フランス語で料理レシピを解説!家庭で愛される簡単な定番料理3選

  1. フランス食べ物

美食大国フランスの「Recette レシピ」には、真似したくなる魅力的なものが沢山!料理本の写真もおしゃれな物が多く、フランス語のレシピを読み解ければ本場の味が再現できますね。

フランスでポピュラーな簡単レシピを3つ見てみましょう。

フランス語で料理レシピを解説!家庭で愛される簡単な定番料理3選

フランス語レシピの注意点

フランス語でレシピを見るとき、知っておきたいのが液体などの表記方法です。うっかり計量を間違ってしまわないよう、レシピを見る前にしっかり確認しておきましょう。

フランスに多い量の表記は「dl」と「cl」。これは「décilitre」、「centilitre」を表します。

  • 1dl / décilitre:100cc
  • 1cl / centilitre:10cc

逆に日本で一般的な「ml」や「cc」といった表記は、ほとんど使われることないため、「dl」と「cl」を覚えておきましょう。

フランス語のレシピでは明確に量を表記するのではなく、おおざっぱな表記も好んで使われています。

フランス語のレシピで多用されるのが「c.à.c」と「c.à.s」。それぞれ「cuillère à café コーヒースプーン」と「cuillère à soupe スープスプーン」の略で、日本の小さじと大さじに該当します。

  • 1 c.à.c / cuillère à café:5cc
  • 1 c.à.s / cuillère à soupe:15cc

とはいえ家庭用の「cuillère」は計量スプーンとは違い、容量が同じではありません。上記のような容量の目安はありますが、実際にフランス人が料理するときには、利用する「cuillère」によって、量にばらつきが出てしまうのです。

verre グラス」もフランス語のレシピではよく見かける表記です。これは「verre à eau 水用のグラス」もしくは「verre à moutarde マスタードのグラス(フランスのマスタードはガラス瓶に入っています)」のことで、計量カップの代わりに使われます。

  • 1 verre:200cc

こちらも「cuillère」と同じく、利用する「verre」によって容量に違いが出てしまいます。不安な時は、少しずつ加えて量を調節したり、きちんと計量カップや秤を使って計量するようにしましょう。

フランス(フランス)の味をイメージしたトマトとキュウリのクスクスサラダ。

フランス語の簡単な料理レシピ3選

ここからはフランス語のレシピを見ながら、単語やポイントを解説していきます。フランス人が日常的に作る簡単なレシピを厳選したので、ぜひチャレンジしてください!

Taboulé 

Taboulé タブレ」とは「Semoule ひき割り小麦」に細かく切った野菜とハーブを加えて、ドレッシングで和えたお料理です。

本来はアルジェリアやモロッコなどアラブ圏の料理ですが、移民の多いフランスでも大人気のレシピなんですよ。

切って和えるだけの簡単料理に挑戦してみませんか?

材料

Ingrédients pour 4 personnes(材料 4人分)

  • 200g de semoule fine / 細かいスムール 200g
  • 1/2 concombre / きゅうり 1/2本
  • 3 tomates / トマト 3個
  • 2 échalotes / エシャロット 2個
  • 3 citrons / レモン 3個
  • 1 botte de menthe / ミント 1束
  • 10 cl d’huile d’olive / オリーブオイル 100cc
  • sel, poivre / 塩・コショウ

【ポイント】

フランスの「concombre」、見たことがありますか?日本の細いきゅうりとは別物に思える大きさなんです。一般的なサイズでも日本のきゅうりの4~5本分位あるので、日本のきゅうりサイズなら、2本は使ってください。

フランスの野菜は「concombre」以外にも大きなものがたくさん!興味のある方はこちらの記事もおすすめです。

échalote」はタマネギの親戚の野菜のこと。高さは3~4センチ・直径は2センチ位で上が尖った縦長の形をしています。早取りラッキョウのエシャレットとは別物なので、間違えないようにしてくださいね。

botte」は「束」、「menthe」のようなハーブは茎の所を縛り、束にして売られています。 買い物する時に「une menthe」と言ってしまうと「一枚のミント」の意味になってしまうので、必ず 「une botte de menthe」と言いましょう。

ちなみに本当に「一本のミント」が欲しいときも「une menthe」と言うのは本当はNG。「brin 一本、 細い茎」を使った「un brin de manthe」という表現が正解です。

作り方

Épluchez le concombre, et coupez le en 2.

