フランス語「行く」(allerとvenir)の使い分け方

    1. フランス語単語

    「行く」と言いたい時、フランス語では「aller」を使うケースと「venir」を使うケースがあります。

    今回はそんな2つの単語の使い分け方を見てみましょう。

    ソワレへ行こう

    今日の花子さんは、マリーさんから共通の友人宅でのソワレへのお誘いを受けているようです。

    会話

    Marie : Ce soir, il y a une soirée chez Anna.

    今晩、アンナの家でソワレがあるの。

    Tu viens avec moi ? Elle m’a dit qu’elle veut te voir.

    あなたも一緒に行かない?彼女があなたに会いたいって言っていたのよ。

    Hanako : Je viens avec plaisir!

    喜んで一緒に行かせてもらうわ!

    Marie : Je vais chez elle vers vingt heures.

    20時ごろに彼女の家に行くの。

    On y va ensemble?Tu préfères y aller seule ?

    一緒に行く?一人で行く方がいい?

    Hanako : Je viendrai te chercher vers dix-neuf heures trente.

    19時半ごろに、あなたを迎えに行くわ。

    フランス語の「行く」

    フランス語で「行く」は「aller」ですが、「来る」と訳すことの多い「venir」も同様に「行く」を表す単語です。

    会話文中でも日本語では「行く」と訳されている部分に「aller」と「venir」が使われていますよね。

    まずは「人がどこかへ行く」というときに「venir」を使うケースを見てみましょう。

    venir

    venir」は動作主が「会話の相手のところに行く」「会話の相手と一緒に行く」という時に使われます。

    会話文中だと下記の文に当たります。

    会話の相手のところに行くパターン

    Je viendrai te chercher

    私はあなたを迎えに行く

    会話の相手と一緒に行くパターン

    Tu viens avec moi ?

    私と一緒に行く?

    Je viens avec plaisir!

    喜んで(一緒に)行くわ!

    aller

    venir」が使われる場合以外は「aller」を使えばOKです。普通に「~へ行く」と訳せばいいので簡単ですね。

    会話文中だと下記の文に当たります。

    Je vais chez elle

    彼女の家に行く

    On y va ensemble?

    一緒に行く?

    フランスの自宅の玄関で会話する 2 人の女性。

    allerとvenirの例文

    もう少し例文を見てみましょう。

    家に行きます

    A:Tu viens chez moi à quelle heure ?

    何時に私の家に来ますか?

    B:Je viens vers midi.

    12時くらいに行きます。

    これは「(動作主の)Bさんが(会話相手の)Aさんの家に行く」ので「venir」が使われています。

    A:Tu vas chez Anna à quelle heure ?

    アンナの家に何時に行きますか?

    B : Je vais vers midi.

    12時くらいに行きます。

    これは「(動作主の)Bさんが(会話相手ではない)アンナさんの家に行く」ので「aller」が使われています。

    会いに行きます

    A :  Ça fait très longtemps qu’on ne s’est pas vu…

    もう長いこと私たち会ってないわね…

    B : Je viendrai te voir aux prochaines vacances.

    次のバカンスに、あなたに会いに行くわ。

    これは「(動作主の)Bさんが(会話相手の)Aさんに会いに行く」ので「venir」が使われています。

    A : Ça fait très longtemps que je n’ai pas vu Anna…

    もう長いことアンナに会ってないわ…

    B : Je vais voir Anna aux prochaines vacances.

    次のバカンスにアンナに会いに行くのよ。

    これは「(動作主の)Bさんが(会話相手ではない)アンナさんに会いに行く」ので「venir」が使われています。

    フランスの石畳の通りを歩く二人。

    一緒に行きます

    A:Si tu vas toute seule au salon, je peux venir avec toi ?

    もしあなたが一人で展覧会に行くのなら、私も一緒に行ってもいいかしら?

    B:Bien sûr.

    もちろん。

    これは「(動作主の)Aさんが(会話相手の)Bさんと一緒に行く」ので「venir」が使われています。

    ()A : S’il va tout seul au salon, je peux aller avec lui ?

    もし彼がひとりで展覧会に行くのなら、私も一緒に行ってもいいかしら?

    B:Bien sûr.

    もちろん。

    これは「(動作主の)Aさんが(会話相手ではない)彼と一緒に行く」ので「aller」が使われています。

    まとめ

    日本語の「行く」には使い分けなどないので「aller」と「venir」を使い分ける必要のあるフランス語に最初は違和感を感じてしまうものです。

    使い分けのポイントは「会話相手のところに行くかどうか」「会話相手と行くかどうか」の2点だけ。

    頭で考えるより、実際に使って慣れるほうが簡単!何度も口に出して練習し、2つの単語を自然に使い分けられるようになってくださいね。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスのテーブルでワインとチーズで乾杯する人々のグループ。

    フランう語で飲みに誘う

    フランスは週35時間労働制ですから、午後6時位に仕事を終え、バーで友達と軽く飲むフランス人が多く見られます。また、男女間では、男性が女性を誘うケースも多く見られます。…

    フランス(フランス)で赤いハートを愛情を込めて箱に入れる手。

    フランスの「Téléthon」

    フランスの12月の名物テレビ「Téléthon」をご存知でしょうか。日本の24時間テレビのような番組で、病気の研究や治療のための募金集めを目的とした番組です。今…