フランス語で割り勘にする

    1. フランス語会話・勉強

    ビジネス関係や友達以上恋人未満など、ちょっと気を遣う相手の場合、食事の支払いひとつ取っても悩ましいものです。今回はそういったシチュエーションを見てみましょう。

    フランス語で割り勘にするコーヒーショップのレジで微笑むフランス。

    会話

    Claude:Voilà, on y va. L’addition, s’il vous plaît!
    Gabriel:Mais non! C’est pour moi…
    Claude :Non, c’est moi qui vous ai amené ici.
    Gabriel:Alors, chacun paies apart.
    Claude :D’accord.. ( À garçon) Séparément, s’il vous plaît. Vous acceptez la carte ?

    Vocabulaire

    (“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

    • addition (f) 勘定(書)
    • pour ~向けの
    • invité<inviter 招待する
    • chacun (m) それぞれ、各々 (女性の場合はchacune)
    • paie<payer 支払う
    • part (f)  部分
    • garçon (m) (レストランの)ボーイ、少年
    • séparément 別々に
    • carte (f) カード

    和訳

    クロード:よし、行こう。お勘定お願いします。
    ガブリエル:とんでもない、ぼくがもちます。
    クロード:いや、ここはぼくが誘ったのだから。
    ガブリエル:では、割り勘にしましょう。
    クロード:分かりました。
    (ギャルソンに)別々にお願いします。カードは使えますか?

    フランスのコーヒーショップで女性がクレジットカードを使用しています。今週のポイント

    L’addition, s’il vous plaît !

    「お勘定をお願いします」

    additionは英語と同様、「足し算」「加えること」というのが元の意味ですが、転じて「勘定書き」の意味でも使われます。

    もともとは、いろいろ注文したものの合計、という意味なのでしょうね。フランスのレストランやカフェは、日本のように出口ではなく、テーブルにボーイさんを呼んで支払いをするのが普通です。
    声を出して呼ぶのに抵抗がある場合には、担当のギャルソンとアイコンタクトをして、ペンを持って書き込むしぐさをすれば分かってもらえます。

    Mais non !

    「とんでもない!」

    maisはnonを強める働きをしています。強く否定するときの表現です。
    反対に、Mais oui! という表現もあり、この場合にはmaisはouiを強めますから、「もちろん!」という意味になります。

    C’est pour moi.

    「わたしが持ちます(支払います)」

    C’est moi qui paie.「わたしが支払います」と同じ意味です(C’est moi qui…の構文については次の項をご覧下さい)。

    C’est moi qui vous ai amené ici.

    「あなたをここに連れてきたのは私です」

    まず、全体の構文c’est moi qui ~です。これは英語のIt is me who (that) ~.と同じで、強調構文です。ここでは、Je vous ai amené ici.「私はあなたをここへ連れてきた」という文のjeを強調した表現になっています。

    強調したい部分をC’estの後に置き、その後にquiに導かれる形で文の残りを置いて作ります。この節の中の動詞は、意味上の主語(この場合はje)に合わせて活用させます。また、強調する部分が人称代名詞の場合には、moi, toiなどの強勢形にすることをお忘れなく。日本語としては、「~したのは私だ」の意味になります。なお、強調したいのが主語以外の場合は、C’est ~ que ….の形になります。
    ex. C’est Paris que j’adore. 「私が大好きなのはパリなんです」
    次に、qui vous ai amené iciの部分です。語順に注目してください。動詞部分が複合過去のため、ai amenéと2語に分かれていますが、これは1かたまりと捉えて、「目的語は動詞の前に置く」ため、このような語順になっています。

    chacun paie sa part.

    「割り勘にしましょう」

    直訳すると「各自が自分の分を払う」となります。On fait moitie moitie?(直訳すると「半分半分にしよう」)も同じ意味です。

    Séparément, s’il vous plaît

    「別々にお願いします」

    On va payer séparément.の前半部分を省略した形です。

    Vous acceptez la carte ?

    「クレジットカードは使えますか?」

    よく使うお決まりの表現です。「クレジットカード」は、省略せずに言うならla carte de creditです。

    フランスをイメージしたレストランの黒板メニュー。今週のお役立ち!メニューでよく見る表現

    • le menu 定食
    • le plat du jour 本日の(お勧め)料理
    • les entrées 前菜
    • les poissons 魚(料理)
    • les viandes 肉(料理)
    • bifteck- frites ビーフステーキ・フライドポテト添え
    • le gigot d’agneau 子羊のもも肉
    • le coq au vin 鶏の赤ワイン煮
    • le boeuf bourginion 牛肉の赤ワイン煮
    • rôti ロースト(オーブンなどで焼く)した
    • grillé グリルした
    • poêléポワレ(フライパンで焼いた)
    • confit コンフィ(砂糖・酢・油などに)漬けた
    • fumé くんせいにした

    日常会話がかなり出来るようになってきても、レストランでメニューを見るとちんぷんかんぷん、ということ、けっこうあります。

    何せ食材と料理法ですから、日常生活に必要なボキャブラリーとはだいぶずれがあるからです。また、「ニース風サラダ」など、地方の名前のついたメニューにいたっては、地名そのものは分かっても、調理法を連想することは不可能です。

    だいたい、メニューに載っている品数からして、断然フランスの方が多いように思います。食に対するフランス人のこだわり(執念に近い?)を感じます。フランスの食は奥が深い!レストランには辞書をお忘れなく。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    白地に赤、白、青の粉を吹き付けてフランスの色を表現しています。

    パリのメトロと大気汚染

    雨模様の多いパリでは、気が滅入ってウツになる人も多いもの。晴れた日は外出したいところですが、今度は大気汚染という問題が登場するのです。割引切符で郊外へパリから離れたア…