きゅうりの皮をむき、半分に切る

Enlevez le cœur de pépins, coupez le concombre en petits cubes.

タネを取り、小さいキューブに切る

Coupez les tomates en 4, enlevez le cœur de pépins, coupez les chairs comme pour les concombres.

トマトを4つに切りタネを取る。果肉をきゅうりと同じように切る

Épluchez les échalotes, et émincez finement.

エシャロットの皮をむき、薄切りにする

Dans un grand saladier, mélangez la semoule avec tous ces ingrédients.

大きなサラダボウルに、スムールと切った材料を入れ混ぜる

Ajoutez l’huile d’olive, le jus et les zestes des citrons.

オリーブオイルとレモン果汁・レモンの皮を加える

Gardez au frais pendant 3 heures.

冷蔵庫で3時間休ませる

Effeuillez et émincez la menthe.

ミントの葉を取り細切りにする

Ajoutez avant de servir, puis assaisonnez.

食べる前に和え、塩・コショウをする

  • éplucher 皮をむく
  • couper  切る
  • enlever 取り除く
  • émincer 薄切りにする
  • mélanger 混ぜる
  • ajouter  付け加える
  • garder 保存する
  • effeuiller  葉を取る
  • servir (料理を)出す
  • assaisonner 味付けをする

éplucher le concombre

きゅうりの皮をむく

フランスのきゅうりは大きいだけあって、皮も硬くなっています。口当たりが悪いので、取り除くのが一般的です。

enlever le cœur de pépins

中心のタネを取り除く

cœur」は「心臓」の意味ですが、「野菜などの中心部分、芯」という意味もあります。そして「pepin」は「種」のことです。きゅうりは皮が固いだけでなく、種も大きく固いため、スプーンなどで取り除いてください。

Couper en ~ 

~に切る

数字が入れば「~個に切る」、「cubes キューブ」の様に形が入れば、「~の形に切る」となります。「cubes」のかわりに「さいころ」を使い「couper en dés」ともいいます。

émincer finement

薄切りにする

émincer」を日本語に訳すと「薄切りにする」となりますが、フランス語の場合は、透けて見えるような薄さから、1センチもあるような切り方まで、料理や素材によって解釈は様々です。

そのため、しっかり薄く切って欲しいときには「finement 薄く」、薄切りといっても厚めで良い場合は「grossièrement 大まかに」と指示をします。

avec tous ces ingrédients 

これらの材料

ここで注目してほしいのは「ces」です。「これらの(材料)」ということで、「ここまでに切った全ての材料」を指しています。

もし「tous les ingrédients」と「les」を使った場合は、「(それ以外の物も含む)全ての材料」という意味になってしまうので、ニュアンスに注意しましょう。 

assaisonner

味付けをする

assaisonner」は塩・コショウに限らず、味付全体に使える表現です。塩コショウに限定するならば、「saler 塩をする」「poivrer コショウをする」という表現もあります。

木箱にネギの束を入れたフランス人女性。

Poireaux vinaigrette

Poireaux vinaigrette ポロねぎのドレッシング和え」は「poireau ポロねぎ」が主役のサラダ。ねぎ独特の甘味と風味が、ドレッシングの酸味にぴったりマッチします。

poireau」の旬は冬なので、生野菜が少ない季節に大活躍してくれる野菜の一つ。フランス家庭の定番レシピで、前菜として登場します。

ドレッシングは基本的な「sauce vinaigrette フレンチドレッシング」でも良いですし、和風の醤油ベースでも美味しくいただけます。レストランでは贅沢にトリュフを使ったドレッシングを纏って登場することも!

