パリの魅力が満載!外せない観光スポット紹介

  1. フランス旅行・観光

グルメにファッションに、オシャレの先端をゆくフランス・パリ。日本でも、パリ好きな方は多いのではないでしょうか。

そんな世界中に愛されるパリの魅力、グルメ、観光スポットなどを紹介しています。

パリの魅力が満載!外せない観光スポット紹介

パリの観光名所

パリにはたくさんの観光名所があります。ですから、パリに旅行される方は最低でも1週間は余裕をもって行ったほうがゆっくり見れるかもしれませんね。

ではさっそく、パリのおすすめ観光名所を紹介しましょう。

ノートルダム大聖堂

まずは、ご存知の方も多い「ノートルダム大聖堂」。ゴシック建築の最高傑作と言われているノートルダム大聖堂は、隅から隅まで見所満載。

あのディズニーアニメ「ノートルダムの鐘」の舞台にもなった場所で、どの角度から見ても美しい、大聖堂です。

もちろん、美しいのは外観だけではありません。館内に入ると、3か所に配置されたステンドグラスがあります。14世紀に制作されたもので、館内に入って一番に目に入るほど圧巻です。

また、聖歌隊席周辺にあるレリーフも必見。聖堂内には日本語のオーディオガイドもありますから、日本人でも大聖堂について知ることができます。

サント・シャベル

セーヌ川の近くにある「サント・シャベル」も、パリの観光名所の1つです。

正確にはセーヌ川に浮かぶシテ島の東側に面しており、一面がステンドグラスになった教会になります。

このステンドグラスは館内に入った瞬間圧倒されるはず。聖書の話がそのまま絵になってステンドガラスとなっていますから、世界観もしっかり伝わってくるでしょう。

あまりに美しいステンドグラスなので、地元の人からも愛されており、午後になるとこのステンドグラスを見に多くの人が集まります。

もちろん観光名所ですから、観光客でいっぱいに。ゆっくり見たい方は、人が少ない時間を狙って行くのが一番かもしれませんね。

ちなみに、ここでも日本語ガイドがありますので、日本人でもしっかりサント・シャベルについて知ることができます。目で見て楽しむだけでも良いですが、内容を知れたらもっと楽しくなるはずです。

フランス、パリの凱旋門。

凱旋門

パリの観光名所と言えば、知る人ぞ知る「凱旋門」ではないでしょうか。

フランスに詳しくなくても、凱旋門は見たことがある!知ってる!という方は少なくないはずです。シャンゼリゼ通りの最西端にあり、多くの戦士が眠ることで有名です。

どの角度から見ても美しい凱旋門は、屋上に登ることもできるんですよ。外から見るだけかと思いきや、有料で屋上に行くことができます。滅多にない機会ですし、観光の際はぜひ凱旋門の上に登ってみてほしいですね。

ちなみに凱旋門の屋上のテラスが、意外にも広々。きちんと柵がしてあるので安全ですが、屋上に辿り着くまでに300数回の階段を登らなければいけないので、多少の根性は必要です。

凱旋門の屋上に行ってみたい!という方は、良かったら利用してみて下さい。天気の良い日は最高の景色を眺めることができるでしょう。

エッフェル塔

パリと言えば凱旋門が有名ですが、忘れてはいけないのが「エッフェル塔」。エッフェル塔もパリの有名な観光名所ですから、パリに来たらやはり必見です。

エッフェル塔も、凱旋門と同じく上に登ることができます。下から見るエッフェル塔も美しいですが、上から見る景色はまた絶好のロケーション。パリ全体を一望でき、四季折々の自然も感じることができます。

絶景を見るには、やはり天気の良い日が一番ですが、夜の景色もおすすめ。昼と夜とでは全然違う雰囲気を楽しめるので、1日に2回エッフェル塔に登るのも良いですね。夜になるとパリの街の明かりがきらきら輝き、より美しい景色を眺望することができます。

