス料理は上品なイメージが強いですから、豪快に盛りつけるよりも、繊細で、そして綺麗に丁寧に飾るのが一番良いでしょう。

    また、立体的に盛り付けると、雰囲気もでるので◎。どんな盛り付けにしようか?とイメージをして盛り付けると、良いかもしれませんね。

    パスタ

    中央を盛り上げるようにして盛ると、立体的になります。

    そのまま盛るだけではどうしてもペタンとしてしまいますから、オシャレに見せるなら中央を盛るように飾るとGOODです。

    料理の色合いなども考えて、食器選びも慎重に。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスの味が染み込んだベトナム風ヌードルスープを箸と一緒にいただきます。

    フランスで食べたい異国料理

    フランスに来たからといってフランス料理ばかり食べているのはもったいない!フランスには日本ではあまり見かけない異国料理のレストランが豊富に揃っているのです。今回は…

    フランスの肉屋による子羊の部位のガイド。

    フランスの春の味①子羊 

    季節を感じる食べ物といえば野菜や果物を思い浮かべますが、フランスの春を知らせる食べ物の1つに「agneau 」子羊があります。いったいどんな理由で、年中販売されている…