このレシピではドライトマトのオイル漬けを使った、家庭でも簡単に作れる風味豊かなソースをご紹介します。

材料

Ingrédients pour 4 personnes(材料 4人分)

  • 4 poireaux / ポロねぎ4本
  • 10cl d’huile d’olive / オリーブオイル 100cc
  • 1 cuillère à soupe de tomate à l’huile / オイル漬けのドライトマト スープスプーン1杯
  • 1 botte de persil plat / イタリアンパセリ 1束
  • 1 échalote / エシャロット 1個
  • fleur de sel, poivre / 塩の花・コショウ

【ポイント】

ネギといえば「poireau」というほど、フランスでは一般的に売られている野菜です。日本では手に入りにくいので、白ねぎで代用してください。日本の白ネギでも十分美味しく作れますよ。

Fleur de sel」は海の旨みの濃縮された塩で、フレーク状になっている物です。精製塩には無いまろやかな旨味があるので、料理の仕上げに使います。

作り方

Coupez la queue et le vert des poireaux.

ポロねぎの根と青いところを切り落とす

Coupez ensuite chaque poireau en 2, les nettoyez sous l’eau courante.

2つに切り流水で洗う

Les disposez dans un bac à vapeur et cuisez-les 30 minutes.

蒸し器に入れて30分蒸す

Coupez finement les tomates à l’huile, le persil plat et l’échalote.

ドライトマト・イタリアンパセリ・エシャロットを細かく刻む

Mélangez le tout, et ajoutez l’huile d’olive.

全て混ぜたらオリーブオイルを加える

Laissez tiédir les poireaux dans la sauce.

ソースにポロねぎを入れ冷ます

Assaisonnez de fleur de sel et de poivre.

塩の花とコショウで味を調える

  • nettoyer きれいにする
  • disposer 並べる
  • cuire 火を通す
  • tiédir 生ぬるくなる

la queue et le vert

根っこと緑(の部分)

la queue」は「しっぽ、行列」などを意味する単語ですが、このレシピの場合は「poireaux」のことなので、しっぽでなく「根っこ」のことです。そして日本語ではねぎの上の部分は「青い」と表現しますが、フランス語では「le vert 緑」です。 

Les disposer dans ~

それを~に並べて

この「Les」は「それ」という代名詞。「poireaux」を示しています。

Laisser tiédir

冷ます

Laisser+自動詞」で「~にさせて置く」という意味です。「tiédir」は「生ぬるくなる」という意味なので、「Laisser tiédir」で「生ぬるくなるまで置いておく=冷ます」という意味になります。

トマト、ズッキーニ、マッシュルームとフランス風の風味を加えた野菜シチューのボウル。

Ratatouille

ratatouille ラタトゥイユ」は南仏の郷土料理で、夏野菜のトマト煮込みです。味も作り方も知っている!という方も多いのではないでしょうか?知っている料理ならフランス語のレシピを理解しやすいので、気軽にチャレンジしてみてください!

材料

  • 2 courgettes / ズッキーニ 2本
  • 1 aubergine / なす 1個
  • 1 poivron vert / 緑パプリカ 1個
  • 1 poivron rouge / 赤パプリカ 1個
  • 3 tomates / トマト 3個
  • 1 oignon /玉ねぎ 1個
  • 2 gousses ail /にんにく 2片
  • 1 bouquet garni / ブーケガルニ 1個
  • huile d’olive, sel, poivre / オリーブオイル・塩・こしょう

【ポイント】

フランスには日本のような緑のピーマンはありませんが、「poivron パプリカ」も「vert 緑」の物が売られています。「poivron vert」が見つからない時は「poivron rouge」で代用するか、日本の普通のピーマンを使っても大丈夫ですよ。

gousse ail」の「gousse」は「一かけら」という意味。丸ごとのにんにくの場合は「tête 頭、頭状のもの」を使い「tête d’ail」といいます。

作り方

Détaillez les courgettes, l’aubergine, le poivron vert et le rouge, en cubes de taille moyenne, et émincez l’oignon.

ズッキーニとなす、緑パプリカ、赤パプリカを中位のキューブに切り、玉ねぎは薄切りにします。

Faites revenir ces légumes pendant 5 minutes avec un peu d’huile d’olive.

