フランスの春を告げる花

    1. フランス語会話・勉強

    日本で春を象徴する花といえば桜ですが、フランスではそれほど見かける花ではありません。

    ではフランス人はどんな花を見ると、春が来たことを実感するのでしょうか?

    公園で春発見

    今日の花子さんとマリーさんは、小春日和の中をお散歩中。公園の片隅で桜が咲いているのを見つけたようです。

    会話

    Hanako : Regarde, Il y a des cerisiers en fleurs là-bas.

    見て、あそこに桜の花が咲いているわ。

    Marie : Ah oui, elles sont très belles…

    あら本当だ。とてもきれいね…。

    Tiens, il y a des gens qui font un pique-nique. Ils ne sont pas japonais ?

    ほら、ピクニックしている人たちが居るわ。日本人じゃない?

    Hanako : Sûrement. C’est notre coutume de faire le pique-nique pour l’admirer.

    きっとそうね。桜を鑑賞するためにピクニックをするのは、私たちの風習だもの。

    Marie : J’ai déjà vu à la télé des cerisiers du Japon. C’était magnifique…J’aimerais bien un jour venir  au Japon pour les regarder.

    日本の桜をテレビで見たことがあるわ。素晴らしかった…。いつか日本へ見に行きたいわ。

    Hanako : Je te le conseille fortement !

    強くおすすめするわ!

    La fleur de cerisier est le symbole du printemps chez nous.

    私たちのところでは、桜の花は春のシンボルなのよ。

    Marie : En France, la fleur qui symbolise le printemps, c’est le mimosa.

    フランスで春を象徴する花といえば、それはミモザね。

    Hanako : Je l’aime bien. En plus, il sent très bon !

    その花、好きよ。それにとても良い香りだもの!

    Marie : Sinon, il y a aussi la jonquille et  le forsythia.

    それか、黄水仙やレンギョウがあるわ。

    Hanako : Donc pour vous, les fleurs de printemps sont jaunes.

    つまりフランスでは、春の花は黄色いのね。

    フランスのエッフェル塔はピンクの花に囲まれています。

    ポイント

    cerisier

    cerisier」は「桜の木」のこと。「桜の花」は「fleur de cerisier」、「花の咲いている桜」は「cerisier en fleur」もしくは「cerisier fleuri」といいます。

    パリにも桜の植えられている公園がありますが、芝生は進入禁止の事も多いので、お花見する際は注意書きが無いかチェックしてからにしてくださいね。

    ちなみにフランスの桜のほとんどはピンク色の濃い八重桜です。薄ピンクで儚げな染井吉野とはまた違った魅力が楽しめますよ。

    coutume

    coutume」は「慣習・風習」のこと。

    お花見を日本語では「文化 culture」という表現を使うことも多いですが、フランス語で表現するなら「coutume」を使います。

    他にもクリスマスツリーを飾ったり、イースターにチョコレートを贈ったりするのも「culture」ではなく「coutume」です。

    フランスの黄色い花

    le mimosa

    ミモザ

    フランスを代表する春を告げる花といえば「mimosa」。

    黄色いポンポン状の花がいくつも付いた形はとてもかわいらしく、そして軽やか。輝く太陽をイメージさせるような明るさです。

    mimosa」は南仏でよく見られる木で、その枝を切ったものを何本かまとめてブーケにしたものが売られています。

    春をイメージさせる花ですが、登場するのは2月~3月ごろ。まだまだ冬の寒さの厳しい中、鮮やかなビタミンカラーで、もうすぐやって来る春を一足先取りした気分を味わうことができますよ。

    フランスでは春にレンギョウが咲きます。

    le forsythia

    レンギョウ

    mimosa」の次にお目見えする花は「forsythia」でしょうか。公園の植え込みなどで目にする木です。一軒家の庭の囲いにも使われることもあります。

    まだ他の木々は花をつけていない中、沈んだグリーンや茶色の植え込みをぱっと明るく照らしてくれる存在です。

    地方に行くと目にする機会は多いのですが、切花として花屋では売られていないので、都会に住んでいるとあまり見ないかもしれませんね。

    la jonquille

    黄水仙

    寒さが緩み春らしい陽気を感じられるようになると一斉に咲くのが「jonquille」。芝一面がこの「jonquille」に埋め尽くされる光景はなかなかの見物です。

    こちらも花屋ではそれほど見かけることは無いのですが、マルシェに行くとこの「jonquille」だけを売っている売り子さんに声をかけられることもあります。

    丸いボール状にまとめてブーケになった「jonquille」はとても可愛らしく、ついつい購入したくなってしまうでしょう。

    使えるフランス語をカフェで習得
    何度でも聞ける1対1レッスンはコスパ最強
    【先生を選んで、無料体験する!】

    開く

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    フランスの赤信号と青信号のある信号機。

    フランスの信号

    信号機の色は赤・黄・青と思っていたら、フランスにきてビックリ!実はフランスの信号機の色は日本と違うのです。今回はそんなフランスの信号機と、横断歩道事情を覗いてみ…