フランスの学校でクラブ活動に参加

    1. フランス留学生活・費用

    大学生のジョナタンとクレールは、学校で話しています。ジョナタンは今年から学校のクラブ活動に参加することにしました。

    クレールも興味があり、登録料金は高いのか、どんな活動があるのかなど、いろいろと話を聞きたがっているようですが…。

    会話バックパックを背負ってフランスの通りを歩いている 2 人の若者。

    Jonathan : Ce matin, je suis allé au club de sport.

    今朝、スポーツクラブに行ったんだ。

    Claire : Ah oui? Tu fais quoi?

    そうなの?何をしてるの?

    Jonathan : Je fais du judo.

    柔道をしてるんだ。

    Claire : C’est bien! Où prends-tu des cours?

    いいわね!教室はどこにあるの?

    Jonathan : C’est ici. C’est un cours organisé par l’université.

    ここだよ。大学が運営してる教室なんだ。

    Claire : Ah d’accord. Olivier m’en a parlé. Ce n’est pas cher, non?

    そうなんだ。オリヴィエも話してたわ。高くないのよね?

    Jonathan : Oui, en fait d’abord tu paies juste un frais d’inscription, après tu peux prendre 2 cours au maximum par an.

    ああ、まず申し込み料を払って、それから年に最高で2つの授業を取ることができるんだ。

    Claire : C’est bien pour moi. Tu sais ce qu’ils proposent comme cours?

    いいわね。どんな授業があるかわかる?

    Jonathan : Je ne me rappelle plus bien… Attends, tiens, j’ai une brochure.

    よく覚えてないんだ…。待って、はい、パンプレットがあるよ。

    Claire : Je peux jeter un coup d’œil?

    ちょっと見てもいい?

    Jonathan : Oui, bien sûr.

    ああ、もちろん。

    Claire : Merci! Ah il y a des cours de danses aussi. Mais apparemment, tous les cours ont déjà commencé.

    ありがとう!あっ、ダンス教室もあるのね。見たところ、全部の授業がもう始まっちゃったようね。

    Je vais demander quand même si c’est possible de participer à l’un des cours.

    それでも、今から参加できるか聞いてみるわ。

    Jonathan : Oui, je pense que c’est possible!

    ああ、大丈夫だと思うよ!

    今週のポイント

    フランスの体育館で空手の練習をする子供たちのグループ。Judo : 柔道

    日本で生まれたスポーツである柔道はフランスでも盛んです。

    この単語は特に翻訳されておらず”judo“と書きます。また、空手は”karaté“、合気道は” aïkido“と書きます。

    Romain : Dis, ça te dit d’aller boire un coup après le travail?

    ねえ、仕事の後、ちょっと飲みに行かない?

    Lucie : Je ne peux pas. J’ai un cours de judo ce soir.

    無理なの。今晩、柔道教室に行くから。

    Romain : Tu fais du judo?

    柔道をしてるの?

    Lucie : Oui, je suis encore débutant, mais ça me plaît beaucoup!

    ええ、まだ初心者だけど、すごく気に入ってるわ!

    Romain : Super!

    いいね!

    フランスの紙の上にペンと電卓Frais d’inscription : 登録料金

    frais“は「費用」を意味する名詞で、「登録」を意味する”inscription“と共に”frais d’inscription“で「登録料金」「申し込み料金」という意味で使います。

    Nicolas : Je suis allé au club de sport près du bureau.

    職場の近くのスポーツクラブに行ったんだ。

    Maxime : C’est bien. C’est cher, le frais d’inscription?

    いいね。登録料は高い?

    Nicolas : Je ne me rappelle plus bien, mais ce n’est pas cher, je crois.

    よく覚えてないんだけど、確か高くなかったと思うよ。

    Maxime : D’accord. Je vais me renseigner.

    そっか。聞いてみるよ。

    フランス風の11という数字が入った時計。Au maximum : 最大で

    maximum“は「最大」という意味を含み、”au maximum“で「最大で」という意味で使います。

    また対義語の「少なくとも」”au minimum“も共に覚えておきましょう。

    (Au téléphone 電話で)

    Bastien : Tu es où?

    どこにいるの?

    Jessica : Je suis encore au travail.

    まだ仕事場にいるのよ。

    Bastien : Tu peux partir quand?

    いつ出れる?

    Jessica : Je ne sais pas encore, mais je pense que ça va prendre une heure au maximum.

    まだわからないわ、でも遅くとも1時間かしら。

    Bastien : D’accord. Bon courage!

    わかった。がんばって!

    Jessica : Merci!

    ありがとう!

    フランスで机に座ってラップトップを見ている男性。Jeter un coup d’œil : 目を通す

    jeter“には「投げる」という意味があり、「目」を意味する”œil“を使用して”jeter un coup d’œil“で「目を通す」という意味で使います。

    Alexis : Tiens, c’est la liste des participants de la réunion de demain. Tu peux jeter un coup d’œil quand tu auras le temps?

    はい、これ明日の会議の参加者のリスト。時間があるときに目を通しておいてくれる?

    Estelle : D’accord. Merci.

    わかった。ありがとう。

    フランスの豊かな文化遺産にインスピレーションを得た男性と女性がテーブルに座り、おいしいコーヒーを楽しんでいます。Quand même : それでも

    quand“は「いつ」を意味する副詞ですが、「さえ」を意味する”même“を伴い”quand même“で「それでも」という意味で使います。

    Damien : Hier j’étais fatigué, mais je suis allé quand même au cours de danse, mais la salle était fermée!

    昨日、疲れてたんだけど、それでもダンス教室に行ったんだ。でも、閉まってたんだ!

    Sophie : Pas de chance! Tu ne savais pas qu’il n’y aurait pas de cours?

    運がなかったわね!授業がないこと、知らなかったの?

    Damien : Je m’en suis rappelé quand je suis arrivé devant la salle…

    教室に着いたときに思い出したんだ…。

    フランスはスポーツ教室やダンス教室などが多く、仕事帰りにそういった活動を行う人が少なくありません。

    しかし、学生の中には授業料が少々高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

    そのような場合に、学校のクラブ活動は最適です。授業の合間に行くこともできたり便利です。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます