フランス語勉強ala

フランス語単語

実は下品!フランス人がよく口にする「Putain」の意味

フランス人の口から頻繁に飛び出す単語「Putain ピュータン」。何となくかわいい響きですが、実は下品で使わない方が良い単語です。

今回はそんな「Putain」の意味や使い方を覗いてみましょう。

フランス語会話

Nicolas: Putain!

ちくしょう!

Hanako: Ça va, Nicolas? Qu’est-ce qu’il se passe?

大丈夫、二コラ?何があったの?

Nicolas: Non ce n’est rien, j’ai juste failli faire tomber une tasse.

何でもないよ。コップを落としかけただけだから。

Hanako: S’il n’y a rien, tant mieux.

何も無いなら、良かったわ。

Tiens, je t’ai apporté un gâteau japonais auquel tu t’intéressais un autre jour.

そうそう、あなたが前に興味を持っていた日本のお菓子を持ってきたの。

Nicolas, Putain, c’est vrai? C’est très gentil.

やった、マジで?すごく嬉しいよ。

Hanako: Est-ce que tu veux le goûter maintenant?

今食べてみる?

Nicolas: Oui, s’il te plait.

うん、お願いするよ。

Putain, qu’est-ce que c’est bon! 

うわっ、なんて美味しいんだ!

フランス語勉強ala

「putain」の意味と使い方

putain」はもともと「売春婦」という意味ですが、日常会話では「売春婦」の意味でつかわれることはありません。

フランス人が「putain」と口にするのは下記のような場面です。

イライラした時

フランス人が「putain」を一番口にする場面は、何といってもイライラした時。「ちくしょう!」「クソッ!」という意味で使われます。

そんな時には最初の P を強調して「ピュッタン!」、もしくは T も強調して「ピュゥタッーン」と発音します。

日本ではイライラしたからといって「ちくしょう」などと口にする人は少ないですよね。

ところが、フランス人は老若男女問わず口にする人がとっても多い!日本人なら「あらまあ」「困るわねぇ」程度の事に対しても「putain」と口にします。

自分が何か失敗した時、やっていることが上手くいかない時、人に何か嫌なことをされた時、などなど…。

Putain, ça ne marche pas.

くそっ、上手くできない/上手く動かない。

Putain,c’est trop compliqué.

くそっ、これは複雑すぎる。

普段は「putain」と言わない人でも、車の運転中はいつもより口が悪くなり、ちょっとしたことで口に出してしまう人も多いようです。

Putain, regarde la route!

(歩行者や他の車に対して)くそっ!(ちゃんと)道を見ろよ!

びっくりした時

putain」はびっくりした時にも、フランス人の口から飛び出すことが多い言葉です。

例えば、人に後ろから急に声をかけられた時に…

Putain, tu me fais peur.

うわっ、びくっとさせられたよ。

話しの内容にびっくりさせられた時に…

Putain, c’est pas vrai.

マジで?あり得ない。

また文中の Nicolas のように、食べたかったお菓子を貰ったなど嬉しい驚きがあった時にも「putain」は使われます。

Putain, c’est vras? 

やった、マジで?

美味しいものを食べた時

美味しいものを食べた時にも「putain」と口にするフランス人がいます。

Putain, c’est bon! 

うわっ、めちゃ美味しい!

フランス語勉強ala

「putain」に対するフランス人の感覚

下品と思うフランス人

フランス人が「putain」を使う機会がとても多いとはいえ、もちろん使わないフランス人もたくさんいます。

本当にイライラした時にはつい口にしてしまうけれど、それ以外の場合では使わないという人も多いです。

そもそもの意味が「売春婦」と良い意味ではないので、その単語を口にすること自体が嫌だ・下品だと感じるようです。

日本でも「くそっ」や「ちくしょう」が下品だと感じるのと同じ感覚ですね。

何とも思わないフランス人

会話中では Nicolas が3回も「putain」を使っていますが、このように「putain」を多用するフランス人もいます。

そんな人たちは、まるで「putain」がただの相槌や間投詞であるかのごとく、どんな場面でも使います。口癖になってしまっているのですね。

彼らに悪気は無いのですが、下品な単語を何度も耳にするのは、日本人にはストレスになることもあるでしょう。

そんな時にできれば控えてほしいと相手に伝えても、無意識に口にしているのでなかなか直らないものなのです。

「putain」を使う外国人に対する反応

自分は「putain」を使っていても、外国人が使っていると下品な単語を使っているな、と感じるフランス人も多いようです。

わざわざフランス語を勉強しているのだから、汚い言葉は使わなくても…と思うのでしょうか。

putain」は発音しやすく、一度使いだすと癖になりやすいので、最初から使わないように気を付ける方が良いでしょう。

まとめ

フランス人が気軽に口にするので、つい真似して使ってしまう単語「putain」。

人によっては嬉しい時など良い場面で使うこともありますが、決して良い意味の単語ではありません。

周りが使っているからと流されず、きちんと意味を知って、使うかどうか判断してくださいね。

  • フランス語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができるフランス語教室です。
  • フランス語教室F10では、プロの社会人講師から、留学生まで幅広い経歴と年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせてフランス語先生を探せます。

フランス語勉強alaさよなら!恋人と別れる時のフランス語前のページ

真似しないで!フランス人がよく口にする下品な言葉次のページフランス語勉強ala

関連記事

  1. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    フランス語で経済学を学ぶ

    シンディとシモンは経済学について話しています。会話Cind…

  2. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    フランス語の表現:見つからない

    アレクシはドキュメントが見つからず、あちこち探しています。午後から会議…

  3. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    フランス語で仕事の説明

    アントワーヌは新しい部署で働き始めます。クレマンが仕事の説明をしていま…

  4. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    フランス語で表現「時計の名前」

    忙しい毎日を送る現代人に時計は欠かせませんが、フランス語で何というかご…

  5. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    日本語オノマトペのフランス語表現・食べ物編①

    日本語には様々なオノマトペ(擬声語)があり、短い単語で様々な状態を表…

  6. フランス語勉強ala

    フランス語単語

    フランス語の美容院用語をマスター

    フランスで美容院に行くとき、上手にイメージを伝えられるか心配ですよね。…

  1. フランス語勉強ala

    フランス語会話・勉強

    フランス小切手の使用方法
  2. フランス語勉強ala

    フランス語会話・勉強

    フランスのティッシュ事情
  3. フランス語勉強ala

    フランス語発音

    フランス語の綴りと発音③特徴的な音と綴り 
  4. フランス語勉強ala

    フランス語講座

    フランス語のなぞなぞ
  5. フランス語勉強ala

    フランス旅行・観光

    フランスのおすすめスポット
PAGE TOP