foule「人混み」でフランス語を簡単・楽しく勉強

    1. フランス旅行・観光

    7月にヴァカンスを過ごす人・8月にヴァカンスを過ごす人、その時期によってフランス語ではそれぞれに表現する単語が存在します。

    今回はヴァカンス大好きなフランスらしい表現を見てみましょう。

    ヴァカンスの予定

    今日の花子さんとマリーさんは、お互いの夏のヴァカンスの予定について話しているようです。

    会話

    Marie : Tu pars quand en vacances ?

    あなたはいつヴァカンスに出発するの?

    Hanako : Je pars le dernier week-end de juillet.

    7月の最後の週末よ。

    Marie : Oh ! C’est la pire journée du chassé-croisé des vacanciers !

    まあ!ヴァカンスを過ごす人の入れ替えで、一番込み合う日じゃない!

    Hanako : Oui, je sais. Mais mon mari, il ne peut prendre les vacances qu’à cette période…

    ええ、でも夫がこの時期しかヴァカンスが取れなくて…

    Marie : À cause des autres collègues qui sont des juillettistes ?

    他の同僚が7月にヴァカンスを取るから?

    Hanako : Exactement. Et toi marie, comme tu ne pars pas en juillet, tu es une aoutienne ?

    その通り。で、マリー、あなたは?7月にヴァカンスに行かないのだから、8月にヴァカンスを取るの?

    Marie : Oui, c’est ça. Nous partirons à la mi-août pour deux semaines.

    ええ、そうよ。8月の真ん中に2週間行ってくるわ。

    Hanako : Où vous passez les vacances cette année ?

    今年はどこで過ごすの?

    Marie : Au Maroc. Nous partirons au vendredi pour éviter la foule.

    モロッコで。人混みを避けるために金曜日に発つわ。

    Hanako : J’ai entendu dire que la file pour passer le contrôle de sécurité à l’aéroport est affreusement longue en été.

    空港のセキュリティーチェックのための列が、恐ろしいほど長いって聞いたわ。

    Marie : Justement. C’est le prix à payer pour passer les vacances au soleil !

    そうなのよ。太陽の下でヴァカンスを過ごすための代償よね。

    ポイント

    vacancier

    フランスのビーチで黄色い傘をさしてくつろぐ女性。

    vacancier」は「ヴァカンスを過ごす人」の意味で、海や山、もしくは観光地などでヴァカンスを過ごす人たちを指します。

    ヴァカンス=休暇を取っても、どこにも行かない人のことは「vacancier」とは呼びません。

    foule「群集・人混み」

    foule」は「群集・人混み」のこと。

    文中の「Nous partirons au vendredi pour éviter la foule」は、ヴァカンス時期の週末の駅や空港の混雑を避けるために金曜日に出発する、ということですね。

    juillettisteとaoûtien「7月にヴァカンスを取る人」

    juillettiste」に「aoûtien」、それぞれ「7月にヴァカンスを取る人」と「8月にヴァカンスを取る人」の意味です。

    juillettiste」は男性・女性形共に同じですが、「aoûtien」の女性系は「une aoûtienne」となります。

    aoûtien」は「aoûtut・ウット) 8月」から派生しているので発音は「ウッシアン」かと思ってしまいそうですが、正しい発音は「ausjɛ̃・アウシアン」になるので注意が必要ですね。

    ヴァカンスを過ごす時期によって、それに対する名称があるなんて、フランス人のヴァカンスに対する思い入れが感じられる表現だと思いませんか?

    また、観光地のレストランやお店でも7月や8月に休暇をとっている場合があります。

    夏休み中にフランス旅行をするなら、お目当てのお店がオープンしているかの事前チェックは欠かせません。

    chassé-croisé「(地位や立場の)交換」

    ビーチの前に「フランス」と書かれた木の看板。

    chassé-croisé」は「(地位や立場の)交換」のことですが、ヴァカンス中の週末に起こる「vacancier」の出発組・帰宅組みの入れ替えを指すのにも使われる表現です。

    夏の間は毎週末のように、テレビのニュースで「chassé-croisé des vacanciers」について報じられています。

    7月末や8月頭の週末に起こる「juillettiste」と「aoûtien」の「chassé-croisé」は取り分け混雑がひどく「le grand chassé-croisé」とも表現されます。

    高速道路の渋滞は勿論、パリの主要ターミナル駅や空港の混雑は、日本のお盆以上かもしれません。

    そして残念なことに日本と比べてフランスは、TGV等の電車の遅延も多いのです。

    公共機関でヴァカンス地まで移動するなら、予定通りに目的地へ到着できない場合のシミュレーションもしておくことをおすすめします。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスの窓枠に置かれた、青いボトルがいっぱい入った籐のかご。

    パリの湧き水

    飲み水になるような湧き水といえば自然豊かな森の中の上流をイメージしますが、実はパリでも飲めるってご存知ですか?今回はパリ地元民に愛される、そんな泉の情報を覗いてみまし…