ちなみに、エッフェル塔の完璧な姿を見るには、セーヌ川を挟んだ向かいの場所。16区のシャイヨー宮がおすすめです。上から下まで、エッフェル塔の完璧な姿を望むことができるでしょう。

オペラ座

まだまだたくさんの観光名所があるパリですが、最後に紹介する場所は「オペラ座」。こちらも有名な場所なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

オペラ座は、あの「オペラ座の怪人」の舞台にもなった場所で、オペラの公演を上演している場所とバレエの舞台を上演している場所の2ヶ所あります。

どちらも有名ですが、オペラの公演、バレエの舞台、見たい公演のほうを訪れるのが良いかもしれませんね。

もちろん、上演していなくても館内には入れますから、見学だけで足を運ぶのもOKです。天井画やシャンデリアなど、ここでしか見れない芸術的作品を見ることができます。

場所は、最寄駅のOpéra。メトロの3・7・8番線、、もしくはRER-Aで行くことができます。

他にも「パンテオン」や「バトームーシュ」など、パリには観光におすすめのスポットがたくさんあります。

フランスのヴェルサイユ宮殿。

ベルサイユ宮殿について

パリと言えば、皆さんも知っている「ベルサイユ宮殿」も有名ですね。あの「ベルサイユの薔薇」の舞台にもなった場所なので、日本でも大変知られています。

ベルサイユ宮殿にはさまざまな歴史がありますが、もちろん内部を見学することもできます。
見どころは鏡の回路。そして、王と王妃が愛した別荘です。

ベルサイユ宮殿には4つの空間で構成されていますが、別荘がその1つの空間になります。広々とした庭園があり、その奥にルイ14世の別荘と、ルイ16世の王妃の為にと建てられたマリー・アントワネッの離宮があります。

外装だけではゴージャスな雰囲気はあまり伝わってきませんが、ベルサイユ宮殿は、とにかく内装がとっても豪華。外と中の違いに、一瞬驚くかもしれません。

その反面庭には花や草木などの緑もあり、動物たちが放し飼いされており、ホッと一息つける場所でもあります。

セーヌ川クルーズについて

パリにあるセーヌ川は、観光スポットとして観光客にとても人気がありますが、ここで楽しめるクルーズも必見!パリの綺麗な町並みを、ゆっくり進む船で楽しむことができます。

ルーブル美術館やエッフェル塔、ベルサイユ宮殿も、セーヌ川のクルーズで見ることができるんですよ。パリに来たら欠かせない、観光スポットの1つです。

このクルーズはいくつかのプランがあり、景色だけを見るシンプルなプランから、食事つきのプランなどもあります。

食事は、フランス料理のコース。川から美しいパリの景色を眺めながら、食事を楽しむのも、またフランス旅行ならではですね。

また、セーヌ川は時間帯によって景色も違ってくるので、クルーズする時間も大事です。天気の良い日、陽が陰る時間帯など。

ロマンチックなのは、夕暮れ時のクルーズですね。綺麗な夕日がパリ一面を覆い、別世界に来た気分にさせてくれます。

パリのイルミネーション

パリは美しい景色と歴史溢れる観光名所で日本人の憧れの場所でもありますが、パリのイルミネーションもまた、チェックしてほしいところ。

特に12月に入ると、街中はイルミネーションで輝くので、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

パリで見られるイルミネーションは、穏やかなものもあれば、煌びやかなものもあり、場所によって見せ方が違います。

ぜひ見てほしい場所は、シャンゼリゼのイルミネーション。節約を考えたブルーの電球を使用し、シャンゼリゼの通りを明るく彩ります。

他にも「サロン・ド・テ・フーケ」の入り口にある6つのツリーも見どころ満載です。クリスマスの時期になったら、このホテルに宿泊して、キラキラ輝くクリスマスツリーを堪能したいですね。

