歯医者に行くときのフランス語

  1. フランス留学生活・費用

フランスに長期滞在するなら歯の治療が必要になることもあるかもしれません。そんなときに備えて歯医者に行くときのフランス語を覚えておくと安心ですね。

まずは「歯医者の予約」をするときのフランス語を学んでみましょう。

歯医者を予約

A: Cabinet du docteur Fournier, bonjour.

フルニエ先生の診療所です

B: Bonjour madame. Je voudrais un rendez-vous.

もしもし、予約をお願いしたいのですが

A: Je peux prendre votre nom et votre prénom, s’il vous plaît?

お名前を伺えますか

B: Madame Mariko Nakano, M-A-R-I-K-O, N-A-K-A-N-O.

ナカノ・マリコ、M-A-R-I-K-O, N-A-K-A-N-Oです

A: C’est votre examen annuel, Madame Nakano?

定期健診ですか

B: Non, mais j’ai perdu mon plombage.

いえ、詰め物が取れてしまったんです

A: Quel jour vous convient le mieux?

そうですか。いつがよろしいですか

B: J’aimerais le voir le plus tôt possible.

できるだけ早くがいいです

A: Demain à 15 heures?

明日15時では?

B: C’est parfait.

それで結構です

A: Je peux avoir votre numéro de téléphone?

電話番号をお願いします

B: Mon numéro est le 06 29 54 04 76 81.

携帯の番号は06 29 54 04 76 81です

A: Alors, Madame Nakano, demain à 15 heures. C’est noté.

では、ナカノ様、明日の15時に予約をお取りしました

B: Merci beaucoup et à demain.

ありがとう。それでは明日よろしくお願いします

  • cabinet …(m.)医院、診療所 *hôpitalが大きな総合病院を指すのに対し、開業医など小規模な医院を指す
  • docteur …(m.)医師 
  • rendez-vous …(m.)予約
  • nom …(m.)名字
  • prénom …(m.)名前
  • examen annuel …定期健診
  • plombage …(m.)歯の詰め物
  • convenir à … …~にとって都合がよい
  • le plus tôt possible …できるだけ早く
  • noter …~を書きとめる、記録する

「歯医者」はフランス語で「dentiste」ですが、医師を「先生(○○先生)」と呼ぶときは、上の例のように「Docteur (Docteur ***)」 と言います。

名前をスペルで

フランスのコルクボード上のノート、鉛筆、abc ブロック。

また、予約で名前を言うときは、上の例のように一文字ずつスペルを伝えて間違いを避けるようにするとよいでしょう。これはフランス人もしていることです。

日時の希望

「いつがよいか」と日時を聞くには、「日時」を主語にとる「convenir à +人」、「(日時が)~にとって都合がよい」という動詞を使います。

ここでは「à +人(~にっとって)」が代名詞「vous」になり動詞の前に来ています。また、「月曜日の午前がいいです」のように日を指定するときは、

Lundi matin, si c’est possible.

可能なら月曜日の午前中にお願いします

などと伝えましょう。

C’est noté

看護師______と電話で話しています。

C’est noté.」とは、「(予約を)確かに記録しました」、つまり「受け付けました」という意味。

アポイントや注文などが完了した際に「承知しました」「かしこまりました」などと言う場面でよく使われる表現です。

勇気を出して電話予約にチャレンジ

電話で予約を取るシステムは日本と同じ。

初めは緊張しますが、名前を言う、日時を決める、と予約に必要なやりとりは決まっていて、シンプルなフランス語で事足りるので大丈夫です。

上の例は覚えておけば、美容院の予約などにも使えますね。

歯医者に行くのは誰でも憂鬱、そして緊張するもの。とはいえ歯は放っておいても自然には良くなりません。

前回に引き続き、歯の治療が必要になったときのために歯医者に行くときに必要なフランス語の表現を学んでおきましょう。

受付で

A: Bonjour, j’ai pris un rendez-vous pour 17h.

こんにちは、17時に予約したものですが

B: Vous êtes Madame Mori?

森さんですね

A: C’est ça.

そうです

B: Bien, madame. Asseyez-vous, je vous en prie.

ではそちらにお掛けになってお待ちください

  • Asseyez-vous …お掛け下さい
  • Je vous en prie …どうぞ

まずは受付で、予約をしてきたことを伝えます。ここでは待合室「salle de réception」で座って待つように言われています。

そして順番が来たら

Vous voulez bien me suivre?

ついてきてください=ご案内します

Entrez dans la salle de consultation s’il vous plaît.

診察室にお入りください

などと言って案内してくれるでしょう。

痛む歯を説明

歯医者

A: Bon, alors…quel est votre problème?

さて、それでは…どうされましたか?

B: J’ai mal à la molaire supérieure gauche.

左上の奥歯が痛みます

A: Voyons de quoi il s’agit. Vous pouvez ouvrir la bouche, s’il vous plait?

見てみましょう。口をあけてもらえますか?