少量のオリーブオイルで、それらを色づくまで炒めます。

Ajoutez les tomates coupées en quartiers, et baissez le feu.

4つに切ったトマトを加え、火を弱めます。

Ajoutez un bouquet garni et gousses d’ail, salez et poivrez.

ブーケガルニとにんにくを加え、塩コショウします。

Couvrez pour laisser mijoter 40 minutes.

蓋をしてとろ火で40分煮ます。

  • détailler 小分けにする
  • revenir 色づくまで炒める
  • mijoter とろ火で煮込む

フランスのお菓子のレシピに興味がある方は、こちらの記事もおすすめです。

女性がキッチンカウンターで本を読んでいます。

フランスで人気のレシピ本やサイト

フランス語のレシピは、フランス語を勉強するのにも役立ちます。お料理好きなら、知らない料理単語を調べるのも楽しいものですよね。

ここからは、フランスで人気のレシピ本やサイトを紹介します。フランス人が日常的に作っているような料理が学べますよ。

フランスで人気のレシピ本

フランスにはたくさんのレシピ本が売られていますが、特に人気の高いレシピ本の筆者を紹介します。何冊も出版されているので、そのなかからお気に入りの一冊を見つけ出してくださいね。

Laurent Mariotte

Laurent Mariotte」はフランスの代表的なテレビチャンネルである「TF1」やラジオに料理番組を持つ司会者です。

少ない材料、かつシンプルな手順で作れる料理が多いのも特徴的。簡単にフランスのエスプリが効いたおしゃれな料理を作りたい方におすすめです。

Cyril Lignac

Cyril Lignac」はパリにいくつものレストランやパティスリーを持ち、テレビにも頻繁に登場する人気シェフ。

特に「Fait Maison」というシリーズは、「家庭で作った」という名の通り、一般家庭でも作りやすいレシピばかりが紹介されています。

Julie Andrieu

Julie Andrieu」もテレビやラジオの料理番組で高い人気を誇る司会者。見て楽しいおしゃれな料理であるのはもちろん、これなら毎日作れそうと思えるレシピが多いのが特徴です。

忙しいけどマンネリ料理から脱却したい!とにかく簡単なフランス料理のレシピが知りたい!そんな方におすすめです。

星付き有名シェフの芸術作品のようなレシピ本も、フランスではたくさん出版されています。専門用語が登場したり、手順が複雑だったりと、難しい内容なことも多く、フランス語の勉強には向いていませんが…。

見ているだけでも幸せになれるので、機会があればぜひ手に取ってみてくださいね。

フランスで人気のレシピサイト

Marmiton

Marmiton」はフランスで人気のレシピサイト。「見習いコック」という意味です。

調理時間や難易度・予算・評価が一目でわかる他、人数を選択すると材料も調節してくれるのでとても便利!

必要な「ingrédients 材料」や「ustensiles 調理器具」 も画像付きで表示されているので、フランス語初心者でも、自分の家で作れるのかが一目でわかりますよ。

実際にフランス人が家庭で作っているような簡単なレシピが多いため、フランス料理初心者の方にもおすすめのレシピサイトです。

まとめ

フランス料理というと、なんだか作り方が難しいイメージがありますが、実は短時間で作れる簡単なレシピもたくさん存在しています。

美味しい料理を作れるだけでなく、フランス語の勉強にもなるので、ぜひフランス語のレシピに挑戦してくださいね!

関連リンク

Bon appétit!フランスの美味しい家庭料理を召し上がれ … – キナリノ この記事では、フランスの家庭料理について紹介しています。フランスの定番料理やその作り方が掲載されており、家庭で簡単に作れるフランス料理のレシピを学ぶことができます。

使えるフランス語をカフェで習得
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

フランスで食事を楽しむ女性が、豆腐をフォークに丁寧につかんでいる。

フランスの豆腐

豆腐といえば日本や中国の食材ですが、実はフランスでも手軽に買うことができるようになってきました。今回はそんなフランスの豆腐について覗いてみましょう。フラ…