時差ぼけをフランス語で

    1. フランス旅行・観光

    日本とフランスの時差は8時間、旅行の行き返りに時差ぼけになってしまう人も多いのでは?今回は「時差ぼけ」をフランス語でなんと言うのか見てみましょう。

    海外旅行に時差ぼけは付き物

    ヴァカンス中に日本へ里帰りしていた花子さんは、マリーさんにお土産を渡しています。8時間も時差のあるフランスと日本、時差ぼけにはならないのでしょうか?

    会話

    Hanako : Tiens Marie, c’est pour toi.

    はい、マリー。あなたによ。

    Marie : Merci, est-ce que c’est le cadeau de souvenir du Japon ?

    ありがとう、日本のお土産?

    Hanako : Oui, un petit gâteau japonais. 

    ええ、日本の小さいお菓子よ。

    Marie : C’était comment tes vacances au Japon ?

    日本でもヴァカンスはどうだった?

    Hanako : Comme d’habitude.

    いつも通りよ。

    Je suis allée manger aux restaurants que j’aimais, et j’ai vu mes amis…

    レストランへ行ったり、友達と会ったり…

    J’ai tellement mangé que j’ai pris quelques kilos !

    食べ過ぎて何キロか太ったわ!

    Marie : Après les vacances, tu dis toujours la même chose.

    ヴァカンスの後って、あなたいつも同じこと言ってるわよ。

    Hanako : Oui, c’est vrai.

    本当ね。

    Mais chaque fois que j’y vais, je souffre du décalage horaire.

    でも毎回日本に行くたびに、時差ぼけで困るの。

    Marie : Je crois qu’il y a 8 heures de décalage entre la France et le Japon ?

    フランスと日本の時差って8時間だっけ?

    Hanako : Exactement.

    その通り。

    Moi, qui n’arrive pas à dormir dans l’avion, mon corps ne peut pas s’adapter tout de suite.

    私、飛行機の中で眠れないのよね。体もすぐに適応できなくって。

    Marie : Je comprends.

    わかるわ。

    Moi aussi, je souffre souvent du décalage horaire quand je voyage.

    私も旅行に行くと時差ぼけに苦しめられるのよ。

    On peut gâcher facilement 2-3jours à cause de ça.

    そのせいで、2~3日は無駄になることもよくあるわ。

    ポイント

    le cadeau de souvenir

    フランスを感じる赤、白、青のチャームがいっぱい。

    cadeau」はプレゼント、「souvenir」は記憶や思い出と意味ですね。セットにすると「(人にあげる)お土産」の意味になります。

    souvenir」だけでも「お土産」の意味があるので、「cadeau」なしでも使えます。自分用のお土産なら「cadeau」なしの「souvenir」だけで使いましょう。

    お土産屋さんは「boutique de souvenirs」です。複数形なのに注意しましょう。

    Il faut acheter des cadeaux de souvenir pour ma famille.

    家族へのお土産を買わなきゃ。

    Regarde, c’est très jolie ! Je l’achète pour moi comme un petit souvenir !

    見て、すごくかわいい!自分用のお土産に買うわ!

    Tiens, il y a une boutique de souvenirs. On achète des cartes postales ?

    ほら、お土産屋さんがあるよ。ポストカード買わない?

    comme d’habitude

    comme d’habitude」は「いつも通り」の意味です

    例1

    A : Qu’est-ce  que tu as fait de beau aujourd’hui ?

    今日はどんな(良い)ことをしたの?

    B : Comme d’habitude.

    いつも通りよ。

    例2

    A : J’ai acheté des pommes. Tu veux que je prépare une tarte aux pommes comme d’habitude ?

    りんごを買ったわ。いつも通り、りんごのタルトを作ろうか?

    B : Oui s’il te plait ! J’adore ta tarte aux pommes !

    ええ、お願い!あなたのりんごのタルト大好きよ!

    arriver  à +不定詞

    目覚まし時計を前にベッドに横たわり、来たるフランス旅行を夢見ている女性。

    arriver  à +不定詞」は「~出来るようになる」の意味で使われます。「なにか難しいことが出来る」というニュアンスです。

    「出来る」の意味でよく使われる「pouvoir」は、単に「出来るか出来ないか」と可能性の「出来る」です。

    文中の花子さんは「寝ようとがんばったけど、寝ることが出来ない」と伝えたいから「ne pas arriver à dormir」という表現を使っているんですね。

    J’ai lu plusieurs fois cette phrase, mais je n’arrive pas à la comprendre.

    何度もこの文を読んでみたけれど、理解することが出来ない。

    Tu arrives à tous manger ? Il est top copieux ce plat !

    全部食べられそう?この料理ボリュームがありすぎるよ!

    時差ぼけ

    時差は「le décalage horaire」ですが、日本語で言うところの「時差ぼけ」にぴったりのフランス語は見当たらないんです。

    一番近い表現だと「syndrome 症候群」を使って「syndrome du décalage horaire」でしょうか。

    ですので、時差ぼけで困っているときには動詞の「souffrir 苦しむ」を使って「Je souffre du décalage horaire」といいます。

    「時差に苦しんでいる」なんて、ずいぶんたいそうな表現になってしまいますね。

    何はともあれ、フランスと日本の時差は8時間(夏なら7時間)ありますから、時差ぼけになってしまうのは仕方がありません。

    出来るだけ飛行機の中で寝て、到着時には現地時間に対応できるようになりたいものですね。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスで自転車の隣に立つ男性と女性。

    フランス語で道を尋ねる

    以前、知らない町で道に迷ってタクシーに乗る、というシチュエーションを考えましたが、時間に余裕があれば、居合わせた人に道をたずねて教えてもらう、という選択肢がありますね…