  • J’ai mal à …  …が痛いです
  • molaire …(f.)奥歯
  • supérieur(e) …上の
  • gauche …左の
  • il s’agit de… …に関わる、…である
  • bouche …(f.)口

診察室に入り、診察椅子「le siège inclinable」に座って歯医者さんに症状を伝えています。

「~が痛い」は「avoir mal à +体の部分」で表します。歯医者さんに行く前にどの歯が痛むのか言えるように、下の例を参考にしてください。

【歯の種類】

  • molaire …(f.)奥歯
  • canine …(f.)犬歯
  • dent de devant …(f.)前歯

【位置】

  • supérieur(e) …上の
  • inférieur(e) …下の
  • gauche …左の
  • droit(e) …右の

そのほかの症状・診察

虫歯

ちなみに、「~の歯が痛い」以外の症状や診察内容を伝えるための表現も覚えておきましょう。

Un de mes plombages est parti

詰め物が取れてしまいました

J’ai perdu un de mes plombages.

詰め物が取れてしまいました

Je me suis cassé(e) [ébréché(e)] une dent.

歯が折れてしまいました

Je voudrais me faire faire un détartrage s’il vous plaît

歯石を取ってください

Je voudrais me faire faire un bilan.

定期検診受けたいのですが

  • plombage …(m.)詰め物
  • se casser +体の部分 …~が折れる
  • détartrage …(m.)歯石除去
  • se faire faire un bilan …検査・検診を受ける

最後の二つ例は「faire」が二つ続いていますね。

一つ目の「faire」は「~してもらう、~を受ける」という意味の「se faire」(seは主語に合わせて変化)、二つ目の「faire」はそれぞれ「faire un détartrage(歯石除去をする)」、「faire un bilan(検査をする)」という動詞句を作っています。

歯医者へはお早めに

 フランスでは《Pourquoir attendre d’avoir mal pour aller chez le dentiste? 》(歯医者に行くのになぜわざわざ痛い思いをするまで待つの?)という広告があります。

確かに、虫歯になる前に定期的にチェックを受けていれば治療で痛い思いをすることもないし、とにかく歯医者には早めに行くに越したことはないということですね!

フランスで歯医者にかかることになったら―。当然診察中は口を開けているわけですから、歯医者さんの言っていることが聞きとれて理解できることが大切ですよね。

そこで、歯医者の診察中に使われるフランス語を事前に覚えておきましょう。

歯医者の診察中のフランス語

大きく口を開けてください

Vous pouvez ouvrir la bouche, s’il vous plaît?

口を開けてください

Ouvrez un peu plus grand, s’il vous plaît.

口をもう少し大きく開けてください

Dites-moi si ça vous fait mal.

もし痛ければ言ってください

Mâchez les dents.

歯ぎしりしてください

Claquez les dents

歯をカチカチと噛み合わせてください

Vous voulez vous rincer la bouche?

口をゆすいでください

  • mâcher les dents …(ギリギリと)噛む
  • claquer les dents …(カチカチと)噛む
  • se rincer la bouche …口をゆすぐ

まずは歯医者さんで必ず言われる定番の指示。「~してください」という指示や依頼には、命令法のほかに「Vous voulez …?」、「Vous pouvez …?」というのも基本的な表現です。

麻酔・レントゲン

注射

Je vais vous faire passer une radio.

レントゲンを撮ります

Je vais vous faire une injection.

注射をします

  • passer une radio …レントゲンを受ける
  • injection …(f.)注射

これも想定できる言葉ですね。「レントゲン撮影」は「radiographie」の略で普通「radio」と言います。

ここでは「レントゲンを受ける」「passer une radio」が「あなたを~させる」という使役の表現「vous faire …」と共に使われています。

歯のトラブル集

ここに虫歯がありますね

Vous avez une carie à cette dent.

この歯が虫歯になっています

Vous avez un abcès.

膿が溜まっています

Vous avez besoin d’un plombage.

削って詰め物をします

Je vais devoir vous arracher cette dent.

この歯は抜かなくてはいけません

Désirez-vous qu’on vous mette une couronne?

かぶせ歯・差し歯をしましょうか?

  • carie …(f.)虫歯
  • abcès …(m.)膿瘍、化膿して膿がたまった状態
  • plombage …(m.)歯を削って詰める詰め物、インレー
  • arracher une dent à +人 …抜歯する
  • couronne …被せ歯、差し歯、クラウン
治療

虫歯、抜歯、歯を削って詰める、金属やセラミックを被せる方法など、歯の治療に関する単語も覚えておくと安心ですね。

「~の問題があります」と状態を説明するときは「Vous avez …」 、「こういう処置をします」と伝えるときは「Vous avez besoin de …(あなたは~が必要です)」、「Je vais devoir … (あなたに~する必要があります)」などの表現が使われます。

最後の例は、「こういう方法があるが、それを望みますか」と治療方針を確認するための表現です。

フランス語で歯医者のシミュレーション

歯を治そう!と決心したら、まずは歯医者さんで耳にする用語を確認してシミュレーションすると安心度が増しすかもしれませんね。

そんなときのために、今回ご紹介した表現を役立ててくださいね。

フランス語が話せるようになりたい!
たった1回の無料体験でフランス語がグンと上達できる

まずは、無料体験

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます