フランスのクリスマスは本物のもみの木

    1. フランス語単語

    クリスマス気分を盛り上げるクリスマスツリー、フランスの家庭では生のもみの木がスタンダード。

    とっても良い香りのツリーで、ますますクリスマスが楽しみになってきます。

    本物のクリスマスツリー

    今日の花子さんはマリーさんのお宅にお呼ばれです。ドアを開けたとたん発見したのは…?

    Hanako : Qu’est-ce que ça sent bon chez toi !

    あなたの家、なんて良い匂いなの!

    Marie : Merci, on vient d’acheter un sapin de Noël.

    ありがとう、クリスマスツリーを買ったところなのよ。

    Hanako : Un vrai sapin ! En plus tu l’as décoré avec bon goût.

    本物のもみの木!それにデコレーションのセンスが良いわ。

    Marie : C’est gentil, tu n’as jamais vu un vrai sapin ?

    ありがとう、本物のもみの木を見たことがないの?

    Hanako : Si, mais pas chez quelqu’un. Chez moi, il était toujours en plastique.

     いいえ、でも人のお宅では初めてよ。私のところは、いつもプラスチック製だったし。

    Marie : Oh c’est dommage… D’ailleurs, il n’est pas cher du tout.

    それは残念だわ。それに、もみの木って全然高くないのよ。

    Si tu veux en acheter un, je peux t’accompagner en voiture.

    もし買いたいなら車で付き合ってあげる。

    Hanako : Merci, j’achèterai aussi des boules de Noël !

    ありがとう、ブール・ド・ノエルも買いたいわ!

    フランス語単語

    Qu’est-ce que ~「なんて~なんでしょう!」

    フランスの野原で花束を持つ少女。

    「なんて~なんでしょう!」は「Qu’est-ce que ~」を文頭につけて表現します。もっと短く「Que」だけつけてもOKですよ。

    大げさな感情表現が苦手といわれる私たち日本人ですが、普通の文の頭につけるだけなので、使いやすい表現ですね。

    Qu’est-ce que c’est bon ce plat !

    この料理はなんて美味しいの !

    Que tu es gentil !

    あなたはとっても親切ね!

    goût「味」

    goût」は「味」ですが「趣味・センス」の意味でも良く使われる単語です。

    bon 良い」や「mauvais 悪い」をつけて「趣味が良い/悪い」と表現しまが、無しでも「良い」の意味になることもあります。

    また、「好み」の意味もあるので、訳し方には注意が必要ですね。

    Vous avez du goût.

    あなたはセンスが良い。

    Chacun ses goûts.

    人はそれぞれの趣味を持っている→蓼食う虫も好きずき

    もみの木の種類「sapin

    フランス語で「もみの木」は「sapin」といいます。それに「Noël クリスマス」をつけて「sapin de Noël クリスマスツリー」となりますね。

    そんな「sapin」ですが、実は一種類ではないってご存知ですか?

    フランスのクリスマス時期にお店に並ぶのはいくつか種類があり、特徴や値段がそれぞれ違うのです。

    Sapin naturel

    フランスの店で女性がクリスマスツリーを選んでいます。使用キーワード: フランス (フランス)

    【Epicéa】

    フランスでもっともポピュラーなクリスマスツリーといえば「Epicéa」です。香りが強いのが特徴で、お手ごろな値段で購入できるのが嬉しいところ。

    反面「épine とげ」が落ちやすいので、室内に飾る場合お掃除が大変という欠点があります。

    【Nordmann】

    Epicéa」と比べて香りは弱いのですが、熱に強く「épine」が抜けにくいのがこちらの「Nordmann」。値段も少し高いけれど、室内で長く楽しめると人気の出ている品種です。

    【Nobilis】

    香りもとげの抜けにくさも両方大切!という人に人気は「Nobilis」という品種。この3つの中で一番高く、どこでも売っている訳ではないのが欠点です。

    Sapin artificiel

    artificiel 人口の」の名の通り、プラスチックなどでできたクリスマスツリーのこと。

    香りは楽しめませんが、毎年買いなおさなくて良い・掃除が楽、などでじわじわとフランスでも人気が出てきています。

    クリスマスツリーの飾りつけ

    クリスマスツリーに欠かせないのがデコレーション。フランスでは11月中旬ごろから、色々なお店でデコレーショングッズが販売されます。

    文中にでてきた「des boules de Noël 」はツリーに吊るす球状の飾りのこと。

    ガラス製やプラスチック製など、選ぶのが難しいほどたくさんの飾りがお店に並んでいます。

    天辺の飾りは「étoile 星」、ツリーにぐるぐると巻く電球は「guirlandede Noël)」ですね。

    クリスマスツリーは新年まで!

