フランスで注意すべきランチタイム:お店の休憩時間とルーズなフランス人

    1. フランス旅行・観光

    フランスでショッピングをしていて、意外と厄介なのがランチタイムにお店が閉まってしまうこと。

    旅行中の限られた時間を有効に使うためには、営業時間のチェックは欠かせません。

    お店のランチ休憩

    今日のマリーさんと花子さんはショッピングに行く約束をしています。約束の時間を決める前に、フランスではお店のオープン時間のチェックも大切なんですよ。

    会話

    Marie : Hallo Hanako ? C’est Marie.

    もしもし花子?マリーです。

    Hanako : Bonjour, commet ça va ?

    こんにちは、元気?

    Marie : Ca va bien, merci.

    元気よ、ありがとう。

    Est-ce que tu as le temps demain?

    明日、時間あるかしら?

    Hanako : Oui, Pourquoi ?

    ええ、どうして?

    Marie : Je voudrais faire les magasins. Tu veux venir avec moi ?

    ショッピングをしたいんだけど、一緒に来ない?

    Hanako : Avec plaisir ! Je voudrais regarder aussi les chaussures.

    喜んで!靴も見たいわ。

    Marie : Je viens te chercher vers 11 heures ?

    11時ごろに迎えに行こうか?

    Hanako : Plutôt à 10 heures ? Mon magasin préféré est fermé pendant la pause déjeuner.

    むしろ10時が良いわ。私の一番好きなお店って、ランチ休憩の間、閉めてしまうのよ。

    Marie : OK, pas de problème. Alors, à demain.

    OK、わかったわ。じゃあ明日ね。

    Hanako : Merci, à demain !

    ありがとう、また明日。

    ポイント

    faire les magasins

    フランスの店で買い物をする女性。

    直訳すると゛お店をする゛となりますが、これはショッピングの為にお店めぐりをすること。

    ショッピングのときに、お店を一軒だけみることはないので「les magasins」と複数形なのに注意してください。

    英語の「shopping」を使って「faire du shopping」とも言えます。

    面白い表現では「lèche-vitrines」と言う物があります。「lèche」は「lécher 舐める」、「vitrine ショーウィンドー」ですから、なんだか想像がつきますね。

    答えは「ウィンドーショッピング」、こちらも「faire」を使って「faire du lèche-vitrines」と言います。

    すてきなブティックの多いフランスですから、この「lèche-vitrines」も楽しいものですよ。

    venir chercher

    フランス語での「aller」や「venir」は、日本語とは少し使い方が違うので、慣れるまでは難しく感じてしまいます。

    この「venir chercher」は「迎えに行く/来る」ですが、どちらでも「venir」を使うのが日本語と違いますね。

    A : Tu peux venir me chercher à la gare ? J’arrive dans 5 minutes.

    駅まで向かいに来てくれる?あと5分で着くわ。

    B : OK. Je viens te chercher en voiture. Tu m’attends au parking ? 

    OK、車で迎えに行くよ。パーキングで待っててくれる?

    ランチタイムはお店も休憩

    フランスでのショッピングは、すてきなお店も多くとても楽しいですよね。お買い物を目当てにフランス旅行の計画を立てる人も、きっとたくさん居るはずです。

    窓には「ferme」と書かれたフランスの看板。

    小さなお店はランチタイムに注意!

    いまどき日本では、ランチタイムだからといってお店を閉めてしまう所なんて殆どありませんよね。

    ところがフランスでは大手やチェーン店で無い限り、12時~14時のランチタイムには、閉まっているお店がたくさんあるんです。

    お店によっては12時半~14時半などということもあるので、お目当てのお店がある場合は営業時間のチェックが欠かせません。

    大きいお店も要注意

    「小さなお店は」と言いましたが、実は大きなお店もランチタイムに閉まっていることが…!

    デパートやショッピングセンターはランチタイムもオープンしているので、旅行中の限られた時間を有効に使えますね。

    地元の人の利用がメインのお店は閉まっている率が高いので、不安ならランチタイムをはずして覗いてみるのが良さそうです。

    時間にルーズなフランス人

    ランチ休憩のチェックもOK、開店時間にお店の前で待っていても、なかなかオープンしない場合があるのがフランスです。

    ランチ後に限らず朝のオープン時もですが、表記している開店時間より5~10分遅れてオープン、なんてことは日常茶飯事…

    オープン時間直後より、ちょっと後に行く方が待たされ無いのでおすすめです。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスで自転車の隣に立つ男性と女性。

    フランス語で道を尋ねる

    以前、知らない町で道に迷ってタクシーに乗る、というシチュエーションを考えましたが、時間に余裕があれば、居合わせた人に道をたずねて教えてもらう、という選択肢がありますね…

    フランスのエッフェル塔の前には、シャンパンのグラスが二つ置かれています。

    パリの大晦日の過ごし方

    大晦日に年越しそばを食べたり、神社にお参りに行かないフランス人はいったいどんな大晦日を過ごしているのでしょうか。今回は、パリに住むフランス人の大晦日の過ごし方を覗いて見…