フランスの年末気分を味わうおすすめレシピ

    1. フランス食べ物

    家族や友達と集まる機会が多くなる年末年始、フランスではレストランよりも自宅でパーティーを開く事が多いんです。

    今回は自宅で作れるメイン料理を一品ご紹介します。

    フランスのグリルでチキンのグリルとレモンとトマト。Cuisses de poulet rôties à la farce aux fruits secs ドライフルーツの詰め物をした鶏もも肉のロティ

    フランスで『Noël クリスマス』のご馳走といえば『Chapon 去勢した雄鳥』のロティです。

    大きいから家族みんなが集まるパーティーにぴったりですが、日本のオーブンでは作るのが難しいサイズですね。

    鶏もも肉にたっぷり詰め物をして、フランスのごちそうを小さいサイズで作ってみましょう。

    材料

    Ingrédients pour 4 personnes

    材料 4人分

    4 cuisses avec hauts de poulet

    鶏もも肉 4本

    100g de blanc de poulet

    鶏のささみ 100g

    4 tranches fines de jambon cru

    薄切り生ハム 4枚

    4 abricots secs

    ドライアプリコット 4個

    50g de châtaignes

    栗 50g

    30g de noisettes

    ハシバミの実 30g

    10g de cèpes séchés

    乾燥セップ 10g

    200g de tomates cerises

    プチトマト 200g

    2 échalotes

    エシャロット 2個

    10 brins de ciboulettes

    シブレット 10本

    10cl de crème liquide

    生クリーム 100cc

    huile d’olive

    オリーブオイル

    sel, poivre

    塩・コショウ

    ポイント

    *鶏肉部位の名称

    cuisse」は「もも」のことです。「下もも肉」のことは「pilon」と別の名称があります。「cuisse avec hauts de poulet」という場合は、「cuisse」と「pilon」、それにもも肉の上の背中の部分も付いた状態を指します。

    blanc de poulet」は「鶏のささみ」です。「blanc」は「白い」ですね。確かに他の野部位と比べると白い肉質をしています。

    「胸肉」は「filet」ですが、フランスで人気があるのは、ヘルシーで骨が付いていないこの「filet de poulet」なんですよ。(フランスのもも肉は、骨付きが普通です。)

    「手羽」は「aile」と呼びます。

    *「jambon」も、もも肉ですがこちらは「豚のもも肉」もしくは「ハム」を指します。「cru 生」と付いて生ハムですね。

    *「栗」って「marron」じゃないの?と思いますよね。「marron」も栗なんですが「marronnier トチの木」の実でエグミがあり、食用に適さないもののことを言います。食用の栗は「châtaigne」と言い、「châtaignnier 栗の木」の木の実なんですよ。ところが、大きな栗の実になると「marron」と言う言葉が使われます。「marron glacé マロングラッセ」などがそうですが、これも「châtaigne」が使われています。

    *プチトマトの「プチ」、小さいと言う意味のフランス語ですよね。しかしフランスでプチトマトは「tomate cerise」と呼びます。「cerise」は「さくらんぼ」です。

    *「生クリーム」を直訳すると「crème fraîche フレッシュなクリーム」になりそうですが、「crème liquide 液体のクリーム」が生クリームです。「crème fraîche」は、「crème liquide」を発酵させたものなので酸味があります。

    キッチンでフランス料理を準備する人々のグループ。作り方

    Réhydrater les cèpes avec un peu d’eau et laisser une nuit

    セップを少量の水に一晩浸けて戻す

    Désosser les cuisses de poulet

    鶏もも上部の骨を外す

    Eplucher les échalotes, les ciseler

    エシャロットの皮をむき千切りにする

    Hacher grossièrement les abricots secs, les châtaignes, les cèpes et la ciboulette

    ドライアプリコットと栗・セップ・シブレットを荒く刻む

    Faire fondre les échalotes à l’huile d’olive

    オリーブオイルでエシャロットを弱火で炒める

    Ajouter les cèpes et laisser cuire pendant 5 minutes

    セップを加え5分火にかける

    Mixer le blanc de poulet avec la crème liquide

    鶏むね肉をフードプロセッサーにかけ生クリームを加える

    Ajouter les abricots secs, les châtaignes, les cèpes et la ciboulette

    ドライアプリコットと栗・セップ・シブレットを加える

    Mélanger, saler et poivrer

    全体を混ぜて塩・コショウする

    Farcir chaque cuisse de poulet de cette préparation

    鶏もも肉に詰める

    Les enrouler de tranches de jambon cru et ficeler

    生ハムで巻き、糸でしばる

    Huiler une cocotte et disposer les cuisses de poulet

    ココット油を塗り鶏もも肉を並べる

    Arroser généreusement d’huile d’olive

    オリーブオイルをたっぷりまわしかける

    Enfourner à 180 pour 45 minutes

    180℃のオーブンで45分焼く

    Ajouter les tomates cerises 10 minutes avant la fin de cuisson

    焼き上がりの10分前にプチトマトを加える

    単語

    (記載が無ければ他動詞)

    • réhydrater  水で戻す
    • laisser 置いておく
    • désosser  骨を取り除く
    • éplucher  皮をむく
    • ciseler 千切りにする
    • hacher  細かく刻む
    • fondre (自動詞)蒸し煮にする
    • ajouter  付け加える
    • cuire 焼く・煮る・炒める
    • mixer ミキサーにかける
    • mélanger 混ぜる
    • saler 塩をする
    • poivrer コショウをする
    • farcir  詰め物をする
    • enrouler  巻きつける
    • ficeler 紐でくくる
    • huiler 油を塗る
    • disposer 並べる
    • arroser  (液体を)かける
    • enfourner  オーブンに入れる

    ポイント

    *「faire+不定詞」で「~させる」の意味になります。「faire fondre les échalotes à l’huile d’olive」で「エシャロットをオリーブオイルで蒸し煮にさせる 」ですね。

    *「mixer」は「mixer/mixeur ミキサー」から来た動詞です。普通に「混ぜる」 時は「mélanger」使います。

    フランスで、伝統的な衣装を着た女性と 2 人の子供が、美しく装飾されたクリスマス ツリーの前に座っています。フランスの年末年始のご馳走

    フランスで年末を過ごすとビックリするのが、クリスマスツリーがクリスマスを過ぎてお正月が来ても飾ってある事ではないでしょうか。

    クリスマスが終わると直ぐにお正月の準備を始める日本とは違い、1月6日の「épiphanie 公現祭」まではクリスマス気分が続きます。

    お正月もクリスマスツリーの下、クリスマスと同じようなご馳走と「bûche de noël ビュッシュ・ド・ノエル」が登場するわけですね。

    遅めの時間の「apéritif アペリティフ」に始まり「hors-d’oeuvre 前菜」に「foie gras フォア・グラ」や「saumon fumé スモークサーモン」「huître 牡蠣」などがポピュラーです。

    plat principal メイン料理」には「chapon」や「poulet」などのオーブン料理が良く登場します。そして「dessert デザート」は0時になってから頂くのがフランス流です。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスを思わせる赤と白のチェック柄のテーブルクロスに、フォークとナイフがセットされた白いお皿。

    パリの大衆食堂

    星付きの有名レストランもいいですが、フランス人が毎日食べているようなフランス料理を食べてみたいなら大衆食堂がおすすめです。今回はフランス人にも愛されているパリの…