「フォーシーズンズ・ホテル」や「ホテル・プザラ・アテネ」なども、綺麗なイルミネーションが見られるおすすめの場所です。

フランスのレストランでおいしいクレープを楽しむ女性。

パリのグルメを堪能しよう

続いては、フランス・パリのグルメを紹介したいと思います。

日本でも馴染みのあるフランス料理。しかし、日本とは違い庶民的な料理があるのが、フランスです。そんなフランスのグルメを紹介していきましょう。

パリのおすすめのグルメ・クレープ

フレンチの代表はクレープといわれているほど、フランスのクレープは人気があります。質の良い小麦粉を使っていますから、他では味わえないクレープを食べることができます。

フランスでは、塩味と甘い2種のクレープがあり、皆さんも知っているガレットは、塩味のクレープになります。

パリのおすすめクレープリー

【クレープ・デリス】

たくさんの具が入っているクレープは、フランスのサラリーマンや地元の人にとても人気があります。

なかでもガレットは日本人でも親しまれているので、口に合うものが多いと思います。ここでは、日本語のメニューが書かれており、観光客からも人気です。

【ベル・イル】

クレープが美味しいことで評判のお店「ベル・イル」。地元の人に愛されておりとても小さなお店なので、それほど目立ちませんが、味は絶品。なかでもガレットが人気ですね。

値段は9ユーロで、ガレットかサラダ、デザートクレープ、飲み物から選ぶようになっています。昼はセットメニューがおすすめですね。

また、甘い系のクレープも人気があり、たっぷりのチョコとアイスでシンプルにいただきます。ソフトな食感で、一度食べたら癖になるかも。定番のりんごのお酒(シードル)と一緒にいただきましょう。

パリのおすすめグルメ・カフェ

パリにもカフェはありますが、日本のようにお茶をするイメージはなく、レストランと同じような扱いになっています。

その為、コーヒーやパフェを食べる為に利用するというより、ランチやディナーとして利用する人のほうが多いようです。

また、時間帯も気にせず利用できるよう、ノンストップで営業しているのも、パリのカフェならでは。
レストランとは違い、気軽に食事ができる場所として人気がありますね。

とはいえ、やはりオシャレな街ですから、優雅なひと時を過ごせるカフェももちろんありますよ。

パリのおすすめカフェ

そんなパリのカフェでおすすめの店を紹介しましょう。

【レ・ドゥー・マゴ】

なかでも有名なカフェは「レ・ドゥー・マゴ」。パリを代表する老舗のカフェで、毎日多くの人で賑わっています。店内には、ぜか2つの中国人形があります。

朝早くから営業しており、仕事前の朝食を食べに訪れる方もいます。テラスもありますから、天気の良い日は外で食事するのも気持ちが良いですね。

人気のメニューは、サラダやクラブハウスサンド。コーヒーや紅茶も美味しく、人気のお菓子タルトタタン(アイスクリーム添え)などもあります。

【カフェ・ド・ランデュストリ】

落ち着くインテリアと手軽に食べられる料理が人気のここのカフェでは、夜遊びエリアということで、食事後飲みに繰り出す人も多いようです。

人気メニューは、シーザーサラダやカルパッチョ。日本でも馴染みのある料理ですから、日本人の口にも合うでしょう。

【ル・ルレ・ガスコン】
たっぷりの料理がひと皿にどーんと盛られてでてくるサラダは、食べきれないほどの量になっています。サラダなのに、まるでメイン料理のようなインパクトがあります。パリジャンや観光客でいつも賑わっているそうです。

他にも、「カフェ・ドゥ・フロール」や「ル・セレクト」などもおすすめのカフェです。

パリのおすすめグルメ・ビストロ

最後は、パリのビストロの紹介です。ビストロは、パリの定番料理を食べられるお店で、日本でいうところの定食屋のような場所です。その為、地元の人が多く集まっている店でもありますね。

