フランスのホテルでチェックイン

    1. フランス旅行・観光

    フランスを旅行中のやよいさんとひろ子さん。2人ともフランス語は初心者です。

    南仏・プロバンス地方の街・アヴィニョンに着いた二人。まずはホテルに向かい、チェックインの手続きをしましたが…。

    フランスのホテルでチェックイン

    チェックイン

    会話

    Hiroko:Bonjour, Monsieur. Je suis Madame Tokunaga.

    こんにちは。私は徳永です。

    (予約の控えを見せる)

    フロント係 :Madame Tokunaga….bonjour. Un moment,, s’il vous plaît.

    徳永さんですね。いらっしゃいませ。少々お待ちください。

    Oui, nous gardons une chambre pour vous. Voici la clef. Elle est à troisième étage.

    はい、一部屋お取りしてございます。こちらが鍵です。4階になります。

    Hiroko:Merci.

    ありがとう。

    二人は部屋に上がりましたが、どういうわけか鍵が開きません。別の部屋を掃除していたメイドさんに助けを求めます

    Yayoi:S’il vous plaît, nous ne savons pas comment ouvrir la porte.

    すみません、ドアの開け方が分からないのですが。

    客室係:Essayez plus lentement.

    もっとゆっくりやってみてください。

    (やってみせる)

    Voilà, ça marche.

    ほら、開きますよ。

    2人:Ah, merci beaucoup.

    ああ、どうもありがとう。

    Vocabulaires

    (“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

    • moment(m) 一瞬、短時間
    • gardonsgarder 取っておく
    • chambre(f) 部屋
    • voici ここに~がある
    • clef(f) 鍵
    • elle(f) 彼女、(女性名詞を受けて)それ
    • troisième 第三の
    • étage(f) 階
    • savonssavoir 知っている
    • comment どのように
    • ouvrir 開ける
    • porte(f) 戸、ドア
    • essayer 試す、やってみる
    • marchemarcher 歩く、上手く運ぶ

    今週のポイント

    Un moment

    少々お待ちください

    フランスのテーブルの上のベルを指している女性の手。

    英語の one moment と同じです。

    Voici

    ここに~がある

    近くのものを指すとき、提示するときに使う表現ですが、会話では voilà とほぼ同義に使われ、voilà のほうが頻繁に用いられます。

    Elle est à troisième étage.

    部屋は4階にあります

    elle は「彼女は」の意味ですが、ここでは女性名詞であるchambreを受けて使われています。

    フランス語の階数の表示は、1階(地階)を rez-de-chaussée と呼びます。

    以後序数詞を使って第一の階:première étage=日本で言う2階、第二の階 :deuxième étage=日本で言う3階、…と表します。

    ここでは、troisième étage と言っていますから、日本で言う4階になります。

    また、地下1階は premier sous-sol、地下2階は deuxième sous-sol (sous-sol は「地下」の意味)…と表現します。

    序数詞については、今週のお役立ち!にまとめておきました。

    nous ne savons pas

    分かりません

    前回出てきた否定文です。主語のあと、ne+ 動詞+ pas という形になっています。

    なお、savonssavoir は –er 動詞とはまた違う形の活用をします。まとめておきましょう。

    Je sais nous savons

    Tu sais vous savez

    il sait ils savent

    elle sait elles savent

    ここでは「私たち」が主語なので、Nous ne savons pas. となっていますが、「私は知りません/分かりません」という Je ne sais pas. という表現もよく使いますので、押さえておきましょう。

    comment ouvrir la porte

    どうやってドアを開けるのか/ドアの開け方

    comment は英語の how に当たります。

    英語の場合、不定詞を使って how to open the door となりますが、フランス語の場合は動詞の原形そのものが不定詞(文法的にもそのように呼ばれます)なので、このような形となります。

    Ça marche.

    うまく行く

    便利な表現です。これを否定文にした、Ça ne marche pas.(うまく行かない)も、助けを求めるときなどよく使う表現ですので、覚えておくとよいでしょう。

    今日のお役立ち!~序数詞

    エレベーターのボタンを押す人。

    順序を表す数詞(日本語で言う「1番目(の)」など)の言い方は、かなり規則的です。

    ①原則として数詞(基数詞)+ième の形。ただし、もとの数詞が e で終わる場合はeを省略。

    ②不規則なのは「第一」「第五」「第九」。これは覚えるしかない(5は綴りのみ)。

    ③21以降の un の付くものは、unième となる。

    という規則に基づき、数字、数詞(基数詞)、序数詞の順に記してみます。

    (数字 基数詞 / 序数詞)

    1  un(e) / premièr(e)) ←カッコ内は女性形の場合

    2  deux / deuxième

    3  trois / troisième

    4  quatre / quatrième

    5  cinq / cinquième

    6  six / sixième

    7  sept / septième

    8  huit / huitième

    9  neuf / neuvième

    10 dix / dixième

    21 vingt et un / vingtetunième

    100 cent / centième

    なお、序数詞は通常1er , 2e ,…のように表示されます。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスで自転車の隣に立つ男性と女性。

    フランス語で道を尋ねる

    以前、知らない町で道に迷ってタクシーに乗る、というシチュエーションを考えましたが、時間に余裕があれば、居合わせた人に道をたずねて教えてもらう、という選択肢がありますね…