    日本ではイブがあけて25日のクリスマス当日には、もうクリスマスは終了気分。

    ところがフランスでは新年が明けて数日するまで、クリスマス飾りはそのままなのがスタンダードなんです。もちろん大晦日や元旦も、クリスマスと変わらぬデコレーションで過ごすのです。つまりクリスマスツリーもそのまま飾っているんですよ。

    そのため早い時期にツリーを買ってしまうと、新年には枯れてかわいそうな状態になってしまうことも。

    カトリックの多いフランスでは、親しい人の間でクリスマスカードを送りあう習慣があるようです。

    クリスマスの準備はカードから

    今日のマリーさんと花子さんは、クリスマスカードを買いに行くようです。お気に入りの1枚は見付かるのでしょうか?

    会話

    Marie : Ah tiens, regarde, on commence à sortir les décorations de Noël !

    あら、見て、クリスマスの飾りを出し始めているわ。

    Hanako : Oui, maintenant, il faut commencer à organiser la fin d’année.

    ええ…、もう年末の準備を始めないといけないのね。

    Marie : C’est vrai. Est-ce que tu veux m’accompagner à la papeterie ?

    本当ね。文房具屋さんに付き合ってくれない?

    J’aimerais regarder les cartes de vœux pour le Noël.

    クリスマスカードを見たいのよ。

    Hanako : Avec plaisir ! Je ne les ai pas encore achetées.

    喜んで!私もまだ買っていないの。

    Chaque année, je n’y pense qu’à la dernière minute…

    毎年、ぎりぎりになってから取り掛かるのよ…

    Marie : Pourtant, je reçois des cartes de ta part chaque année à temps.

    でも毎年、あなたからのカードをきちんと受け取っているわよ。

    Hanako : Oui, mais juste avant le Noël.

    ええ、でもぎりぎりクリスマスの前でしょ。

    Cette année, je les envoie au début décembre !

    今年は12月の頭に送ってみせるわ!

    フランス語単語

    papeterie 「文房具屋」

    フランスの青い背景に学用品がいっぱい入ったショッピングカート。

    papeterie」とは文房具屋さんのこと。

    文房具は「papeteries」と複数形にして現します。「articles 品物」や「fournitures 必必需品/用品」に「de bureau 会社の/d’école 学校の」を付けて「articles de bureau」とも言います。

    フランスの文房具はおしゃれな物も多いのですが、値段は高いものが多いのが難点です。

    日本の安くてかわいい文房具は、フランス人にお土産として喜ばれることが多いようですよ。

    de ta part「分け前/割合」

    part」は「分け前/割合」という意味の女性名詞ですが、「de la part de +人」で「~からの」という意味で使われます。

    文中の「de ta part 」は「de+人」の部分が所有形容詞の女性形「ta 君の」に置き換えられています。

    A : Comment ils vont tes parents ?

    ご両親はお元気?

    B : Ils vont bien. Tu as le bonjour de leur part.

    元気だよ。君によろしくって言っていたよ。

    à temps「定刻に」

    à temps」は「定刻に」という意味。文中では「クリスマス前に届いている」という意味で「きちんと」と訳されています。

    他にも「heure 時間」を使った「à l’heure」も同じ意味で使われます。

    駅や空港の掲示板などに「à l’heure」とあれば、遅れずに時間通りの到着/出発ということですね。

    日本と違い公共交通機関は遅れることが多いフランスですから、移動中に「à l’heure」かどうかの確認は必須ですよ。

    クリスマスカード

    carte de Noël「クリスマスカード」

    フランスの図書館でクレジットカードをかざす女性。

    フランス語でクリスマスカードは「carte de Noël」、もしくは「carte de vœux」といいます。

    Noêl」はクリスマス、「vœux」は「vœu」の複数形で「願い」を意味しています。

    carte de vœux」はクリスマスカードだけでなく、その他のグリーティングカードのことも指すんですよ。

    カード発送の時期

    日本にはクリスマスカードの文化はありませんが、年賀状がありますよね。

    年賀状は元旦に着くように送るのが基本の為、クリスマスカードもクリスマス当日に着かなければいけないの?と思ってしまいがち。

    ところがクリスマスカードはクリスマス前に到着すればOKという、おおらかさなんです。

    早ければ11月末ごろから、遅くても中旬に発送すれば安心ですね。そうして頂いたカードは片付けてしまわずに家に飾れば、クリスマス気分を盛り上げるのに一役買ってくれます。

    定番の一言

    クリスマスカードに書く定番はなんといっても「Joyaux Noël メリークリスマス」。

    そして気が早いですが、「Bonne année 新年おめでとう」も添えることが多いようです。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスのテーブルでワインとチーズで乾杯する人々のグループ。

    フランう語で飲みに誘う

    フランスは週35時間労働制ですから、午後6時位に仕事を終え、バーで友達と軽く飲むフランス人が多く見られます。また、男女間では、男性が女性を誘うケースも多く見られます。…