その地方ならではの料理もありますし、普段フランス人が食べている料理を食べたいという方は、ビストロをおすすめします。

おすすめのビストロ

【ル・タン・オ・タン】

落ち着いた雰囲気のこのお店は、凝った内容の料理が多いのが特徴です。全体的に味付けが濃いですが、これはワインと一緒に食べる為。席数はそれほど多くありませんが、ゆっくり食事をするには最適なお店です。

【レボショワール】
ビストロではもっとも有名なお店です。なかでも、3皿+飲み物付きで13.5ユーロのランチメニューが人気で、日本人の口にも合う料理がほとんどです。

リーズナブルにフランス料理を食べられるので、観光客の方はぜひ足を運んでみて下さい。

帽子をかぶった女性がフランスのパリの通りを歩いています。

おすすめのパリのパン屋

続いては、パリのおすすめのパン屋を紹介しましょう。パリ、というかフランスのパンはとにかく美味しいことで有名ですが、それはきっと質の良い小麦粉を使っていることも関係しているのでしょう。

日本人にとっても、フランスのパンは有名。特にフランスパンは、洋食屋でも定番のパンです。そんなパリのおすすめのパン屋を、いくつか紹介したいと思います。

【ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ】

100%ビオの原料を使った自然派のパン専門店です。身体に優しいということで、地元の人にも愛されています。3つ星レストランパンを提供していたこともあり、パリでは名店ですね。

【ルゲイ・ショック】

ちょっと変わったネーミングのこのパン屋。クイニアマンやレーズンロールが美味しいと評判です。サクサクモチモチな食感のパンが食べられるのも、このお店ならではです。

フランスのワインを楽しもう

フランスといえばワインの名産地ですから、ぜひ味わいたいですね。ワインが好きで、フランスが好きな人もいるくらいですから、それくらい、フランスのワインは世界中でとても人気があります。

そんなフランスのワインについて、簡単に紹介しましょう。これでフランスのワインをより楽しめるかも…?

代表的なワイン

基本的にワインは赤、白、ロゼの3つに分かれます。土地によって色や味に違いがあり、また、色によって適温というものが存在します。赤ワインに氷を入れて飲んでいる人は、常温で飲みましょう。

パリのおすすめワイン店

フランスにはワインの専門店やワイナリーと、ワインに関するお店がたくさんあります。そこでここでは、おすすめのワインショップを紹介したいと思います。フランスに行った際は、ぜひ足を運んでみて下さいね。

【ラヴィーニャ】
可愛らしい名前のこのお店は、なんと売り場面積1500平方メートルというパリ最大のワイン専門店です。

数多くのワインが陳列しており、試飲も機械で行うという画期的なシステムになっています。また日本人のソムリエもいるので、安心して質問できますよ。

【ラ・デルニエール・グット】

珍しいワインを置いている店といえばここ。外観もインパクトがあり、目立ちます。テイスティング教室や試飲デー(無料)もあり、観光にも最適です。

【ニコラ】

先ほどの店とは反対に、赤い看板が目印のお店です。気軽に入店できる雰囲気で、観光客にも人気があります。おつまみも安くて好評。

ガラスのショーケースにフランス産のチョコレートが並んでいます。

パリの美味しいスイーツを味わおう

パリには、美味しいスイーツもたくさんあります。ここでは、そんなパリの美味しいスイーツを味わえるお店やデザートなどを紹介したいと思います。

ショコラティエ

まずは「ショコラティエ」から。

【ジャン・ポール・エヴァン】

日本でも人気のあるショコラティエブランドです。カカオにこだわっており、色や香り、細かいところにまで妥協せずに作られています。チョコ以外にも、ケーキやマカロンも有名です。

