独学で、フランス語を学ぶ人へ、役立つフランス語を提供するニュースサイト

友達どうしを紹介する

Bonjours, chers amis!! (皆さん、こんにちは。)

Comment allez-vous?? (お元気でお過ごしですか?)

あなたは留学中の友達を訪ねて、フランスに遊びに行きました。友達はフランスでの友人を招いて、引き合わせのパーティーを開いてくれました。ホストは初対面の友人どうしを相手に紹介します。・・・今日はそういったシチュエーションを見てみましょう。

会話

Tomoki:Phillipe, je te presente mes amis vet Naoto. Ils sont arrivés du Japon il y a trois jours. Takeshi, Naoto, voici Phillipe. Il est mon camarade à l’université. (フィリップ、友達のたけしとなおとを紹介するよ。3日前に日本から来たんだ。たけし、なおと、こちらはフィリップ。大学の同級生なんだ。)

Phillipe: Enchanté. Comment vas tu? (はじめまして。元気?)

Takeshi: Je vais très bien, merci. Heureux de vous connaître. (元気です。ありがとう。お会いできてうれしいです。)

Phillipe :Tutoyons nous, je vous prie!! La France vous plaît? (よかったら、チュで話そうよ!フランスは気に入った?)

Naoto : Oui, beaucoup. (うん、とても。)

Vocabulaire

(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

presenter 紹介する

arriver 到着する

voici ここに~がいる(ある)

étudient (m) 学生

même 同じ

université (m) 大学

heureux 幸せだ、うれしい

tutoyer tuを用いて話す

je vous prie どうぞ、すみませんが

plaire 気に入る

今週のポイント

je te presente mes amis ~:友達の~さんを紹介します

人を引き合わせるときの決まり文句です。もちろんvousの相手の場合にはte の代わりにvousが入ってje vous presente~となりますし、友達が1人の場合にはmes amis の代わりにmon ami(男友達の場合)もしくはmon amie(女友達の場合)となります。

Ils sont arrivés:彼らは到着した

動詞の形に注目してください。中心となるのは、arriver「到着する」です。この動詞が、複合過去という時制になっているために、sont arrivésという形になっています。

複合過去は、これまでにも何度か出てきていますが、「過去の一時点における動作」を表し、大部分の動詞ではavoir+過去分詞の形を取るのでした。

ところが、aller(行く), venir(来る), sortir(外出する), arriver(到着する), partir(出発する), monter(上る), descendre(下る), naître(生まれる), mourir(死ぬ), devenir(~になる), rester(とどまる)など、主として「運動を表す動詞」では、être+過去分詞の形を取ります。具体的に見てみましょう(例文はすべて、主語が男性の場合です)。

ex.Hier, je suis allé à la mère.  (昨日私は海に行った)

ex.Pierre n’est pas là. Il est sorti. (ピエールはいないよ。出かけたんだ)

さて、わざわざ「主語が男性の場合」とことわったのには訳があります。主語が女性や複数の場合には、過去分詞を、形容詞と同じように女性形・複数形に変化させなくてはならないのです。もう一度見てみましょう。

ex.Je suis née en 1978. (私は1978年生まれです) – 女性 

ex.Marie est devenue malade. (マリーは病気になった) 

ex.Elles sont parties tout de suite. (彼女たちはすぐに出発した)

Comment vas-tu ?:元気?

Comment allez-vous ?のtuの形です。

Tutoyons nous:「tuで呼び合いましょう」

フランス語の2人称には、vousとtuがあるのでした。tuで呼ぶことをtutoyer、vousで呼ぶことをvouvoyerといいます。フランス人はわりと神経質にこの2つを使い分け、vousで呼び合っていたある日、「そろそろtutoyerしよう」と言ったりします。が、学生同士などは、さいしょから何のことわりもなくtuを使うことも多いようです。

je vous prie:どうぞ、すみませんが

s’il vous plaîtと同じように、「どうぞ」の意味で使います。prieはもともとprier「祈る、懇願する」という動詞なので、直訳すると「私はあなたにお願いします」の意味になるわけですね。なお、「tutoyerしよう」と言った本人のphillipeがその後もvousと言っているのは、相手がたけしとなおとの2人(複数)だからです。

今週のお役立ち!過去分詞

複合過去を作るとき、また受動態を作るときに、欠かせない過去分詞。辞書を引けばそれぞれの動詞の項に示されていますが、規則性があるものもありますので、今さらという気もしますが、まとめておきましょう。

1.er 動詞 chanter, danser, manger, marcher, などなど

最後のerをéに変えます。上の例では、chanté, dansé, mangé, marchéとなります。

2. –ir動詞   dormir, réfléchir, finir, partirなど

最後のirをiに変えます。上の例では、dormi, réflechi, fini, partiとなります。

3. –oirで終わる動詞  pouvoir, vouloir, voir, boire, savoirなど

語尾がuになるものが多いのですが、単純にoirをuに変えればよいわけではありません。上の例では、pu, voulu, vu, bu, suとなります。

そしてやはり、不規則な変化をするものも少なくはありません。être→été, avoir→eu, faire→fait, mettre→mis, ouvrir→ouvertなど。

関連記事