フランス人のクレープの食べ方

    1. フランス食べ物

    クレープといえば甘いデコレーションたっぷりのかわいらしいおやつのイメージがありますが、フランスでは意外にシンプルな食べ方が人気です。

    クレープの食べ方

    今日の花子さんはクレープを食べにマリーさん宅にお邪魔しています。

    会話

    Marie : Qu’est-ce tu veux mettre avec la crêpe ?

    クレープに何をつける?

    Hanako : Je ne sais pas trop… Qu’est-ce que tu as ?

    どうしようかしら…何がある?

    Marie : Du beurre, du sucre, du Nutella, des confitures et du miel.

    バターに砂糖、ニュテラ、ジャム、ハチミツがあるわ。

    Hanako : Du sucre s’il te plait.

    お砂糖をお願い。

    Marie : Avec du beurre ?

    バターも?

    Hanako : Je n’ai jamais essayé du beurre avec des crêpes. Ca m’a l’air très gras…

    バターをつけたクレープって試したことが無いの。脂っこそうで…

    Marie : A mon avis, c’est la meilleure façon de manger la crêpe.

    一番おいしいクレープの食べ方だと私は思うの。  

    Tu n’as qu’à essayer.

    試してみるべきよ。

    Hanako : Ben, vas-y. Je vais la goûter.

    ええっと、お願い。食べてみるわ。

    (Hanako mange la crêpe avec du beurre et du sucre)

    (花子はバターと砂糖のクレープを食べています)

    Marie : Alors ?

    どう?

    Hanako : Elle est super bonne ! Je regrette de ne pas l’avoir mangée jusqu’à maintenant !

    すごくおいしい!今まで食べなかったのを後悔してるわ!

    ポイント

    mettre

    フランスのフォークの隣の皿に広げられたチョコレートの瓶。

    mettre」は色々な使われ方をする動詞ですが「クレープに~を塗る」などの意味でも使います。

    「塗る」だと「peindre」かな?と思いがちですが、こちらは「ペンキなどを塗る」の意味。クレープには使えません。

    クレープにジャムなどを塗り広げる場合は「étaler」を使って表現しましょう。

    vas-y

    aller 行く」の二人称命令形の「vas」と「à +名詞」に代わる代名詞「y」、「aller à ~ そこへ行く」の命令形。

    しかし「Ben, vas-y. Je vais la goûter.」の「vas-y」を「そこへ行け」と訳してしまうと変な文章になってしまいますね。

    y aller」は「やる/とりかかる」の意味があり、こちらもその意味で使われています。

    ですので例文だと「(そんなに美味しいというなら食べてみるから)やって(作って)頂戴」といったところでしょうか。

    もちろん「vas-y」で「そこへ行け」の意味で使うこともあるので、文脈で判断してくださいね。

    フランスのクレープ

    ナイフとフォークで召し上がれ

    日本でクレープというと苺&生クリームやバナナチョコなどたっぷりデコレーションの乗ったものが主流ですよね。

    6等分に折ったクレープを紙のケースに入れて提供され、食べ歩きのおやつのイメージです。

    フランスでは、もちろん食べ歩きもあるのですが、お皿に乗せてナイフとフォークで食べるもの(もちろん手づかみで食べることも多いのですが)。

    その為か焼きあがったクレープに溶かしバターや洋酒をたっぷりかけて、しっとり感をUPさせた食べ方も人気です。

    家庭で人気のメニュー

    フランス風クレープをお皿に盛って食べる人。

    crêperie クレープ屋」では様々なメニューが並びますが、家庭で人気なのは「beurre-sucre バターと砂糖」やNutella(ニュテラ)というチョコレート&ナッツペーストです。

    クレープの発祥はブルターニュ地方ですから、バターも有塩バターを使うのが本格的なおいしさの秘密なんですよ。

    洋酒をかけるなら、ブルターニュのお隣ノルマンディー名産の「calvados カルバドス(りんごのブランデー)」もおすすめです。

    クレープとガレット

    さてそんなクレープですが塩味のものは「galette」と呼ぶのが本式です。

    日本語ではそば粉のクレープやそば粉のガレットと呼ぶことがありますが、フランス語で「galette」といえば「farine de sarrasin そば粉」を使った物のことなので、他に単語を加えて説明しなくてOK。

    まれに「crêpe sucré 甘いクレープ」「crêpe salée 塩味のクレープ」という事もありますが、この場合の「crêpe salée」はそば粉を使ったものでなく、小麦粉で作ったクレープの塩味であるのが普通です。

    そして「galette」のお供にはりんごの発泡酒「cidre」も忘れずに!

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスの黒板と木のテーブルの上にバゲット。

    フランス人とバゲット

    フランス人は毎日焼きたての美味しいバゲットを食べているイメージですが、現実はイメージ通りではありません。今回はそんなフランスのバゲット事情を覗いてみましょう。…