【ピエール・マルコリーニ】

ショコラの本場であるベルギーからの有名なお店です。まるで宝石のような輝くチョコレートは、繊細でオシャレと人気があります。

【パリトック・ロジェ】

素材にこだわって作られたショコラティエ専門店です。もちろん、味だけでなく、チョコの形にもこだわっているので、見ているだけでも楽しい気分にさせてくれます。量り売りもできるので、ちょっと試してみたいという方にもおすすめ。

アイスクリーム

パリでは、アイスクリームがブームということで、いろんなアイス屋がオープンしています。ここでは、美味しい&人気のアイスクリーム屋を紹介しましょう。

【ベルティヨン】

老舗のアイスクリーム屋で、パリなら誰もが知っている?と言われているほど有名なアイス屋です。
1つのフレーバーにも何種類かあり、例えばキャラメル味だけでも3つの種類があるんですよ。おすすめは、マロングラッセ。

【アモリーノ】

なんとパリだけで16店舗もあるといわれている「アモリーノ」。イタリアンジェラートを食べられるアイス屋で、カップにたっぷり盛ってくれるので、アイス好きには堪りません。また、アイス以外にもクッキーやチョコも充実しています。

【マイベリー】

ハリでフローズンヨーグルトを流行らせた店でもあり、絶品と有名。ナチュラルなフレーバーがなかでも人気があり、ヘルシー志向なので甘いものを控えている方でも安心して食べることができます。

フランス産のカラフルなマカロンをお皿に積み上げました。

パティスリー

甘党には欠かせないケーキ。パリのパティスリーは、マカロンやクリーム、果物などをたっぷり使っているのが特徴です。

一見しつこい味のように思われますが、食べていくうちに癖になるケーキばかりです。そんなパリの美味しいパティスリーを紹介しましょう。

【ラデュレ】

やはり一番チェックしたいお店は、老舗のお店。ラデュレはフランスでは代表的なパティスリーで、映画でコラボしたほど、有名なお店でもあります。マカロンも、ここのお店が一番美味しいんだとか。

【ピエール・エルメ】

上下違う色のマカロンを作っているのも、ここのお店のパティシエ。パティスリー界のピカソと言われているほど、毎回個性的で他にないスイーツを作っています。定番よりも、いつも新しいものが多いですから、新鮮な驚きに感動できます。

パリのB級グルメ

パリの有名なグルメも良いけれど、その地方でしか食べられないB級グルメも食べてみたい!そんな方の為に、ここではパリのB級グルメを紹介したいと思います、

【ラ・メゾン・デ・タルト】

その名の通りタルト専門のお店で、大学が集中している場所にあることから、若者から特に支持されているお店です。

セットメニューがお得で、スイーツのタルトだけでなく、おかず系のタルト(キッシュ)もいただけます。ボリューム満点なのにセットで5ユーロと安く、若者に人気の理由もよく分かります。

キッシュ以外では、果物を使ったタルトもあります。全体的にフルーティーな味わいのものが多いですね。

営業時間は、昼の12時から23時まで。月曜日が休日なので、それ以外の日を狙って行きましょう。また学生が多いので、時間を少しズラして行くと、混まずに済むかも。

まとめ

パリのおすすめ観光地やグルメをご紹介しました。パリにはいきたい場所もお店もたくさん!しっかり計画を立てて、お目当ての場所をしっかり楽しんでくださいね。

使えるフランス語をカフェで習得
何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
【先生を選んで、無料体験する!】

開く

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

フランスで自転車の隣に立つ男性と女性。

フランス語で道を尋ねる

以前、知らない町で道に迷ってタクシーに乗る、というシチュエーションを考えましたが、時間に余裕があれば、居合わせた人に道をたずねて教えてもらう、という選択肢がありますね…

フランスのエッフェル塔の前には、シャンパンのグラスが二つ置かれています。

パリの大晦日の過ごし方

大晦日に年越しそばを食べたり、神社にお参りに行かないフランス人はいったいどんな大晦日を過ごしているのでしょうか。今回は、パリに住むフランス人の大晦日の過ごし方を覗いて見…