フランス語(じゃがいもの種類)はたくさんある

    1. フランス食べ物

    日本でじゃがいもといえば男爵とメークイン。この2つを覚えておけば買い物で困ることはありませんよね。

    ところがフランスには一般的に出回っているじゃがいもの品種がたくさんあり、何を購入すればよいか困ってしまうことも少なくありません。

    じゃがいもをください

    今日の花子さんは八百屋さんでお買い物中。夕ご飯用にじゃがいもを購入するようですよ。

    会話

    Hanako: Je voudrais un kilo de pomme de terre, s’il vous plaît.

    じゃがいもを一キロください。

    Vendeur: Qu’est-ce que vous voulez comme variété?

    店員:どの種類がいいですか?

    Hanako: C’est pour cuire à la vapeur et pour faire de la purée.

    蒸す用と、ピュレにする用です。

    Vendeur: Dans ce cas, il vous faut une variété à chair ferme et une autre plus fondante.

    それなら、固い肉質の種類と、もっと崩れやすい種類が必要ですね。

    Hanako: Vous avez raison. Je prends alors cinq cents grammes chacun.

    確かに。じゃあ、それぞれ500gずつ頂きます。

    Vendeur: La charlotte pour à la vapeur, et la monarisa pour la purée, ça vous va?

    蒸す用にシャルロット、ピュレ用にモナリザ、これで良いですか?

    Hanako: Oui, c’est parfait. Merci.

    ええ、それでいいです。ありがとう。

    ポイント

    pomme de terre

    pomme」は「りんご」、「terre」は「大地」。合わせて「pomme de terre」は「じゃがいも」の意味になります。

    口語では「patate」という表現もよく使われます。

    c’est parfait

    parfait」は「完全な、完璧な」という意味。「c’est parfait」は直訳だと「完璧です」となりますが、日常ではもっと軽い「いいですね、大丈夫です」のニュアンスで良く使われます。

    お店や飲食店の店員さん相手に使うと、同じ意味でよく使われる「c’est bon / c’est bien」よりも、少し親しみや満足感を表現できます。

    女性が箱からフランス産ジャガイモを取り出している。

    フランスのじゃがいもの種類

    マルシェなどでずらっと並んだ「pomme de terre」を前にしても、どれを購入すればよいか悩んでしまうものです。

    自分で品種を選べないなら、どんな食感の「pomme de terre」が欲しいのか「chair 果肉」の質を伝えれば、お店の人が選んでくれますよ。

    pomme de terre à chair ferme「締まった」

    ferme」は「締まった」という意味。加熱するともちっと詰まった食感で、煮崩れしにくい肉質の「pomme de terre」を指します。

    主な品種はこちら。

    • Amandine
    • Annabelle
    • Belle de Fontenay
    • Charlotte
    • Chérie
    • Ratte
    • Roseval

    加熱しても崩れないのでソテーや、シンプルに蒸したり茹でたりしてメインの添え物としてよく登場します。

    そしてフランスではポテトサラダも「pomme de terre」の食感がしっかり残っているものが好まれるので、このタイプが使われます。

    pomme de terre à chair fondante「柔らかい、溶ける」

    fondante」は「柔らかい、溶ける」という意味。加熱するとホクッとして柔らかく、煮崩れしやすい肉質の「pomme de terre」を指します。

    • Agata
    • Monalisa
    • Nicola 
    • Samba
    • Vitelotte

    柔らかい肉質なので、オーブンで塊肉と一緒に焼くと肉汁をすって絶品!崩れやすいですが煮込み料理やソテーにもよく使われ、汎用性が高い「pomme de terre」です。

    pomme de terre à chair farineuse「でんぷん質の、粉っぽい」

    farineuse」は「でんぷん質の、粉っぽい」という意味。「fondante」よりももっとホクホクで、粉っぽい肉質の「pomme de terre」を指します。

    • Apollo
    • Artemis
    • Bintje
    • Marabel

    ホクホクの食感が生きるフライドポテトや、「fondante」よりさらに崩れやすいのでスープやピュレに人気です。

    fondante」と「farineuse」は比較的肉質が似ているものが多く、扱い品種の少ないお店ではどちらか片方しかない場合もあります。

    文中の花子さんのようにピュレ用に「fondante」を提案されても、「ferme」ほどの違いはないので、余程のこだわりが無いなら代用できるので安心してくださいね。

    木のテーブルの上の鍋でフランス産ジャガイモをスライスする人。

    用途別のじゃがいも

    スーパーなどで売られている「pomme de terre」は、パッケージにどんな料理に向いているか書いてある物もあり、主に下記のような用途があります。

    • frites フライドポテト
    • gratin グラタン
    • mijoté 煮込み
    • purée ピュレ
    • sautée ソテー/ 炒め料理
    • soupe スープ
    • vapeur 蒸し

    どの料理にどんな「pomme de terre」を選べばよいかわからない時は「C’est pour ○○. ○○用です」と言えばお店の人がぴったりの物を選んでくれますよ。

    まとめ

    フランスの食卓には「pomme de terre」が登場する機会が多く、1キロ単位ではなく5キロ・10キロとまとめ買いする人もいるほどです。

    付け合わせに「pomme de terre」、しかもパンも食べるので炭水化物の食べ過ぎになってしまいそうですが…。

    品種名や特長を覚えて、フランス式「pomme de terre」料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

    フランス語が話せるようになりたい!
    たった1回の無料体験でフランス語がグンと上達できる

    まずは、無料体験

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    白いプレートにブラックベリー、クリーム、そしてフランス風の優雅さを添えた一品。

    フランスの大根

    大根は日本では冬野菜の代表のような野菜ですが、フランスでは冬に大根を見かけることは殆どありません。今回はそんなフランスの大根事情について覗いてみましょう。…