独学で、フランス語を学ぶ人へ、役立つフランス語を提供するニュースサイト

医者に行く

海外で風邪を引いてしまうのは、なかなかつらい事ですね。

そして、初めてフランス人のお医者さんに診てもらうのも、色々とわからない事もあり、大変だと思います。

このレッスンでは、風邪を引いて医者に診てもらう、そういったシチュエーションを見てみましょう。

風邪を引いたロマンは、お医者さんに行きました。

shutterstock_296935136会話

Médecin : Qu’est-ce que vous avez? (どうしましたか?)

Romain : J’ai mal à la tête depuis hier. (昨日から頭が痛いんです。)

J’étais très fatigué en sortant du travail. (会社を出てからすごく疲れを感じていました。)

Ensuite, j’ai commencé à avoir mal à la tête. (それで、頭がすごく痛くなってきました。)

J’avais froid bien que je fusse bien couvert pendant la nuit. (夜も、ちゃんと暖かくして寝ていたんですが、寒かったんです。)

Médecin : Vous toussez?(咳は出ますか?)

Romain : Oui, j’ai toussé beaucoup cette nuit. J’avais mal dormi. Je me demande si je n’ai pas attrapé la grippe… (はい、昨晩は咳がたくさん出ました。あまりよく眠れませんでした。インフルエンザじゃないかと思うんですが…。)

Médecin : D’accord. Je vais mesurer la fièvre. (わかりました。熱を測りますね。)

(3 minutes plus tard 3分後)

Médecin : Vous avez une très légère fièvre. C’est juste un rhume. Mais il faut faire attention. En ce moment, il y a beaucoup de gens qui attrapent la grippe. (ちょっとだけ熱がありますね。ただの風邪ですよ。でも、気をつけなければなりませんよ。最近、たくさんの人がインフルエンザにかかっていますから。)

Romain : Oui, c’est vrai. (はい、そうですね。)

Médecin : Je vais vous donner un arrêt de travail, vous pouvez rester tranquille à la maison. (休職届を出しますね。家でゆっくり休んでください。)

Romain : Euh, je dois vraiment aller au travail aujourd’hui. J’ai une réunion importante. (ええと、今日はどうしても会社に行かなければならないんです。大事な会議がありますから。)

Médecin : D’accord. Vous prenez bien des médicaments. Ne vous forcez pas trop. (わかりました。ちゃんと薬を飲んでください。無理はしないでください。)

Romain : D’accord. Merci beaucoup. (わかりました。ありがとうございます。)

今週のポイント

shutterstock_320424128Qu’est-ce que vous avez? : どうしましたか?

Qu’est-ce que vous avez?は文字通りに訳すと、「何を持っていますか?」となりますが、

医者に診てもらう場面などでは、「どうしましたか?」といった意味で使います。

Médecin : Qu’est-ce que vous avez?

Anaïs : Je pense que je suis allergique aux pollens. J’éternue tout le temps.

Médecin : Oui, c’est la saison. Je vais vous donner un médicament.

Médecin : どうしましたか?

Anaïs : 多分、花粉症だと思うんです。いつもくしゃみが出るんです。

Médecin : ええ、季節ですからね。薬を出しますよ。

shutterstock_341630921Etre couvert : (布団に)くるまっている

être couvert は、「覆われている」という意味を含んでおり、布団などに「くるまっている」という意味でも使います。

また、服をたくさん着込んでいる状態対しても être couvert を使うことができます。

Benjamin : Tu fais du sport?

Léa : Oui, je fais du footing tous les matins.

Benjamin : Tu l’as fait ce matin aussi?

Léa : Oui.

Benjamin : Il fait froid!

Léa : Non, ça va. Je suis bien couvert quand je cours.

Benjamin : スポーツやってる?

Léa : ええ、毎朝ジョギングをやってるわ。

Benjamin : 今朝も走ったの?

Léa : ええ。

Benjamin : 寒いよ!

Léa : いいえ、大丈夫よ。走る時はたくさん着込んでるから。

shutterstock_232827916Attraper la grippe : インフルエンザにかかる

attraper は「捕まえる」という意味で、grippe は「インフルエンザ」を意味します。

attraper la grippeで「インフルエンザにかかる」という意味で使います。

また、attraper un rhume「風邪をひく」と風邪をひいた場合にも attraper を使います。

Hugo : Ça va, Cindy?

Cindy : Non, pas terrible. Je ne me sens pas bien. Je suis peut-être enrhumée.

Hugo : Il vaut mieux aller chez le médecin. En ce moment, beaucoup de gens attrapent la grippe.

Cindy : Ah, d’accord. Je vais prendre le rendez-vous.

Hugo : シンディー、元気かい?

Cindy : いいえ、あまり良くないわ。気分が優れないの。多分風邪だと思う。

Hugo : 医者に行った方がいいよ。最近、インフルエンザが流行ってるから。

Cindy : あら、そう。予約を入れるわ。

shutterstock_290758040Arrêt de travail : (医師の診断書による)休職届

arrêt de travail は医師の診断書による「休職届」です。

いわゆる「ドクターストップ」に相当します。

これにより、正しい理由で仕事を休む事ができます。

Arthur : J’ai un arrêt de travail de 4 jours. Mais je n’aime pas ne pas aller au travail si longtemps.

Noémie : Oui, je comprends. Mais repose-toi bien. C’est le plus important.

Arthur : Oui, c’est vrai. Merci!

Arthur : 4日間の休職届を出したんだ。でも、そんなに長い間仕事に行かないのは好きじゃないよ。

Noémie : ええ、わかるわ。でも、ゆっくり休んで。それが一番大事よ。

Arthur : ああ、そうだね。ありがとう!

shutterstock_310940801Se forcer : 無理をする

se forcer は「無理をする」という意味です。

また、se forcer à ~は「無理して〜する」という意味があります。

同じグループの名詞形 force には「力」、「体力」などの意味がある事を覚えておきましょう。

Louis : Dis, Céline, tu veux aller au restaurant ce soir?

Céline : Non, je ne pense pas que j’aurai le temps. Je dois encore travailler.

Louis : Ah, il ne faut pas trop se forcer. Hier aussi, tu as travaillé jusqu’à tard le soir.

Céline : Oui, c’est vrai. Merci!

Louis : ねえセリーヌ、今晩レストランに行かない?

Céline : うーん、時間がないと思うの。まだ仕事しなくちゃ。

Louis : 無理しちゃだめだよ。昨日も夜遅くまで仕事してたんだから。

Céline : ええ、そうね。ありがとう!

フランスでは、médecin généraliste と呼ばれる総合的な医者がいます。

各自が自分の médecin généraliste を選択し、自分の体に問題があった場合まず médecin généraliste に行きます。

それから、症状に合わせて médecin généraliste が各分野の医者を紹介してくれます。

多少手間がかかりますが、médecin généraliste と懇意になることで、自分の体をよく理解してくれます。

皆さんのフランス滞在を支える心強い味方となるでしょう。

関連記事